パラスポーツをもっと知ろう!
「PARA SPORTS NEWS アスリートプライド」番組レポート第13回

パラスポーツの根幹 クラス分け

IPC国際パラリンピック委員会は、選手に対して出場基準を設けているのをご存知ですか?10種類の障がい(欠損や低身長など)のうちいずれかに当てはまる かつ それぞれの「最小基準」を満たす必要があります。各競技団体はこの基準を守ったうえで、選手のクラス分けをしなければなりません。そのクラス分けを行っているのがクラス分け判定員です。
パラ陸上の国際クラシファイアという資格を持つ指宿立さんにお話を伺ってきました。

「クラス分けがパラスポーツの最大の特徴であり根幹です。クラス分けがあるからこそ、様々な障がいを持つ選手たちが一緒に、平等に競技を行うことができます。」と話すのはスポーツライターの宮崎恵理さん。

過去には、車いすラグビーの選手が大会が開催される現地に入ってから、クラス分けが変更になりチーム編成にとても苦労したという話を受け、
MCの大橋さんは「選手の立場としては、事前にクラス分けをしっかりしてほしいと思いますよね。」とコメントされました。

クラス分けは選手の出場基準の判定のため、また公平な競争のためになくてはならないものなのですね。

番組概要

PARA SPORTS NEWS アスリートプライド
パラスポーツの魅力を余すことなくお届けするニュースエンターテイメント
毎月最終金曜日、BS241ch BSスカパー! にて放送中

スカパー!未加入でも、BS放送の視聴環境が整っている方であれば、どなたでもご覧いただける完全無料番組です。
※スカパーオンデマンドでもご覧いただけます。