ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WitchyMail
  4. 特長/機能
  5. オプション・連携機能
ここから本文です。

WitchyMail - オプション・連携機能

これまでにない便利さで、より使いやすく。

メールソフトを超えるさまざまな便利機能や連携機能を搭載。この使いやすさでビジネスを強力に支援します。Webメールならではの「使える」感触を、利用者/管理者ともに実感いただけます。

LiteAccessオプション

ネットワーク環境やブラウザ種別に依存しないインターフェースを提供し、どこでもメールコミュニケーションが可能になります。また、視覚障害者向け読み上げソフトにも対応することが可能です。

携帯オプション

携帯電話のWeb機能からもWitchyMailにアクセスできるようになります。外出先からのメールチェック・送信が可能になります。対応キャリアは、docomo、au、SoftBankです。

LDAPオプション

LDAPサーバとの連携ができます。共有アドレス帳の連携も可能です。また、ユーザ情報(メールアドレス、SMAPサーバ、POPサーバなどのユーザ個別の設定)をLDAPサーバで集中管理できます。

追加アカウントオプション

ユーザ毎に、管理者が指定したメインアカウント以外のメールアドレス・メールアカウント、POP/IMAPサーバ・SMTPサーバでメール送受信が可能になります。
このオプションにより、複数のメールアドレスを利用する場合でも複数のブラウザを開く必要がなく、同一ブラウザ内で一括管理ができます。

携帯端末認証製品との連携

UBIQPASSの機能により、パスワード認証に加えて、携帯端末の固有IDの認証を行うことで、携帯電話からのWitchyMailへのログインをよりセキュアにすることができます。

グループウェアとの連携

グループウェア製品と連携し、メール機能をWitchyMailへ置き換え可能です。シングルサインオンでメールが使用可能であり、ユーザにWebメールへのログインを意識させません。

※画面イメージはサイボウズ ガルーン2との連携になります

ポータル製品との連携

ポータル製品と連携し、ポータル製品に不足しているメール機能をWitchyMailで補完可能です。シングルサインオンでメールが使用可能であり、ユーザにWebメールへのログインを意識させません。

※画面イメージはWillCommunity2.0/EIPとの連携になります

リモートアクセス製品との連携

SSL-VPN装置の機能を利用し、セキュアなリモートアクセスを確保できます。ユーザの作業はOSとは完全に独立した仮想デスクトップ環境に閉じられているため、添付ファイルの消し忘れがあっても情報漏えいの危険はありません。キーロガーへの対策も万全です。

メール暗号化システムとの連携

AddPoint/SAなどの暗号化システムを経由して暗号化されたメールを送信することができます。
(暗号化システムとの連携の是否、暗号化システムのIPアドレスとポート番号の設定を、システム管理上であらかじめしておくことが前提です。)

スパム判定エンジンとの連携

スパム判定エンジンが判定したスパムメールを、WitchyMailサーバ上で迷惑メールフォルダへあらかじめ振り分けたり自動的に削除したりすることができます。クライアント側でスパムを削除する必要がなくなるので、セキュリティ面の向上のほか、ネットワーク/クライアント負荷の低減につながります。


ページの先頭へ戻る