サイト内の現在位置

宙から地球を知ること。それは、守ること [03:00]

音声テキスト

衛星からの観測情報で、生活をより豊かにできることを
知っていますか?

例えば、皆さんがいつも食べている魚。
実は、漁業には宙からの観測データが活用されています。
衛星データで海面の水温や、プランクトンの量によって変わる
海の色を知ることができます。
それは、どこに魚がいるのかを教えてくれているのです。
魚の居場所が正確にわかれば、持続可能な漁業が可能になり、
資源の保全につながっていきます。

同じように農業もICTによる生産支援の時代を迎えています。
効率的に美味しい農産物を作るために、
作物が育つ様子の衛星データをAIで分析することで、
気象や農作物の発育状況に対応した
水と肥料の最適な量を把握することができます。
そうすることで、無駄がなく収益性の高い農業が実現します。

続いて、衛星データは
私たちが住んでいる街や都市の保全を支えています。
例えば、 衛星データは、広範囲の地表の変化や起伏をmm
単位で捉えることができるのでわずかな地盤変化を捉え、
道路や橋、線路や滑走路といった都市インフラの効率的な
維持・管理に活かされています。

私たちの生活に大きな影響を及ぼす自然災害。
ここでも衛星データは
台風や洪水被害の状況を的確に把握したり
火山噴火活動を捉える観測システムを実現するなど
防災対策に役立っています。

常に世界は目まぐるしく変化し続け、
数多くの社会課題に直面しています。
衛星の開発から運用、AIによるデータ分析など
私たちNECが持つ技術を活用することで、
少しでもより良い未来へ共に進めるのではないかと、そう考えています

宙から地球を知ること。
それは、守ること。

共に考え、共に創りませんか
より明るい未来を

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

宙(そら)から地球を知ること。それは、守ることー。
人工衛星を活用した新たな取り組みが始まっています。安全・安心な街づくりや毎日の美味しい食事など、衛星データを活用することで私たちの生活はより豊かになります。衛星の開発から運用まで手掛けるNECは、その技術とノウハウを生かし、人と地球にとってより明るく、豊かな社会の実現を目指しています。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2021年3月24日)