サイト内の現在位置

前例のないインキュベーションプロジェクト「NEC I:Delight」ストーリー (1)~(4) [09:34]

(1) プロジェクト概要 [01:32]

音声テキスト

生体認証に紐づいた一つのIDで様々な体験を提供できる
それが「NEC I:Delight」のコンセプト

次期中計の核になる事業を育てようという流れがあった
インキュベーションプロジェクトが全社で動いていた
そのテーマのひとつがNEC I:Delightだった

まずお客様に提供する価値を少人数で構想し企画していった
約1年で事業モデルが見え全社の投資判断を得ることができた
そしてプロジェクトが正式にスタートした

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

NECでは前例のないインキュベーションプロジェクトが始まった!
世界トップレベルの生体認証技術で、人々に”Delight”な体験を提供する「NEC I:Delight」サービスリリースまでのストーリー。
全4回シリーズの第1回:「プロジェクト概要」編。
続き/詳細は“関連リンク「「NEC I:Delight」プロジェクトストーリー ~ 生体認証とIDが生む新しい体験で、社会のあり方をアップデートせよ 」”よりご覧ください。

(2) 向き合った課題 [02:13]

音声テキスト

コロナ禍における課題を非接触で解決していける
例えば何も触れずに会計や入場ができる
そんな世界を実現したいという思いがあった
そもそも出だしが新規事業開発のプロジェクトだった
まだ組織ができない段階からプロジェクトがスタートした
2つの組織が連携して企画と開発を進めようとした
その2つの組織の意識や目的を合わせることが非常に困難だった
コンセプトや世界観は固まっていたしかし、どんな価値を提供するかまだ決まっていなかった
サービスの製品定義やメニュー価格や運用方法に至るまで
複数部門での調整が非常に大変だった

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

NECでは前例のないインキュベーションプロジェクトが始まった!
世界トップレベルの生体認証技術で、人々に”Delight”な体験を提供する「NEC I:Delight」サービスリリースまでのストーリー。
全4回シリーズの第2回:「 向き合った課題」編。
続き/詳細は“関連リンク「「NEC I:Delight」プロジェクトストーリー ~ 生体認証とIDが生む新しい体験で、社会のあり方をアップデートせよ 」”よりご覧ください。

(3) 生み出した解決策 [02:58]

音声テキスト

PoCと呼ばれる実証事業を色々なところで行った
ひとつが本社ビルで行ったビルCXの事例
小規模な実証実験と、開発を並行して繰り返すことで
課題や改善点を発見しそれを製品に反映していった

まず世の中にビルCXの価値を伝えていく
そのためにNECの本社内にビルCXを構築した
顔認証による入退管理や決済を実現
入退時は社員証もいらずゲートで顔をかざすだけ
支払も社員証や現金は必要なく顔をかざして決済できる
顔認証の有効性を自分たちが感じることが大切

多くの「利便性が高い」という声をいただいている
当初はセキュリティ面を危惧する声もあった
セキュリティの高さも入れてみたら、実感いただけた

ビジネスプラン策定要件定義・開発からPoC
それらを並行して行うことで開発期間を短縮することができた

最大週3回のペースで要素別の会議を密に実施
バーチャルではあるが何かのテーマで会話が起こっている
濃密なコミュニケーションが半年ぐらい続いた
テーマを絞ることで目的を持って臨めた
無闇な会議ではなく効率的な進め方だった
密なコミュニケーションがプロジェクトを繋げていた

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

NECでは前例のないインキュベーションプロジェクトが始まった!
世界トップレベルの生体認証技術で、人々に”Delight”な体験を提供する「NEC I:Delight」サービスリリースまでのストーリー。
全4回シリーズの第3回:「生み出した解決策」編。
続き/詳細は、関連リンク「『NEC I:Delight』プロジェクトストーリー ~ 生体認証とIDが生む新しい体験で、社会のあり方をアップデートせよ 」よりご覧ください。

(4) 今後の挑戦 [02:51]

音声テキスト

紆余曲折を経て1年このメンバーで進めてきた
そしてプラットフォームをリリース まさにいま販売拡大をしている

ようやくスタート地点に立てた それが本心
サービスとしてはベーシックなものしか付いていない
それでもお客さまから引き合いがあるのがうれしい

しかしお客さまからはもっと新しい世界を求められる
新しい価値を創造して目指す世界観を実現したい

ご提案できるようなものが形になったことが大きな成果
しかしまだまだ改善の余地がある

お客さまによろこばれる価値提供を目指していく
NEC I:Delightを身近なところにも広げていく

NECは虹彩や指紋認証など様々な技術を持っている
そういった技術を繋げて「I:Delight」な世界を実現したい

ビルから商業施設や観光施設とさらに世界は広がっていく
そしてサービスを利用していただくことによって
1つのIDに色々なデータが紐付いてくる
データを活用することでよりよい体験の提供を目指す

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

NECでは前例のないインキュベーションプロジェクトが始まった!
世界トップレベルの生体認証技術で、人々に”Delight”な体験を提供する「NEC I:Delight」サービスリリースまでのストーリー。
全4回シリーズの第4回:「今後の挑戦」編。
続き/詳細は、関連リンク「『NEC I:Delight』プロジェクトストーリー ~ 生体認証とIDが生む新しい体験で、社会のあり方をアップデートせよ 」よりご覧ください。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2022年4月12日)