ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WitchyMail
  4. 製品体系/価格
  5. 製品体系/価格(V4.2)
ここから本文です。

WitchyMail - 製品体系/価格

>>>V4.3の価格情報はこちら

ユーザ数や必要なオプションにより、システムに最適なものをお選びください。

WitchyMail V4.2 (ベースライセンス)

ソフトウェア製品本体の「ベースライセンス」に加え、必要なユーザ数分の追加ユーザライセンスを積み上げて購入いただきます。新しいライセンス体系の詳細は「ライセンスの考え方」をご参照ください。

【購入例】ユーザ数が1200の場合は、以下の製品が記載数量だけ必要です。

  • WitchyMail V4.2 × 1 (ベースライセンス、必須)
  • WitchyMail V4.2 追加ユーザライセンス(1000) × 1
  • WitchyMail V4.2 追加ユーザライセンス(100) × 2
単位は(円、税別)
型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL4663-101 WitchyMail V4.2 240,000 3,000

WitchyMail V4.2 (追加ユーザライセンス)

  • *定義された「追加ユーザ数」だけWitchyMailの基本機能を利用可能にします。
    システムに登録するアカウント数に応じて、必要数だけご購入ください。
単位は(円、税別)
型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL4663-102 WitchyMail V4.2 追加ユーザライセンス(10) 30,000 400
UL4663-112 WitchyMail V4.2 追加ユーザライセンス(100) 255,000 3,200
UL4663-122 WitchyMail V4.2 追加ユーザライセンス(500) 1,200,000 15,000
UL4663-132 WitchyMail V4.2 追加ユーザライセンス(1000) 2,250,000 28,200
UL4663-142 WitchyMail V4.2 追加ユーザライセンス(3000) 3,600,000 45,000

WitchyMail V4.2 携帯オプション

  • *携帯電話からのWitchyMailの利用を可能にします。
    基本機能ユーザ数と同ユーザ数分の追加ユーザライセンスが必要です。
単位は(円、税別)
 型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL4663-103 WitchyMail 携帯オプション V4.2 追加ユーザライセンス(10) 3,000 300
UL4663-113 WitchyMail 携帯オプション V4.2 追加ユーザライセンス(100) 25,500 400
UL4663-123 WitchyMail 携帯オプション V4.2 追加ユーザライセンス(500) 120,000 1,500
UL4663-133 WitchyMail 携帯オプション V4.2 追加ユーザライセンス(1000) 225,000 2,900
UL4663-143 WitchyMail 携帯オプション V4.2 追加ユーザライセンス(3000) 360,000 4,500

WitchyMail V4.2 LDAPオプション

  • *共有アドレス帳のLDAP連携、ユーザ認証時のLDAP連携を可能にします。
    基本機能ユーザ数と同ユーザ数分の追加ユーザライセンスが必要です。
単位は(円、税別)
型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL4663-104 WitchyMail LDAPオプション V4.2 追加ユーザライセンス(10) 3,000 300
UL4663-114 WitchyMail LDAPオプション V4.2 追加ユーザライセンス(100) 25,500 400
UL4663-124 WitchyMail LDAPオプション V4.2 追加ユーザライセンス(500) 120,000 1,500
UL4663-134 WitchyMail LDAPオプション V4.2 追加ユーザライセンス(1000) 225,000 2,900
UL4663-144 WitchyMail LDAPオプション V4.2 追加ユーザライセンス(3000) 360,000 4,500

WitchyMail V4.2 追加アカウントオプション

  • *管理者が指定した以外のPOP/IMAP、SMTPサーバのメール送受信を可能にします。
    基本機能ユーザ数と同ユーザ数分の追加ユーザライセンスが必要です。
単位は(円、税別)
型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL4663-105 WitchyMail 追加アカウントオプション V4.2 追加ユーザライセンス(10) 3,000 300
UL4663-115 WitchyMail 追加アカウントオプション V4.2 追加ユーザライセンス(100) 25,500 400
UL4663-125 WitchyMail 追加アカウントオプション V4.2 追加ユーザライセンス(500) 120,000 1,500
UL4663-135 WitchyMail 追加アカウントオプション V4.2 追加ユーザライセンス(1000) 225,000 2,900
UL4663-145 WitchyMail 追加アカウントオプション V4.2 追加ユーザライセンス(3000) 360,000 4,500

