サイト内の現在位置

Bio-IDiom NECの生体認証

再生ボタン

Bio-IDiom NECの生体認証
カギは、あなただ。
Bio-IDiom NECの生体認証
カギは、あなただ。

盗まれない。無くさない。忘れない。もっとも安全な鍵は、あなたの身体だ。NECの生体認証Bio-IDiomは、顔や指紋、声などの違いを瞬時に把握。全世界76億の中から、たったひとりのあなたを認証する。公的サービスやセキュリティ、ショッピングなど、利用シーンは様々。これまで70以上の国や地域に、700システム以上を導入している。誰もが安心してデジタルを活用できる社会。そんな決まり文句は、正確な認証技術があって、はじめて実現できる。あなたの代わりは、いないから。あなたの身体を、あなたの鍵にする。すべての人がキーパーソンになる。

6つの生体認証技術

顔認証写真 顔認証写真

KEY

顔認証

私たちの身近でも使われるようになった顔認証技術。NECは約30年前から研究を続けてきました。多くの顔認証技術は、顔がはっきり写っている静止画でないと個人を特定できません。Bio-IDiomの顔認証は、荒い静止画はもちろん、正面を向いていない動画でも高精度を実現。「画像の中から顔を見つける」「特徴をとらえる」「同一人物かを照合する」という3つのキーテクノロジーから正確に認証します。米国政府機関からも高い評価を得ました。防犯や入退管理、決済など、さまざまな用途で利用されています。

指紋・掌紋認証写真 指紋・掌紋認証写真

KEY

指紋・掌紋認証

指紋・掌紋は「終生不変」かつ「万人不同」。この特徴を利用した、厳格な認証が可能です。NECは研究を1971年にスタート。Bio-IDiomの中で最も長い歴史を持っています。米国政府機関からも高い評価を得ました。犯罪捜査、出入国管理、国民IDなどに、世界でもっとも利用されている生体認証です。

声認証写真 声認証写真

KEY

声認証

一人ひとり異なる声の特徴をデータ化。音声データベースと照合することで、個人を特定します。言語や話す内容を問いません。風邪などで声が変わっても問題ありません。特別な機器も必要ありません。スマホ、タブレットや電話口など、マイクがあれば利用可能です。コールセンターやコミュニケーションロボット、普及が進むスマートスピーカーなどでの利用が期待されています。

虹彩認証写真 虹彩認証写真

KEY

虹彩認証

黒目の中央にあるのが瞳孔、そのまわりにあるドーナツ状の部分が虹彩です。瞳孔の大きさを変えて、網膜に入る光の量を調節するのが役割。カメラの絞りに相当します。筋肉パターンからなる虹彩の模様は一人ひとり異なり、2、3歳で形成された後は不変と言われています。Bio-IDiomの虹彩認証は、瞳孔やまぶた、まつげなどを除いた虹彩のみをデータ化することで、高精度を実現。赤外線カメラで瞳を撮影するので、暗い場所でも使用可能です。防護服など身体全体を覆う重装備の時や、ハンズフリーでの本人確認に適しています。

指静脈認証写真 指静脈認証写真

KEY

指静脈認証

指静脈の特徴を分析することで、人物を識別する技術です。指内部の静脈情報を利用するので、偽造が困難なことが特長。官公庁や民間企業において、高度なセキュリティを要するシーンで採用されています。指紋認証と組み合わせたのが「指ハイブリッド認証」。PCログイン等で、より高精度な本人認証ができます。

耳音響認証写真 耳音響認証写真

KEY

耳音響認証

イヤホンなどから外耳道に音を送り、その反響音を観測することで個人を特定する、NEC独自の技術です。音の送受信から認証まで、わずか1秒ほどで完了します。利用を意識させず本人確認を続ける「常時認証」が必要なシーンに適しています。たとえば要人警護におけるなりすまし防止。セキュリティの連絡用イヤホンに耳音響認証技術を搭載すれば、テロリストにすり替わっていた場合、検知できます。