ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. パソコン/ワークステーション/タブレット
  3. Express5800シリーズポータル
  4. ワークステーション
  5. ワークステーションソリューション
  6. プロフェッショナルインタビュー
  7. 庭師
ここから本文です。

インタビュー005 最先端のCG表現を、現実の庭に造り上げる

菅宏文

1972年東京生まれ。
東京、京都の造園会社で造園技術を学び22歳で独立。庭師として空間デザイナーとコラボレーションによりさまざまなプロジェクトに参画。2006年(株)1moku設立。ニ級建築士。

「ただ眺めるだけではなくて、人が関われる庭。分かりやすく言えば舞台。商業施設においては集客できる庭が、僕の造る庭です」。
細身のスーツにレザーのブリーフケース。1moku代表・菅宏文氏は、メディアが期待するステロタイプな庭師のイメージを裏切って待ち合わせに現れた。
「取材ではハッピ姿を期待されるんですけど、スーツ姿でロックを流しながら、枯山水の庭をシャカシャカ作る方が、ギャップがあっていいでしょ」と、いたずらっぽく笑う。

2005年に菅氏がリノベーションを手掛けた京都・三条京阪の商業施設「KYOUEN」のZENガーデンは、中央に能舞台が設けられ、鏡板に描かれる老松の代わりに本物の松を植栽。石庭にはステンレス、黒御影など、古来の枯山水の庭にはなかった素材が、砂紋と周りを取り囲むモダンな商業空間を映し出す。
「中央の2本の柱は橋を見る人にその間に流れる川をイメージしてもらうための橋脚。柱上部の凹凸は男女、陰陽を表現しています。エロスは僕の作品の一連のテーマですから」と、またいたずらっぽく笑う。彼にとって自分の作品を自分の言葉で語るのも、また一つの庭師としての仕事である。
2007年に店内の庭の改装を手掛けたシャンパン&シガーバー「ル・キャバレ」(大阪・本町)では、垂直の壁に苔を張って人々を驚かせたが、そのテーマもまさにそのエロス。
「初めて店を訪れた時にファサードが胎内への入り口に見えて、直感で苔が浮かび、苔の花言葉=mother’s love(母なる愛)とつながりました。具体的に考えていくうちに、苔を押さえるために貼るラス網は網タイツ、その網タイツからベルベットの苔が露出して行くというエロティックなイメージが増幅して」と、その作風は実にコンセプチュアル。
「自分ではスケッチもあまり書きません。言葉がどんどん広がっていくタイプ。そのイメージを説明するのにCGを使いますが、CGの作成はオペレーターに任せます。ただその表現には納得するまで時間をかける。CGにこだわるのは素材のテクスチャーまで相手に伝えられるからで、単に設計案を説明したいからという目的ではありません。自分の頭の中には、職人としての経験からくる具体的な素材の選定と明確な仕上がりのイメージがあって、それを伝えるには最新のリアルな質感のCG表現が必要なんです」と菅氏。「ル・キャバレ」でもラス網からはみ出すベルベットのイメージを表現するのに、杉苔ではなく地苔の表現にこだわったという。
22歳で独立し、今年14年目を迎える菅氏をさまざまなメディアが「新しい時代の庭師」と取り上げる理由は、本人が「前衛」と呼ぶその庭のスタイルもさることながら、そのプレゼンテーション力だ。村上隆が主催するGEIISAI#8で金賞を獲得、#9ではグッチのバッグに苔を張り付け提案、ルイ・ヴィトンのパーティに招かれたり、というセレブなパフォーマンスも、彼にとっては庭師という存在価値を、“時代”の中で表現するためのプレゼンテーションだ。
「尊敬するのはイサムノグチ、造りたい庭は沢尻エリカが『かっこいいね』と言うような庭」という発言に代表される“時代”のなかでの分かりやすさは、彼が自らの作品をCGでクライアントにプレゼンテーションするのと同じことなのかもしれない。NEXT

 

ページの先頭へ戻る