NECは、ラグビーワールドカップ2019™のオフィシャルスポンサーとして大会の安全・安心に取り組みます。
ラグビーワールドカップ
2019™日本大会まであと
NECは、ラグビーワールドカップ2019™のオフィシャルスポンサーとして大会の安全・安心に取り組みます。

集まろうぜ。TOPへ

  • ラグビーワールドカップ2019™のメディア関係者入り口(東京スタジアム・横浜国際競技場)での本人確認に、NECの顔認証システムが採用!
  • NECのボランティア支援サービスが1万人の大会ボランティア募集に採用!

NECは、ワールドラグビーが主催する「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」の
オフィシャルスポンサー契約を締結しました。

NECは人が豊かに生きる安全・安心・効率・公平な社会を実現するため、
ICTを活用して社会インフラを高度化する社会ソリューション事業に注力しています。

今回、本大会のオフィシャルスポンサー(パブリックセーフティ)として、
安全・安心・かつ効率的な大会運営や最適なおもてなしの提供に取り組んでまいります。

スポンサーカテゴリー
パブリックセーフティ
~ PUBLIC SAFETY~

NECは、1985年にラグビー部「NECグリーンロケッツ」を創部し、
2003年のトップリーグ発足時から本リーグに所属するなど、
日本ラグビー界の発展・拡大に貢献してきました。
今後も本活動を強化するとともに、様々なスポーツの振興に努めていきます。

NECのパブリックセーフティソリューション

生体認証

世界No.1の精度・速度を誇るNECの顔認証技術。イベント会場の本人確認、オフィスの入退場、さらには出入国管理といった国家レベルのセキュリティ管理まで、幅広く活用されています。

映像/画像解析

カメラ映像からリアルタイムで人・物の動きや、混雑状況を把握し解析。異常やその予兆をいち早く検知し、リスク回避や迅速な対応を可能にします。

ボランティア管理

ボランティアの登録・募集から、個人専用のマイページ提供、参加者と活動内容の適切なマッチング、会場では顔認証による受付処理と当日指示書の発行、さらに事後のアンケートまでサポートします。
  • コーポレートゲームズ東京2017アジアパシフィック

    ボランティア運営の効率化や参加者による手続きの煩雑さ解消などで貢献

  • 秩父宮みなとラグビーまつり2017

    顔認証技術の活用で、安全・安心かつスムーズな運営を実現