パブリックセーフティ先進製品を活用したソリューション

例えば、大規模イベントにおいて、最先端の画像解析を活用したリアルタイムな状況把握により、効率的な運営をサポートするとともに、トラブル等への迅速な対応を支援します。

侵入者の発見

画像解析により立入禁止エリアへの侵入や不審な行動をリアルタイムに検知することで、発見時間の短縮につなげます。さらに顔認証技術の活用で、一度侵入した人物の早期発見も可能です。

Before

大量のカメラ映像から侵入者や 不審行動がないかを人の目で確認
見落としや発見に時間がかかる場合がある

After

立入禁止エリアへの侵入や不審な行動をリアルタイムに検知、
早期発見をサポート

迷子の発見

顔認証技術により迷子を映像から検知し、その居場所や移動ルートを可視化することで早期発見を可能にします。

Before

迷子の居場所が不明なため、捜索に時間がかかる

After

迷子の居場所や移動ルートの把握も可能となるため、
早期発見をサポート

不審物の発見

画像解析により特定エリアに一定時間放置された不審物を検知することで、不審物の対処を迅速に行います。

Before

大量のカメラ映像から一定時間放置された
不審物がないか人の目で確認
見落としのリスクがあり、早期発見が難しい

After

一定時間放置された不審物を検知、
早期発見をサポート

異常混雑・異常行動の発見

混雑状況の可視化により、迅速かつ的確な誘導指示が可能です。
また、異常混雑や突発的な群衆の散らばりを検知し、迅速に対処することで未然に事故を防止します。

Before

混雑状況が可視化されていないため、
適切な誘導指示に時間がかかる

After

混雑状況が可視化されているため、
迅速かつ的確な誘導指示ができる