ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WitchyMail
  4. 特長/機能
  5. セキュリティおよびシステム管理・運用
ここから本文です。

WitchyMail - セキュリティおよびシステム管理・運用

ビジネスメールに必須の強固なセキュリティ機能

WitchyMailは、データを一元管理して、シンクライアント化することにより、情報漏えいリスクを低減させるWebメールです。端末やキャッシュにデータが残らないので、端末の紛失・盗難時の情報漏えいを防止できます。その安心に加えて、誤送信防止機能や迷惑メールの自動振り分け機能など、さらにセキュアな機能が満載です。

誤送信防止機能

システム・グループごとに誤送信防止ポリシーが設定可能。この誤送信防止機能によりセキュリティレベルの向上と運用負荷の軽減が期待できます。

迷惑メール振り分け機能

昨今、スパムに攻撃プログラムが忍び込ませてあるケースが増えていますが、条件を設定して迷惑メールをサーバ側で自動的に振り分けることが可能です。既存のスパムフィルタリング製品と連携して動作します。

イメージブロック

HTMLメールのイメージを自動的に表示させない機能です。メールアドレスやIPアドレスなどの収集を防ぎ、メールセキュリティをさらに向上できます。

アカウントロック

ユーザが休職・出向などで一時的にシステムを利用しなくなる場合、一時的にアカウントを無効化・ログインできなくすることによって、セキュリティの向上が期待できます。

送信プレビュー

送信前に宛先、CC、BCCを本文とともに一覧表示。送信前にメールの内容を再度確認することで、誤送信の防止につなげます。

ユーザポリシー設定・制御

ユーザグループ毎にメールの利用ポリシーを設定可能。セキュリティレベルの向上や運用負荷軽減を実現します。
グループ別設定

  • HTMLのテキスト表示
  • メール削除時の確認ダイアログ表示
    グループ別機能制御
  • 添付ファイルのアップロード/ダウンロード制御
  • フォルダの作成・編集・移動・削除制御

メールデータのインポート・エクスポート

メールデータは、eml形式でローカルディスクにダウンロードすることが可能です。またeml形式のメールデータをWitchyMailにインポートすることも可能です。もちろん、管理者によりインポート・エクスポート機能は制御することができます。

サーバ内のデータはすべて暗号化

情報を守るシステムとして、より強固なセキュリティ設計が施されています。サーバ内のメールデータ、ユーザのアドレス帳データをすべて暗号化して保存しています。加えて、WitchyMailを閲覧する際に使用するWebブラウザのキャッシュにも閲覧データを残しません。

ディスク使用容量監視機能

ユーザそれぞれに与えられたディスク容量のうち、システム側で設定した閾値を超えた場合に、自動的に警告を促すことができます。ユーザ個々がディスク容量を意識し管理できるので、ディスク容量を効率的に使え、ディスクのプランニングに役立てることもできます。また管理画面から容量があふれそうなユーザの一覧を確認することもできます。

管理画面/運用管理者用Webベース管理ツール

Webベース管理ツールで運用管理が可能です。

  • 各WitchyMailサーバのリソース状況
  • ユーザ管理
  • 運用ログ、統計情報の閲覧・採取
  • WitchyMailの環境設定
  • 管理者設定
  • ライセンス管理
  • ディスク使用容量警告
  • 共有アドレス帳の管理
  • 組織アドレス帳の管理


ページの先頭へ戻る