社会課題解決に向けたNECの新しい答え

東京2020を守る

パブリックセーフティ

東京2020大会で予期される課題
  • ●真夏、酷暑環境での行列待機
  • ●世界中から1,000万人以上が訪れる混雑
  • ●40か所以上の競技場が点在し、複雑な警備

誰もが安全に、安心して集うために。東京2020大会の感動を支えるために。

「厳重さ」と「スムーズさ」を両立した安全対策を

厳格かつスムーズな入場を実現する

選手やスタッフ・ボランティアなど、約30万人の大会関係者が利用する関係者エリア入口。立ち止まる必要もなく、一瞬で認証が終わり、スムーズに入場できます。高精度の認証により、なりすましを防止し、不審人物への迅速な対応が可能となります。

東京2020大会に納入する顏認証システム。

リアルタイムに状況を把握し、リスクを未然回避

カメラ映像から人・モノの動きや、群衆の混雑状況をリアルタイムに分析することで、異常やその予兆を検知。警備員をサポートし、迅速な対応が可能になります。

異常の早期発見を実現する行動検知。

私たちは、世界最先端のテクノロジーで、これらの課題を解決します。

東京2020ゴールドパートナー(パブリックセーフティ先進製品&ネットワーク製品)