サイト内の現在位置

NEC is Premium ICT Partner of SportPesa Racing Point F1™ TeamNEC is Premium ICT Partner of SportPesa Racing Point F1™ Team

logo:SportPesa Racing NEC Premium ICT Partner
  • Insta
  • Facebook
  • YouTube
  • Twitter

NEWS

  • 2019年11月19日 ブラジルGPのレース結果、ギャラリーの写真を更新しました
    2019年11月19日 プロモーションムービーを更新しました
video thumbnail

F1ドライバー S.ペレスがNEC Future Creation Hubを訪問しました

Driver's Interview : Sergio Perez

2019年10月、今年もまたフォーミュラ1 日本グランプリの季節がやってきた。
そしてまた、彼も東京に帰ってきた。彼の名前はSergio Perez。
彼は、NECが協賛するスポートペサ・レーシングポイントF1™チームのドライバー。
Checoの愛称で世界中のファンから愛されている私たちのヒーローが、F1への想いや日本のファン、そしてNECのテクノロジーについて語る。

──来日は何度目ですか?

9回目です。一番好きな国の一つです。日本が大好きです。
文化も食事も私は日本の大ファンです。

──レース前に口にするのを避けるものはありますか?

特定のものはありません。日本にいる時は特に、魚も新鮮ですし全く心配する必要がないので。
よく寝てよく食べることだけは心がけています。

──2011年にF1の世界に入り、8回ものポディアムを経験した初めてのメキシコ人レーサーですね。メキシコ人レーサーが珍しい中、その世界に飛び込んだお気持ちを聞かせてください。

私自身もですが、私の国にとっても貴重な出来事でした。メキシコ出身のレーサーは長い間F1では活躍していなかったので。
この世界に入ってからも大きなチャレンジの連続でした。F2やF3シリーズで走る世界と、F1の世界とは全く違います。プレッシャーもコミットメントもレベルに差があります。下のクラスではとても良い学びを得られますが、F1では全てにおいての規模が極端に変わってきます。

──スポンサーの規模も変わるからですか?

基本的にはシャシーの中でも外でも全てが大きくなります。
沢山のコミットメントを背負うことになり、マシン内ではやる事なす事エンジニアからの関心や求められるレベルが一気に高くなります。
マシンに乗っていないところでもスポンサー、メディア、イベントなどコミットメントが一気に増えます。

──そしてトレーニングも毎日欠かせませんよね?

そうです。長いシーズンを通して常に100%の状態でいなくてはいけないので。
毎週末ベストコンディションでいることが大切なのです。

──今シーズン、見応えのあったロシアGPを含め、今シーズンこれまでの15戦を振り返っていかがですか?

今年はオーナーが変わり、心機一転の時期と言えると思います。
遅めのスタートを切ったので一歩づつ追いつこうとしているところです。
これまでは良いレースをしてきていますし、ポイントも多く獲得していますので、今シーズンはこの調子で最後まで行ければと思っています。

──鈴鹿サーキットの印象について教えてください。

素晴らしいサーキットです!世界中で最も好きなサーキットの一つです。
スピードが出せるから少しのミスも許されません。
でも見せ場を作れるチャンスもあるからお気に入りのサーキットの一つであることは間違いありません。

──日本のファンは熱狂的と仰っていましたね?

世界中のどのサーキットでもあんな光景を見ることはありません。
日本のファンは本当に熱狂的です!
ドライバーを本当に好きでいてくれて、F1を心底理解してくれている唯一の国だと感じます。
本気でこのスポーツを好きでいてくれているのが伝わります。
こんな素敵なF1ファンがいるのは日本だけです。

──日本GPへの意気込みについて教えてください。

チームとしてまずは成績を伸ばすことに期待しています。
今後の全試合でポイントを増やすためには今調整しないといけないと思っています。
後は台風の影響が少なく、レースが開催できることを祈るばかりです。
(*このインタビューは10月8日火曜日に行われました。)

──結果を出すため、また勝つために大切にしていることとは?

常に100%でいることです。
木曜日にトラックに到着してエンジニアとミーティングをしたりレースに向けて準備をしたりします。この準備が一番大事なことです。

──100%を保つためにしていることはなんですか?

精神的にベストでいるということ。
週末にかけて何が重要かに焦点を当てることです。
とてつもないエネルギーに囲まれているので、自分で結果を変えることのできる事に集中します。自分が変えることのできないどうしようもないものには注意を向けないようにします。

──レース前に頭の中でシミュレーションはしますか?

決勝前はできませんが、予選前にシミュレーションします。コースを暗記するために。
決勝前は何が起こるか分からないのでシミュレーションはできないですね。

──予選はかなり重要なのですね?

そうです。予選がなくなると決勝だけになると思うから。予選がないのは良くないです。

──今後の意気込みについて教えてください。

今シーズンは夏休み明けから成し遂げていることをとにかく続けることですね。
現在7位なのでまずはそこをキープして、ポイントをなるべく加算して行くことに集中します。
チームとしては現状維持でシーズンをフィニッシュを決められたら良いと思います。
その後は次のレベルに行けるという証拠を見せつける大きな年になります。なので特に来年は初めから強さを見せなければいけません。
個人的には楽観的で、今すごく順調に進んでいると思います。チームとしても飛躍的に進歩しているので将来は良い年が続くはずです。

──あなたにとってF1とはどういうものですか?

