ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Citrix XenApp
  4. ソリューション
  5. 事業継続基盤の構築
ここから本文です。

アプリケーション仮想化による事業継続基盤の構築

課題 - 事業継続基盤を低コストかつ迅速に

大規模災害による交通機関の停止や新型インフルエンザ等による外出制限など、自宅からも業務を継続できる環境が求められます。災害などの突然の発生に対し即座の対応を要するため、如何に低コストかつ安全にスモールスタートできるかが重要になります。

解決 - XenAppによるアプリケーション仮想化

XenAppによるアプリケーション仮想化によりVPNを構築することなくセキュリティ・情報漏洩対策に配慮したシステムの構築が可能になります。

XenAppによるパンデミック対策のイメージ

事業継続基盤としてのXenAppのメリット

  • インターネット経由でもセキュアな通信を確保
    既存APをWeb化することなくSSLによる暗号化通信が可能。AP開発は不要です。
  • 社内アクセスにVPN構築は不要
    XenApp (Secure Gateway)は、リバースプロキシとして動作し画面転送以外の通信を通しません。そのため、新たなVPNの構築は不要であり、かつ社内LANへのウィルス/ワーム侵入を許さない高いセキュリティを確保します。
  • 自宅PCをそのまま利用しても、情報漏洩対策OK
    自宅PCから接続した場合に、データ出力・コピーをさせない制御が可能です。

ページの先頭へ戻る