サイト内の現在位置

データ×AIで金融業界におけるDXを支援!NEC金融データ活用基盤 [02:59]

音声テキスト

データ活用とAIは、金融テクノロジーを支える重要なビジネス基盤です。
データ活用のノウハウと高度なAI技術をすぐに活用できる
オールインワンのデータサイエンス基盤が金融ビジネスを変えていきます。

NEC金融データ活用基盤

導入企画をコンサルティングする「AIディスカバリープログラム」は、
活用データ、分析方法、目標を明確にします。
幅広い分野に適用できる「AIディスカバリープログラム」は、
精度の高いマーケティング戦略も支援します。
「Data Discovery(データディスカバリー)は、目的に必要なデータを社内、社外からも収集し、
社内だけではデータが不十分な場合でも、「データエンリッチメント」を使えば、
AIが「社内」「社外」双方のデータの意味を推定し選定・統合します。
テキストなどの非構造データも活用でき、新たなインサイトの発見をもたらします。
データカタログアップデート機能は、データを自動更新し、トレンドを予測します。
人生100年時代への変化や、COVID-19のようなアクシデントなど、
ニューノーマルな時代への変化をリアルタイムに捉え、経営戦略スピードを向上させます。
「DataOps(データオプス)」サービスは、データ収集や整備を簡単にし、「用語」や「関係」から、目的にあったデータを探索できます。
また、統合UIで加工から可視化までを容易にし、試行錯誤を素早く行えます。
幅広く可能性を探る分析環境でも複数の仮説が検証できるサンドボックス機能は、
効果の高いアルゴリズムの選定を容易にし、施策効果を高めてくれます。
NEC金融データ活用基盤を、世界No.1、Only1を誇る
およそ30のAI技術、「NEC the WISE」が支えています。
データディスカバリーで選定されたデータと、AI技術で、
複雑な課題に対しても最大限の効果を引き出せます。
データ整備や高品質化、AI活用のコンサルティングから業務適用まで、
トータルに適用可能なNEC金融データ活用基盤。
その導入が、新たなビジネスモデルの設計と、組織のデジタル化への改革をスタートさせます。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

データ活用とAI。それは、金融テクノロジーを支える重要なビジネス基盤です。
その進化は、サービス全般を高めていく鍵であり、各金融機関の競争優位性と企業価値を左右する影響力を持つでしょう。
全社的な経営判断から、現場での効率的な営業モデルまで、リアルタイムでデータを共有できる環境とAIの活用が組み合わされば、組織はデータドリブンな一つのチームへと進化します。
これまで、その導入には時間やコスト、人材不足、データ不足など多くの課題がありました。しかし、高度なデータ活用と、世界でもNo.1、Only1を誇るAI技術群「NEC the WISE」を導入することで、オールインワンのデータサイエンス基盤が、多くの課題を解消し金融ビジネスを変えていきます。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2021年4月1日)