NEC 東京2020スペシャルサイト NEC 東京2020スペシャルサイト

世界一安全・安心な大会へ

NECは、パブリックセーフティ先進製品と
ネットワーク製品、業務用無線システムを通じて、
東京2020をサポートします。

NECは東京2020ゴールドパートナーです(パブリックセーフティ―先進製品・ネットワーク製品・業務用無線システム)

PICK UP

協賛カテゴリー

パブリックセーフティ

生体認証

行動検知・解析

ドローン

ネットワーク製品

SDN

有線ネットワーク

無線ネットワーク

業務用無線システム

プレスリリースへ

活用イメージ

#FaceTheWorld

「#FaceTheWorld」には、アスリートたちに最高のプレーで新しい可能性を切りひらいてほしいとい熱い思いが込められているメッセージです。Faceには、顔認証の「顔」という意味だけではなく、「向かい合う・立ち向かう」という意味があり、東京2020大会は、アスリートたちにとって、世界に立ち向かう”FaceTheWorld”の舞台。その挑戦をNECは全力で応援します。

スケートボード 堀米 雄斗 Yuto Horigome

1999年1月生まれ
世界最高峰のコンテスト「ストリートリーグスケートボーディング」において、アジア人初となる大会制覇を達成。スケートボードの本場とも言えるカリフォルニアに拠点を置き、飛躍を続けている。オリジナリティーあふれるスタイルと高難度のトリックは、カルチャーと競技の両面で高い評価を得ている。

スポーツクライミング 野中 生萌 Miho Nonaka

1997年5月生まれ
8歳の時に父の山登りのトレーニングをきっかけに、クライミングに出会う。16歳でワールドカップ日本代表に選出されると頭角を現し、19歳で世界ランク2位に輝く。2018年ワールドカップでは自身初のボルダリング年間総合優勝を果たす。ダイナミックな動きと、筋力をいかしたスピードあふれる登りで、初代クライミング女王の座を狙う。

車いすテニス 国枝 慎吾 Shingo Kunieda

1984年2月生まれ
2007年に、車いすテニス史上初となる年間グランドスラムを達成したトッププレイヤー。北京2008パラリンピック、ロンドン2012パラリンピックのシングルスで金メダルを獲得。東京2020オリンピック・パラリンピック招致のアンバサダーも務め、圧倒的なポジションを確立している。テニス界のレジェンドでありながら、常に進化を続けるプレーに目が離せない。

パラ陸上競技 中西 麻耶 Maya Nakanishi

1985年6月生まれ
元はソフトテニスの選手として活躍していたが、勤務中の事故で右膝下を切断。パラリンピックには3大会連続で出場し、日本記録・アジア記録も持つ実力者。2019年パラ陸上世界選手権で自身初の優勝、内定を決めた。美しい助走と、ダイナミックな跳躍に注目が集まる。6m以上での金メダル獲得を目標に、東京2020パラリンピックに挑む。

ロゴTOKYO 2020国際オリンピック委員会
オメガオフィシャルタイムキーパー
東京2020パラリンピックの公式エンブレム
ロゴオメガオフィシャルタイムキーパー