ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. [製品・サービス]
  5. ActSecure χ ActSecure ActWatch
  6. ActSecureトータルセキュリティサービス
  7. ActSecure SaaS型セキュリティサービス
  8. クラウドセキュアファイルサービス
ここから本文です。

クラウドセキュアファイルサービス

SaaS型ファイル暗号化サービス

企業や組織内には、決して外部に情報が漏えいしてはならない経営やビジネスにおける機密情報や個人情報などがあります。しかし、標的型攻撃などのサイバー攻撃やメール誤送信などの人的ミスをはじめ、さまざまな要因の情報漏えいリスクが潜んでいます。

NECの「ActSecureクラウドセキュアファイルサービス」は、このようなリスクにより、万が一ファイルが外部に流出しても、ファイル内の情報は漏らさない、安心・安全なファイル暗号化をクラウドサービスとして提供します。

このような課題をお持ちのお客さまに有効です

  • 社内ルールで、機密情報を含むファイルはパスワード設定をするよう定めているが、利用者の判断に委ねているため、ファイル保護の抜け漏れが発生してしまう。
  • 自己復号型暗号化ツール(閲覧編集時にパスワードを入力して復号が必要)を利用しているが、利用後にファイルの再暗号化し忘れ、平文のまま保存されていることがある。
  • 万が一ファイルが漏れても、中身が漏れないファイルの暗号化対策を実施したいが、システム構築費が高額で導入できない。また、導入しても自社で運用できるか不安だ。

サービスの導入効果・特長

高い信頼性

実績豊富なNECの機密情報保護ソフトウェア「InfoCage FileShell」の機能をクラウドサービスとして提供します。

自動で漏れなくファイルを暗号化

  • 様々な種類のファイルを自動で暗号化
  • 暗号化を維持したまま閲覧・編集時が可能(閲覧・編集時に復号されない)

InfoCage FileShellの導入実績

自動で漏れなくファイルを暗号化

お客さま環境にサーバが不要

クラウド型サービスのため、短期間で初期コストを抑えて利用することが可能。また、部門単位など小規模導入(スモールスタート)が可能です。

  • 管理サーバは、NECクラウド上で提供
  • ファイル利用者認証はMicrosoft Information Protectionと連携(AzureサービスもNECが一括提供)

利用者の利便性を損なわない

暗号化ファイルは、従来と変わらないファイル操作で利用することが可能です。

  • 閲覧・編集時にパスワード入力が不要
  • ファイルを暗号化しても、拡張子が変わらない
  • 複数アプリケーションでも暗号化ファイルを利用可能(CSVファイルをテキストやExcelで閲覧・編集するなど)

お客さま環境にサーバが不要

利用者の利便性を損なわない

サービスメニュー一覧

「ActSecureクラウドセキュアファイルサービス」は、1アカウント月額710円から利用することが可能です。暗号化ファイルを利用する場合、利用者のPC端末に、暗号化ソフトウェアのインストールが必要です。 ※最小契約数10アカウント。

基本サービス
※暗号化ファイルへのアクセス権を管理する権利ポリシは1つ
・ファイルの自動暗号化(クライアント)
・共有フォルダの自動暗号化(クライアント)
・暗号化ファイルのオフライン利用
・暗号化ファイルの保護解除(権利ポリシで許可された利用者のみ) 

ページの先頭へ戻る