ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WitchyMail
  4. 特長/機能
  5. メール操作機能
ここから本文です。

WitchyMail - メール操作機能

メールの基本機能を、よりカンタンに。

Webメールだからといって、特別な知識や操作方法を覚える必要はありません。これまでのメールソフトを使ったことがある人なら、直感的に使えるWitchyMail。さらに、Webメールならではの便利な機能をふんだんに追加しています。

豊富なアドレス帳機能

会社名、組織名、住所、電話番号など、メールアドレスを管理する上で必要な項目を入力し管理が可能。
また、V4.1より個人アドレス帳にグループ機能を搭載。オリジナルグループを作成し、所属するメールアドレス宛に一斉メール送信が可能に。
V4.2より組織アドレス帳機能を追加。管理者が登録した組織階層を手繰りながらメールアドレスを探したり、指定した組織配下のみを対象にメールアドレスを検索することが可能に。
ますます便利なアドレス帳管理を実現できます。

分割メール送受信

分割メールの送受信に対応。環境によって送受信メールのサイズ制限をしているようなケースであってもスムーズにメールを送受信できます。送信時に自動的に分割することはもちろん、受信時に分割で送られてきたメールの復元もできます。

自動振り分け機能

WitchyMailサーバ側でメールの振り分け処理を実施。携帯版、Lite​Access版でも自動的にメールを振り分けることが可能です。

ファイルのドラッグ&ドロップ添付

添付ファイルはドラッグ&ドロップすることで添付が可能。従来のメーラと同様の軽快な操作です。また添付したファイルを参照することもできます。

マーカー設定と未読既読変更

メールの種別や重要度をひと目で判断できるように、マーカー機能を搭載。5つまでマーカーを設定することが可能です。また、既読メールを未読に変更することも可能です。

ご覧いただけない方は、最新バージョンのFlash Playerプラグインをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASHPLAYER

開封通知を送信

重要な内容のメールによく付加されるのが開封通知。WitchyMailでは、開封通知にも対応しています。もちろん、受信時だけでなく、送信時にも開封通知リクエストを入れるかどうかを設定できます。

アドレス帳のグループ選択と複数シグネチャ登録

アドレス帳にグループを登録しておくと、リストからクリックするだけで複数のアドレスを選択することができます。また、シグネチャ(署名)も用途に合わせて複数作成することが可能になりました。

ダブルクリックで別ウィンドウ

メールの内容を見たいときは、受信・送信メール一覧から、目当てのメールをダブルクリックするだけ。別ウインドウで開くから、長い内容のメールもひと目で閲覧できます。

カーソルキーを使って次々にメール閲覧

カーソルキーを使って上のメール・下のメールと移動もラクラク。Webメールでありながら、メールソフトのような操作性です。

ご覧いただけない方は、最新バージョンのFlash Playerプラグインをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASHPLAYER

メールをドラッグ&ドロップ

受信箱からフォルダへ、フォルダから受信箱へ。まるでメールソフトのようにカンタンにドラッグ&ドロップでメールを移動させることができます。フォルダにカーソルを合わせて右クリックをすると、フォルダの追加・フォルダ名変更ができます。

ご覧いただけない方は、最新バージョンのFlash Playerプラグインをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASHPLAYER

別のメールを見ながら新規メールを作成

複数のウィンドウを立ち上げて表示することができるので、たとえば過去のメールを確認しながら、新しいメールを作成するなどの作業もラクラク行えます。

メール作成時のアドレス帳利用

アドレス帳からアドレスを追加するのもドラッグ&ドロップでカンタンです。

ご覧いただけない方は、最新バージョンのFlash Playerプラグインをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASHPLAYER

アドレス帳自動登録機能

入力したアドレスを、送信時自動的にアドレス帳に登録します。1度入力したアドレスならアドレス帳を参照するだけで再選択できます。

ご覧いただけない方は、最新バージョンのFlash Playerプラグインをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASHPLAYER

レイアウト変更

フォルダ一覧・メール一覧・本文をどのように配置するか選択できます。また、フォルダ、件名などの幅を変更することも可能です。ディスプレイの大きさにあわせて使いやすくレイアウトを変更することができます。

画面カラー選択

ページの先頭へ戻る