F1はずっと夢でした。世界最高峰のチームと世界最強のレーサーが集まる場所。そしてそこで戦うことのレベルの高さ。
このレベルに到達した世界最高のドライバーは常に準備万端だと言う事に気付かされました。ドライバーたるもの常に毎週末のレースに向けてコンディションを整えて、その状態を保たなければいけないのです。

──ではF1ドライバーとはどういうものですか?

最近は下手なドライバーなんていないからマシンの違いが大きく左右します。
だからこそドライバーは常日頃から準備万端でいなくてはいけません。
F1はチームスポーツです。
ここ数年では残念ながらF1はドライバーよりもチームのスポーツとなっています。

──NECの印象について

NECとは私のキャリア人生のほぼ全てを共にしています。私のF1人生は9年目で8年はNECと共にしていることになります。
毎回NEC本社に出向く度に技術の進歩に驚かされます。日本の企業が世界のためにやり遂げていることを見て、いつも感心させられます。

──NECはAI技術に力を入れていますが、AIに期待することは?

テクノロジーのレベルの高さに圧巻です。そしてそれは世界のあらゆるところに導入されつつあります。この先5年、10年と進化し続けることを想像すると少し怖くも感じます。

──将来AIがレーサーになっている可能性は?

そうなっても驚きませんよ!NECなら最も早いレーサーを造ることができるでしょうね。
F1はテクノロジーなくしてはあり得ないスポーツだから切っても切れないものだと思います。
ただし最終的にはドライバーは必要不可欠だと思います。
最近ではデータやエンジニアの影響が大きくなっていますが、結局コックピット内で操作するのはドライバーなのです。ロボットのような何者かがその全てを行うのは難しいと思います。
やはり最終的には人間にはかなわないと思います。

──ITテクノロジーとF1との関連性については?

F1のテクノロジーは年々進化しており現時点でのレベルも計り知れないものです。
そして日々進化しているテクノロジーをすぐに導入できるこのF1の世界にいられることに感謝しています。

──オフシーズン中はやはりご家族と過ごされますか?

いつも出張に行っているのでオフシーズンはなるべく家族と過ごすようにしています。
唯一長めに家族と過ごせるのはアメリカでのレース期間です。メキシコに近いですからね。
毎年年末にはシルバーストーンにあるチームの本社で開催されるクリスマスパーティーに出席しています。
とんぼ返りですが、チームやチームの家族とも過ごせるとても良いイベントですよ。

──チームも第二の家族ですよね?

その通りです。世界中を一緒に旅しているので。仕事関係だけでなく、パーソナルなレベルでも付き合っています。

──応援しているファンにメッセージをお願いします。

日本に来て日本のファンの皆さんと過ごせるのがとにかく嬉しいんです。
日本のファンの皆さんが注いでくれる愛情は半端ではありません!
毎回来日する度に驚かされますし、ここまでの熱情を注がれることはないから圧倒されてしまいます。他の国とは比べものになりません。

──どの国が今までで一番好きでしたか?

東京が一番好きな場所の一つであることは間違いないです。
オーストラリアも好きです。この二つの場所が今まで訪れた中で一番好きです。

──日本の魅力は?

日本人の礼儀正しさや交通ルールをきちんと守る文化も素晴らしいです。
街のきれいな造りも全てが外国人から見ると衝撃を受けるものです。

──どの日本食が好きですか?

どんな和食も大好きです!和牛もお寿司も、日本の食事は全て大好きです。

──東京で過ごす時間はあるのですか?

東京に限っては早めに来日します。他の国のサーキットには水曜か木曜に到着するようにしていますが、日本GPの時はそれより2、3日早く来日して都内を歩き回り、美味しいレストランで料理を堪能します。

──いつもよく訪れる場所は?

銀座の中央通りには毎回行きますが、特に決まった場所はありません。
東京は果てしなく探求できる街なので楽しみです。
毎年新しい発見を求めていろいろな場所に足を運んでいます。

──メキシコではオススメの場所はありますか?

美しいビーチがたくさんあるので是非来て欲しいです。
例えばプンタ・ミタとかトゥルムは綺麗ですよ。
後はラパスもかなりおすすめです。「世界一大きな自然の水族館」として有名なので是非行ってみるべきだと思います!

