サイト内の現在位置

はやぶさ2 想いを未来へつなぐ ~挑戦的な遺伝子~ [00:30]

音声テキスト

NEC
宇宙システム事業部
益田 哲也:

いい意味であきらめないチームだったなと。みんなの意識が世界初に挑戦しているんだということで、モチベーションがすごく高かったのは感じました。

NEC
宇宙システム事業部
松島 幸太:

今うけとっているバトンを次につなげる。そういったことが大事なのかなと。人工衛星だったり、宇宙開発、色々な分野で活躍していける挑戦的な遺伝子というものがNECの強みかなと考えています。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

2020年12月6日にリュウグウのカケラを携えて地球に帰還する小惑星探査機「はやぶさ2」。数々の世界初の偉業を成し遂げた「はやぶさ2」の生命の起源を探る旅とはどのようなものだったのでしょうか。「はやぶさ2」の挑戦を支えたNECの技術者たちの生の声で「はやぶさ2」の挑戦の軌跡をご紹介します。NECの宙(そら)への挑戦は、これからも続いていきます。

(2020年8月撮影)


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2022年10月20日)