サイト内の現在位置

About

1976年、アメリカのアクロバットスキーの選手だったブラッド・パークスがスキー事故によって下半身不随となり、車いすに乗ってテニスボールを打ったのが、この新しいスポーツの始まりでした。
世界で最も早く普及している車いすスポーツの一つで、テニスコートやラケット、ボールなどの用具はテニスと変わりません。ITFが定めているテニスと同じルールで行われますが、唯一の違いは、車いすテニスは2バウンドまで返球が認められていることです。この「2バウンドルール」は正式なルールとして記載されています。

車いすテニスは、国際大会があります。「ITF車いすテニスツアー(世界ツアー)」は、1992年に11の国内外のトーナメントで始まりましたが、規模や人気が広がり、今や世界各地で150以上の大会が開催されています。

ITFの認可したトーナメントやパラリンピックに出場するには、恒久的な運動機能障害があると診断されなくてはなりません。恒久的な運動機能障害とは、下肢のいずれか、又は両方にあり、部分的な機能障害、あるいは全疾の機能障害でなくてはなりません。

車いすテニスは、1992年の(バルセロナ)パラリンピック大会から正式競技となりました。2007年以降は、テニスの4大大会(全豪オープン(オーストラリア)、全仏オープン(フランス)、ウィンブルドン(イギリス)、全米オープン(アメリカ))でも車いすテニスが行われています。

History

NECは、2021年にITFとの車いすテニスにおけるパートナーシップ30周年を迎えます。

NECは、すべての人が豊かに生きる社会の実現に向け、障がい者スポーツの普及や、障がい者の社会参加、社会の理解促進などを目的に、国際テニス連盟(ITF)が主催する世界選手権「NECマスターズ」と世界ツアーを開催当初より25年以上にわたって支援しています。

ユニクロインタビューでは、長年のパートナーシップに関する情熱と取り組みについて紹介しています。

協賛の歴史

  1. 2021

    ITFとの車いすテニスにおけるパートナーシップ30周年を迎える。
    「NEC車いすシングルスマスターズ」および世界ツアーのスポンサー契約を、2021年から2023年までの3年間を継続契約。

  2. 2018

    冠スポンサーとして25周年記念大会となる「NEC車いすテニスマスターズ」をアメリカのフロリダ州オーランド レイク・ノーナにある全米テニス協会のナショナルキャンパスにて開催。

  3. 2017

    「NEC車いすテニスマスターズ」および世界ツアーのスポンサー契約を、2018年から2020年までの3年間を継続契約。

  4. 2013

    ITFから贈られたマスターズ協賛20周年記念のケーキ

    冠スポンサーとして20周年記念大会となる「NEC車いすテニスマスターズ」をアメリカのミッションビエホ(カルフォルニア州)にて開催。

  5. 2011

    ITFとの車いすテニスにおけるパートナーシップ20周年を迎える。「NEC車いすテニスマスターズ」および世界ツアーのスポンサー契約を、2012年から2013年までの2年間を継続契約。

  6. 2004

    ジャパンオープンが、NEC車いすテニス世界ツアーにおいて4番目となるスーパーシリーズに格付けされる。

  7. 2001

    ITF(国際テニス連盟)とのパートナーシップ10周年を迎える。

  8. 1994

    第1回NEC車いすテニスマスターズを、オランダのアイントホーフェンにて開催。世界ランキングでトップ8の男子、女子選手が出場。

  9. 1992

    国際車いすテニス連盟(IWTF、1998年にITFへ統合)とパートナーシップ契約を締結し、車いすテニスツアーの協賛を開始。