インタビュー:東海林 舞

Calendar & Results

コンストラクターズランキング

7th / 67points

01 FORMULA 1 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX 2019 3月14~17日 結果を表示

02 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX 2019 3月29~31日 結果を表示

03 FORMULA 1 HEINEKEN CHINESE GRAND PRIX 2019 4月12~14日 結果を表示

04 FORMULA 1 AZERBAIJAN GRAND PRIX 2019 4月26~28日 結果を表示

05 FORMULA 1 EMIRATES GRAN PREMIO DE ESPAÑA 2019 5月10~12日 結果を表示

06 FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2019 5月23~26日 結果を表示

07 FORMULA 1 PIRELLI GRAND PRIX DU CANADA 2019 6月7~9日 結果を表示

08 FORMULA 1 GRAND PRIX DE FRANCE 2019 6月21~23日 結果を表示

09 FORMULA 1 MYWORLD GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH 2019 6月28~30日 結果を表示

10 FORMULA 1 ROLEX BRITISH GRAND PRIX 2019 7月12~14日 結果を表示

11 FORMULA 1 MERCEDES-BENZ GROSSER PREIS VON DEUTSCHLAND 2019 7月26~28日 結果を表示

12 FORMULA 1 MAGYAR NAGYDÍJ 2019 8月2~4日 結果を表示

13 FORMULA 1 JOHNNIE WALKER BELGIAN GRAND PRIX 2019 8月30~9月1日 結果を表示

14 FORMULA 1 GRAN PREMIO HEINEKEN D'ITALIA 2019 9月6~8日 結果を表示

15 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX 2019 9月20~22日 結果を表示

16 FORMULA 1 VTB RUSSIAN GRAND PRIX 2019 9月27~29日 結果を表示

17 FORMULA 1 JAPANESE GRAND PRIX 2019 10月11~13日 結果を表示

18 FORMULA 1 GRAN PREMIO DE MÉXICO 2019 10月25~27日 結果を表示

19 FORMULA 1 UNITED STATES GRAND PRIX 2019 11月1~3日 結果を表示

20 FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO DO BRASIL 2019 11月15~17日 結果を表示

21 FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2019 11月29~12月1日 結果を表示

Campaigns

キャンペーン実施中

word puzzle

オーストラリアで広告キャンペーンを実施中!
メルボルン、シドニー、アデレード空港、メルボルンサーキット近くの多数のバス停で3月に広告キャンペーンを行っています。

ご参加ありがとうございました。本キャンペーンは終了しました。

Team

スポートペサ・レーシングポイントF1™チーム

スポートペサ・レーシングポイントF1™チームは、モータースポーツの頂点であるF1に参戦する最新鋭のチームです。昨季ベルギーでのデビューレースで予想をはるかに超えるパフォーマンスを発揮し、鮮烈なデビューを飾りました。
これまでレーシングポイントとしての参戦はわずか9レースですが、前身のチームを受け継ぎ、情熱やレーシングスピリットの塊であるマシンに命を吹き込みます。
美しいマシン、伝説のドライバー、記憶に残るレース―これらすべては四半世紀以上にわたり、英国シルバーストーンのチームファクトリーから生み出されてきました。レーシングポイントはこれらの遺産を守り、またその実績を誇りにしながら、未来を見据えています。
ローレンス=ストロールと投資コンソーシアム、さらに新たなチーム代表であるオトマー・サフナウアーよって、今までにない最高のF1チームに向けた構想が練られています。
世界をリードする企業との提携と新たなドライバーラインナップ、スタッフ編成によって、チームはその成長を確かなものにし、F1への挑戦を始めます。
スポートペサレーシングF1™チームは、今まさに戦いのステージへ向かっています。

スポートペサレーシングF1™チーム:公式SNS(英語)

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

セルジオ・ペレス

F1で8年のキャリアを積んだセルジオ・ペレス選手(29歳)は、最も速く着実なドライバーの一人として広く知られています。
2014年にチームに移籍して以来、ドライバーランキングで常に10位以内に入っており、積み重ねた経験はチームにとっても素晴らしい財産です。

ペレス選手は前身フォースインディアチームでの参戦3戦目で表彰台を獲得するという目覚ましい活躍でスタートを切りました。カナダ、オーストリア、シンガポールなどでの記憶に残るパフォーマンスを見せ、最終戦メキシコGPでは12ポイントを獲得し、ドライバーランキングで10位に入賞しました。

2015年は9位、2016年、2017年は7位と好成績を収め、続く2018年はベルギー、イタリア、日本グランプリでの活躍と共に、サーキット内外でのチームへの貢献で、F1界のビッグネームの一人として知られることになりました。2019年はスポートペサ・レーシングポイントF1™チームの一員として、新しいチームメイトのランス・ストロールと共にさらなる上位を狙います。

ランス・ストロール

わずか20歳ですでにF1の表彰台を獲得しているランス・ストロール選手は、若手の中で最も目覚ましい躍進を見せるドライバーの一人です。このカナダ人の青年はスポートペサ・レーシングポイントF1™チームで新たなF1キャリアを踏み出し、フロントグリッドを目指します。

2017年のアゼルバイジャングランプリでは史上最年少で表彰台3位、7ポイントを獲得し、チームを牽引しました。しかしその後は残念なことに非力なマシンによって才能を十分発揮することはできませんでしたが、バクー(アゼルバイジャンGP)、モンツァ(イタリアGP)で入賞し、6ポイントを獲得しました。

このような競争力のあるパフォーマンスとジュニア時代の実績が、新生レーシングポイントF1™チームへの移籍につながりました。2019年からは経験豊かなセルジオ・ペレス選手と共に、素晴らしい成績を残すために新たなシーズンに挑みます。