サイト内の現在位置

脱炭素な未来へ、NECと。 [02:59]

音声テキスト

少女:
ねえ、なにを考えてるの?

女性社員:
ん?地球のこと。
私の仕事が地球の未来に関係しているの…

ナレーション:
社会を進化させながら、未来を守る。

それを理想で終わらせたくない。

私たちNECは、これまでも環境問題にアクションを起こしてきたのだから。

高度成長期、公害を防ぐ新技術を開発。

環境経営の国際規格取得。

バイオプラスチックを使った製品。
インターネットで誰もが参加できる植林活動の仕組みは
高い評価を受けました。

そして今、またアクションが求められている、脱炭素社会への転換。

NECのデジタルテクノロジーが鍵になります。

脱炭素化を進める社会を支え、
最適なソリューションを提供します。

ICTによる物流の最適化。
テクノロジーを活用して、CO2排出を削減します。

工場やオフィスは環境負荷をリアルタイムで管理。

これを世界各国の企業や人々と協力して促進します。

女性社員:
アクションがひとつひとつ積み重なって
脱炭素社会に変わっていく。…話、むずかしいよね?

少女:
(首を横にふる)つづけて。

ナレーション:さらに、NECは再生可能エネルギーを、
社会の主力電源にするソリューションを開発しました。

太陽光発電、風力発電、企業や家庭が備える蓄電池・発電設備などを、
IoTで制御し、安定供給するバーチャルパワープラント。

ICTでつなげる,リソースアグリゲーションクラウドサービス。

企業、人、新しい設備とこれまでの設備、
みんなが再生可能エネルギーでつながる社会を実現します。

女性社員:
そして、未来へコミットします。

ナレーション:
2030年、温室効果ガス55%減、SBT1.5℃。

2050年、事業で使用する電力を再生可能エネルギー100%へ。

女性社員:
環境との調和は簡単じゃない。
でも、続ければ、きっと。
…ところで、あなたはどこから来たの?

少女:
わたしは、あなたの子ども。大丈夫、未来はすてきだよ。

ナレーション:脱炭素な未来へ、NECと。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

地球規模の重要課題である、温暖化を1.5℃以内に食い止めるには、温室効果ガスとなるCO2削減に取り組まなければなりません。
NECは今までもずっと、時代に合わせた様々な環境問題に対する取り組みを重ねてきました。
これからも、事業活動による温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにすることを目指して、様々な活動をしていきます。
更に脱炭素社会に向けて、再生可能エネルギーを社会の主力電源に利用できる仕組みを、
企業や市区町村などの自治体や住民の皆様にお届けしていきます。
脱炭素な未来へ、NECと共に。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2021年9月16日)