相馬 知也

相馬 知也
シニアビジネスコンサルタント(データアナリスト)


監視・制御・保全の現場における豊富な経験をもとに、お客さまの立場に立ったデータ活用総合コンサルティングを提供。生産現場や通信設備から宇宙開発まで幅広い対応が強み。

プロフィール

所属部門

NEC コーポレート事業開発本部 Industrial O&M BizDev Team (兼 セキュリティ研究所)

現在担当している業務

  • 発電プラント、製造プラントの設備保全及び品質劣化検知など現場業務へのデータ分析技術適用を中心とした、コンサルティングとシステムアーキテクチャ設計

これまでの主な実績

  • 2010年10月よりインバリアント分析のプラント適応研究開発を開始。原発への適用プロジェクトにてデータ分析・PJリーダを担当・遂行。
  • 主に国内、海外の発電プラントおよび製造業のお客様を中心にインバリアント分析の適用を支援。
  • 非破壊検査領域へのインバリアント分析適用研究
  • 加速器をはじめとする大規模科学研究施設の異常検知を目的とした分析技術適用
  • 宇宙機、ロケットの異常検知技術研究
  • 医学分野へのAI適用研究
  • 2020年4月より東北大学特任准教授

社外での講演実績

  • 日本テクノセンター 異常検知セミナー
  • 技術情報協会 「工場の見える化」「AI/IoTセミナー」
  • 業界団体、学会、展示会等での講演など多数

新聞、雑誌、Web掲載実績

  • 日本工業出版 月刊『検査技術』 インバリアント分析による新しい設備監視
  • 日本非破壊検査協会 機関誌 非破壊検査への解説記事掲載
  • 技術情報協会 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
  • 情報機構 製造現場・工場におけるIoTの利用と可能性

所属学会協会と役割

  • 日本非破壊検査協会
  • 火力原子力発電技術協会
  • 日本保全学会
  • 日本加速器学会