WitchyMail V4.2 Lite​Accessオプション

  • *ナローバンドでのメール送受信を可能にします。
    基本機能ユーザ数と同ユーザ数分の追加ユーザライセンスが必要です。
単位は(円、税別)
型番 製品名 希望小売価格 月額標準サポート料金
UL4663-106 WitchyMail Lite​Accessオプション V4.2 追加ユーザライセンス(10) 3,000 300
UL4663-116 WitchyMail Lite​Accessオプション V4.2 追加ユーザライセンス(100) 25,500 400
UL4663-126 WitchyMail Lite​Accessオプション V4.2 追加ユーザライセンス(500) 120,000 1,500
UL4663-136 WitchyMail Lite​Accessオプション V4.2 追加ユーザライセンス(1000) 225,000 2,900
UL4663-146 WitchyMail Lite​Accessオプション V4.2 追加ユーザライセンス(3000) 360,000 4,500

【備考】

  • *本製品で定義するユーザ数とは、登録するメールアカウントの数です。
  • *表示価格に消費税は含まれておりません。
  • *本価格表記載内容につきましては、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  • *上記保守サービスに含まれる内容は、保守期間中のレスポンスサービス(問い合わせ対応)やライセンスサービス(バージョンアップ・リビジョンアップの提供)などです。
  • *月額標準サポート料金は、初年度より必要になります。
  • *サポートパック(PPSupportPack)のご購入による保守手配をご希望の場合には、お問い合わせください。
  • *アカデミックライセンスに関しては、お問い合わせください。
  • *2010年4月のライセンス体系変更前にご購入されたお客様のオプション追加、ユーザ数追加、保守更新などついては、弊社担当営業までお問い合わせください。

>>>V4.3の価格情報はこちら

WitchyMailのライセンス体系が変わりました!
ユーザ数固定型から、ユーザ数追加型へ。

より導入しやすいように、WitchyMailのライセンス体系を2010年4月に見直しました。

ユーザ数固定型の旧ライセンス体系では、提供されていたレンジのユーザ数を少し上回る登録アカウント数の場合には、一つ上位レンジのユーザ数のライセンスを購入する必要があり、未使用ユーザ分も導入コスト・維持コストが発生する場合がありました。

ユーザ数追加型の新ライセンス体系では、最小ユーザ数の単位を下げることで必要なアカウント数に近いユーザ数を設定することができるようになりました。このため、初期導入時は適用範囲を限定するなど少ないユーザ数で導入し、拡張時に不足するユーザ数分の追加ユーザライセンスを追加購入することも可能です。

  • *既にご利用中のお客様のオプション追加方法、ユーザ数追加方法、保守費用などについては、別途お問い合わせください。

ライセンスの考え方

WitchyMailベースライセンスの他に追加ユーザライセンスが必要です。ユーザ数の合計が登録アカウント数以上になるように、追加ユーザライセンスを積み上げてご購入ください。

【ユーザ数固定型】(旧体系):WitchyMailライセンス(ユーザ数固定型)+各オプションライセンス(ユーザ数固定型) → 【ユーザ数追加型】(新体系):WitchyMail本体ライセンス+追加ユーザライセンス+各オプションの追加ユーザライセンス

また、WitchyMailの各オプションを購入する場合には、WitchyMail基本機能と同ユーザ数の各オプションの追加ユーザライセンスをご購入いただく必要があります。

  • *既にご利用中のお客様のオプション追加方法、ユーザ数追加方法、保守費用などについては、別途お問い合わせください。

今まで以上に細かいユーザ数で購入が可能

ユーザライセンスの最小単位を引き下げたため、必要なアカウント数に近いユーザ数のご購入が可能になりました。

(例)登録アカウント数が1200の場合:従来は細かなライセンス購入ができなかったため、登録アカウント数が1200であっても上位レンジの2000Uライセンスを購入する必要がありました。


ページの先頭へ戻る