ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Citrix XenApp
  4. 特長/機能
ここから本文です。

Citrix XenApp - 特長/機能

特長

「フレキシブルなアプリケーションデリバリーを実現します」

Citrix XenApp(旧称Citrix Presentation Server、MetaFrame)は、アプリケーションとデータをサーバに集約し、情報システム全体の管理コストを削減しつつ、強固なセキュリティと高い生産性を実現するシンクライアントシステムです。マイクロソフト社のWindows Server ターミナルサービスの管理性やパフォーマンス、セキュリティを強化し、アクセスする場所やクライアント/ネットワークの種類を問わず、エンドユーザへ最適なデスクトップ環境をおとどけします。

Citrix XenAppではサーバ側で実行したアプリケーションの、画面イメージ・キーボード・マウス信号を暗号化して、クライアントに転送することで、Server-based Computing (※)を実現します。

画面イメージは高圧縮・差分転送などの技術により転送されるため、ネットワークに与える負荷は小さく、狭帯域のネットワーク環境でも十分なパフォーマンスを提供します。

また、サーバでアプリケーションや情報を集中・管理することで、クライアント上にデータを保存させることなく情報にアクセスできるため、高いセキュリティ効果が期待できるばかりでなく、アプリケーションの配布・管理コストの削減にもつながります。

  • Server-based Computing(サーバ・ベース・コンピューティング)とは、クライアント上で実行するアプリケーションをサーバに集中、実行させる考え方です。

Citrix XenApp の導入頂くことで、次のような効果を発揮します。

  • 強固なセキュリティを確立
    シンクライアント環境のためクライアント上にデータが残らず、情報漏えい対策には大きな威力を発揮します。
  • 運用管理の負荷を大幅に低減
    アプリケーションをサーバ集約し一元化するため、煩雑なクライアント管理から解放されます。
  • ユビキタスな利用環境を実現
    オフィスの内外を問わず多彩なクライアントから安全に利用できる柔軟性を備えています。
  • アプリケーションのハイパフォーマンス化
    クライアントやネットワーク性能に左右されない快適なアプリケーション利用を実現します。

Citrix XenApp は、ソリューションに合わせて、Advanced Edition・Enterprise Edition・Platinum Edition があります。

Citrix XenApp 主な利用環境
Advanced Edition サーバ1台で運用する小規模システムから複数サーバで負荷分散を必要とする中規模システム
Enterprise Edition 大規模システムでアプリケーションのインストール、リソース管理、安定性、パフォーマンス向上
Platinum Edition Enterprise Editionの機能に加え、パフォーマンスモニタリングやシングルサインオンの機能を統合

基本機能

新機能


ページの先頭へ戻る