サイト内の現在位置

~NEC Safer Cities~ インド スーラト市事例 [02:48]

音声テキスト

スーラト市はインド西海岸に位置しており、人口は550万人
ダイヤモンド加工と繊維産業で知られています。

スーラト市の安全都市計画はグジャラート州政府によって2011年に計画されました。

この計画の主な目的は、犯罪を未然に検知したり、犯罪を軽減させるなどの取組みにより、市民の安全を守ることでした。

スーラト市警察にとっての最も大きな課題は、人口が増え続ける中で、犯罪が発生したとき速やかに犯人を逮捕できるよう、個人を特定することでした。

この課題を解決するためには新しい技術の導入が必要なことは明らかでした。
登録されている犯罪データと照合するために、私たちは監視カメラと、個人の顔を認証するソフトウェアを求めていました。

問題を解決するため、私達はこの分野で最適なパートナーを探しました。そして選んだのがNECです。
NECの顔認証ソフトウェアを導入したことにより、スーラト市の犯罪対策が円滑に行えるようになりました。

NECの顔認識技術は、スーラト市の安全を支える重要な技術です。

街中に設置された監視カメラだけでなく、監視センターにおいて重要な分析を行うシステムも導入しました。

これらのカメラは監視センターとつながっていて、送られた映像を既存の犯罪データベースと照合します。
一致した場合は直ちに警報を発します。

NECの顔認証技術は、スピード、精度ともに世界一で、顔の角度の違いや経年変化にも対応しています。
安全安心は、スマートシティ計画において最も欠かせない要素であり、NECは世界中でスマートシティ計画に携わり、これを実現しています。

システム導入後、ひったくりや強盗等の犯罪に大きな効果があり、犯罪率は27%低下しました。
次のステップとして、1000台から1500台のカメラを増やす予定です。

今後も監視カメラや車両ナンバー自動検知、顔認証などで包括的にNECに協力してもらいたいと思っています。

これらの技術により、市民は安全に暮らせるようになり、ひいては市の繁栄につながるでしょう。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

インドのグジャラート州スーラト市の警察は、治安維持のため、NECの生体認証技術の一つである顔認証システムを導入しました。市中のカメラ映像から顔の特徴を検出し、データベースの写真と照らし合わせて犯罪者らの特定に役立てます。
導入後犯罪率は27%低下し、今後も包括的にNECと協力していきます。スーラト市の安全安心な市民の暮らしと、これからの繁栄にNECは貢献します。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2018年11月2日)