銀メダリスト上原大祐が行く!

日本全国をまわり、講演会やスポーツ体験会を通じて、一人ひとりが助け合える共生社会の重要性や、障がいの有無は関係なく、夢を持ち挑戦することの大切さを伝える活動に取り組んでいます。

第四回上原大祐が行く!オンライン対談
『諦めることから始まる、自分と他者の可能性を引き出す共生社会 –アートとデザインがつむぐ認め合いの世界へ-』

今回は、障がいをもつ方々の社会参加と経済自立につながるアート作品の制作と商品づくりの開発に取り組んでいるデザイナー・アートディレクターのライラ・カセムさん、立命館大学ROPP代表の山田明日香さんをゲストに迎え、オンライン対談を実施しました。綾瀬ひまわり園と協働して開発した、施設利用者の創造能力を開花する8つのメソッドでは、私のパラスポーツ推進活動や共生社会ホストタウンのサポート活動にも通じるものがありました。

ポジティブに「諦める」

一見ネガティブな行為にも思われる『諦める』ということ。実はその語源は「物事を明らかにする」と前向きなものと言われています。『諦める』ことをポジティブに繰り返し行ってきたライラさん。対談では、「自分の夢が叶わなかったとき、一度、夢を『諦め』、違う側面から夢に向かってアプローチすることも大事だ」という人生においても大切なお話を伺うことが出来ました。
パラスポーツも「する・見る・支える」の関わり方ができます。皆さんができると思う関わり方を『明らか』にしていただけるとうれしいなと思いました!

第四回 上原大祐が行く!オンライン対談を編集

後日談

ライラさんとの出会いは、4、5年前の社会課題を楽しく解決しているメンバーの集まりの場でした。その頃、NPOを立ち上げたばかりの私は、様々な人たちに会うことを意識して動いている毎日でした。様々な人と会う中で、「世の中には面白い人がたくさんいるなぁ」と思っていましたが、その内の一人がライラさんでした。今回も改めて思ったのが、「そのままキャラクターとして面白い人を続けてるなぁ!!」です。
『諦める』という言葉は、どうしてもネガティブに聞こえます。みんな「ネバーギブアップ!」と言うからです。しかし、私たち障がい者は色々と諦めながら生きてきています。これは決してネガティブな意味ではなく、早めに最善の選択をするということです。
例えば、対談内での「自治体のコンテストでは、作品自体は評価されなく、応募活動は休止。しかし、自治体と組んだプロジェクトが評価され、作品が商品化していった話」は、コンテストの賞としての評価は諦めたけれど、プロジェクトとしては評価され、ものごとが良い方向に進んでいったという面白いことが起きているわけです。
私が、2012年アメリカにホッケー留学に行った際、「車いすに乗る人は、ホームステイ先を見つけられない。」といわれ、ホームステイを諦めて一人暮らしをしました。その結果、世界中に友達ができ、NPOを立ち上げるきっかけにもなりました。ホームステイを諦めていなかったら、NPOの代表であり、NECの社員である今の私はいなかったかもしれません。

上原大祐

(2020年09月02日)

第三回上原大祐が行く!オンライン対談 パラアスリートを撮り続けて、ぼくの世界は変わった。~知ることで世界は無限に広がる~

「知る」ことで世界が広がる

20年間パラアスリートを撮り続けているカメラマンの越智貴雄さん、ソフィア オリンピック・パラリンピック学生プロジェクトGo Beyondの佐藤慶実さんをゲストに迎え、第三回オンライン対談を実施しました。越智さんの写真を見ながら、パラアスリートの魅力やパラアスリートへの想いを語ったほか、ユニバーサルデザインの考え方等、熱く語り合うことができました。越智さんから、「パラスポーツを”知る”ことで障がい者に対する先入観がなくなり、パラアスリートの魅力や可能性に気づいた」というお話を聞くことができ、皆さんにもまずは、パラスポーツを「知る」ところから始めて、そして色々な魅力や楽しさを発見してほしいなと思いました!

第三回上原大祐が行く!オンライン対談 パラアスリートを撮り続けて、ぼくの世界は変わった。~知ることで世界は無限に広がる~

後日談

越智さんと初めて出会った時の事は正直なところ覚えていませんが、実はプライベートでも仲良くしていただいています。普段はお茶目な越智さんが、カメラを持った瞬間にガラッと変わる目つきが、いつも印象的です。どんな時でも「面白さ」と「かっこよさ」を追求し、そして社会に訴えていく活動されている越智さんに、いつも私自身刺激を受けています。
試合会場のホッケーリンクで、透明な壁越しに大きな望遠レンズを構えてこちらを狙っている越智さんに私が気付くと、壁をバンバン!と叩いて挨拶をしてくれます。この挨拶に呼応するように、選手は力を発揮します。越智さんは、その一瞬一瞬を切り取って写真にしてくれます。長年、選手を真剣に見てきたからこそ、選手の魅力をダイレクトに伝わる写真を撮ってくれるのです。これからも、越智さんにしか出来ない表現で、多くの人にパラスポーツを「見る」きっかけを創ってくれるとうれしいです。

上原大祐

(2020年07月20日)

第二回上原大祐が行く!オンライン対談。スポーツを止めるな!志は自分の未来を広げる。

前回の対談に続き、ゲストにバレーボール元日本代表の山本隆弘さん、大竹秀之さんを迎え、「第二回上原大祐が行く!オンライン対談。スポーツを止めるな!志は自分の未来を広げる。」を実施しました。スポーツの魅力はもちろん、スポーツを通じた共生社会の実現についても熱く語り合えた対談になりましたので是非ご覧ください。

第二回上原大祐が行く!オンライン対談。スポーツを止めるな!志は自分の未来を広げる。

(2020年06月29日)

第一回 上原大祐が行く! いや、行かないステイホーム オンライン対談! (後編)

前編の続きになります。前編はこちらからご覧下さい。

後編では、視聴者の皆さんからの質問をきっかけに、”共生社会”や”違いの必要性”について対談しました。「共生社会とはミックスジュースではなく、フルーツポンチ」と例えた河合純一さん(パラリンピック競泳 金メダリスト/日本パラリンピック委員会 委員長/東京大学教育学研究科付属バリアフリー教育開発研究センター協力研究員/アジアパラリンピック委員会アスリート委員会 副委員長)の言葉を引用した山本さんの説明はとても分かりやすかったです。また、「どんな人にも世の中には必ず役割がある」という花岡さんの力強い言葉も印象的でした。
“違いを認め合える世の中”を創れるよう、これからも活動を続けていきます。応援よろしくお願いします。

尚、6月に第二回オンライン対談を行う予定です。
その様子もこのサイトでご紹介しますので、ぜひご期待くださいね!

第一回 上原大祐が行く!いや、行かないステイホーム オンライン対談を編集(後編)

(2020年05月28日)

第一回 上原大祐が行く! いや、行かないステイホーム オンライン対談! (前編)

COVID-19の感染拡大により、4月には全国に緊急事態宣言が発令されました。また皆さんに会える日を心待ちにしながら、私も外出自粛の日々を送っています。

友人と会う、同僚とのランチや飲み会に行くなど、今まで当たり前にできていたことが突然できなくなってしまった状況に誰もが困惑し、なかなか現実を受け入れることができない方も多いのではないでしょうか。
突然ですが、皆さん。障がい者スポーツの父と呼ばれるルードウィッヒ・グットマンをご存知でしょうか。彼の言葉に「失われたものを数えるな。残っているものを最大限に活かせ。」というものがあります。できなくなったことは多いけれど“今できることは何かをポジティブに考え、人生を楽しむこと”が一番大事なのかも知れませんね。

私も外出自粛のため、様々な自治体との連携やイベントなどが実施できない状況が続いています。
このような状況下でもルードウィッヒ・グットマンの言葉を思い出しながら、共生社会の実現に向け“今、できること”を企画しました。
日々全国を飛び回る私ですが、今はステイホーム。オンラインにて「第一回 上原大祐が行く! いや、行かないステイホーム オンライン対談!」を開催しました。

花岡伸和さん(日本パラ陸上競技連盟副理事長)、山本華菜子さん(ソフィア オリンピック・パラリンピック学生プロジェクトGo Beyond代表)をゲストに迎え、「当たり前だった日常が失われたときの生きる力やマインドチェンジの方法とは?」など、ポジティブになれるヒントがたくさん詰まった対談となりました。今回は【前編】をご紹介します。ぜひご覧ください!

尚、6月に第二回オンライン対談を行う予定です。
その様子もこのサイトでご紹介しますので、ぜひご期待くださいね!

第一回 上原大祐が行く!いや、行かないステイホーム オンライン対談を編集(前編)

後編はこちらからご覧下さい。

(2020年05月21日)

山口県宇部市を訪問し、皆さんと交流してきました!

2月11日~12日に、2016年度から宇部市スポーツコミッションと連携し、今回で三回目の山口県宇部市を訪問してきました。

私は日頃から、皆さんに、スポーツは「する・みる・支える」で関わってほしいと話していますが、初日の2月11日は、早速「する」を「あすチャレ!運動会」で実施。大会を運営している、パラリンピックサポートセンターの伊吹さんと私の名コンビ、ブッキー&大ちゃんで、競技の面白さや車いす操作のポイントなどをお話したり、時には参加者の皆さんに茶々を入れたりして、大会を盛り上げてきました。大会には子供たちからご年配の方まで約100名が参加し、ボッチャ、ゴールボール、車いすリレーで対戦。皆さん、初めて体験する競技にも関わらず、すぐにコツをつかんで、チームで作戦を話しながら、楽しく参加されていました。

2日目は、東岐波小学校、山口大学医学部付属病院院内学級、神原中学校を回り、講演会&ボッチャ体験会を行うという、ハードスケジュール(笑)。皆さん私の話に興味津々でたくさん質問をしてくれました。特に印象に残ったのは、「どうしたらスポーツが苦手じゃなくなりますか?」という質問。「苦手な人でも活躍できるように、ルールを変えるという発想もあるよ。」とお話しさせてもらいました。いつか質問してくれた彼が一番になれるルールを、宇部市の皆さんと一緒に考えたいなぁと思っています!
そして、驚いたのは、昨年と比べて、ボッチャを知っている人が格段に増えているということ。宇部市スポーツコミッションや地元の障がい者スポーツ指導員の皆さんが、パラスポーツ普及に向けて力を尽くしているお蔭ですね!

(2020年02月11日-12日)

2020年1月19日(日)香川県の宇多津町立宇多津北小学校にて第1回四国パラスポーツ大会を開催しました!

2019年3月に長野県松本市からスタートしたパラスポーツ大会。そこから、横浜大会、第2回長野大会、第3回長野大会に続き、今回は初の県をまたいだ大会で、四国の4県から特別支援学校や自治体、民間企業、ボッチャクラブ等、総勢30チーム100名に参加して頂きました!今後は毎年、四国各県で持ち回りで大会を実施していく予定で、是非皆さんチームを作って参加してほしいです!!

(2020年01月19日)