ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Windows Server
  4. 【特集】 Windows Server 2012
  5. Windows Server 2012 R2 概要
ここから本文です。

Windows Server 2012 R2 概要

WindowsサーバOSの次バージョン「Windows Server 2012 R2」 が、 マイクロソフト社からリリースされました。
NECでは、マイクロソフト社との長年に渡るパートナーシップに基づき、ハードウェア・ソフトウェア・ソリューションの開発や動作検証を行っています。

ここでは、Windows Server 2012 R2 に関する様々な情報をご案内します。

製品の位置づけ

Windows Server 2012 R2 は、Windows Server 2012 をベースに様々な強化が図られた最新のWIndowsサーバOSです。仮想化やクラウドコンピューティングなど、より柔軟で高性能、高信頼なプラットフォーム環境を実現します。

Windows Server 2012 R2 強化概要

Windows Server 2012 R2 では、主にWindows Server 2012で強化された機能に対して、信頼性、性能、使い勝手などを向上し、より多様なシステム形態に対応しています。

強化内容 Windows Server 2012   Windows Server 2012 R2
Hyper-V:
仮想ディスク形式
諸元を拡大し、性能向上、容量縮小対応などを実現した「VHDX形式」を新たに用意。 VM動作中のVHDXサイズ変更が可能。
Hyper-V:
ライブマイグレーション
従来のフェールオーバークラスタ構成に加え、共有ストレージがない構成のライブマイグレーションに対応。 データ圧縮等により性能向上。
旧バージョンHyper-Vからの移行(片方向のみ)。
Hyper-V:
Hyper-V レプリカ
遠隔地への仮想マシンの非同期レプリケーション機能。 3段階レプリケーションに対応 。
同期間隔の選択可(従来は5分固定)。
フェールオーバー クラスタ(WSFC) ゲストOS間クラスタ構成は、iSCSIと仮想ファイバーチャネルで実施。 ゲストOS間クラスタ構成として、新たに「共有VHDXファイル」の形態が追加。
ストレージ:
記憶域プール
複数の物理ストレージを1つのプールにまとめ、OSに自由に割り当てる、ストレージ仮想化機能。 信頼性向上(Dual Parity・・・RAID6相当) 。
再構成(リビルド)の高速化。 SSD+HDD構成での性能向上。
データ重複除去 ファイルデータの重複部分(ブロック)を除去し、データ容量を削減。ただし、一定期間使用していないファイルが対象。 実行中VHD/VHDXファイルの重複除去に対応。
除去処理性能/IO性能向上、データ量削減。
ネットワーク NICチーミング標準対応。 NICチーミング性能強化(負荷分散ロジック変更)。

上記以外にも、きめ細かな強化が多数実施されています。

初心者向けサーバ管理機能「Essentialsエクスペリエンス」

Essentialsエクスペリエンスは、初心者にも分かりやすい画面でオフィスへのサーバー導入や運用、PCの管理ができる機能(役割)です。
本機能は従来はEssentialsエディション固有の機能として提供されていましたが、
Windows Server 2012 R2にて、StandardエディションやDatacenterエディションにも標準搭載され、より多様な環境で利用できるようになりました。
詳細については、こちらの資料をご覧ください。

NEC製品の対応予定

NEC製品のWindows Server 2012 R2への対応予定については、以下のページでご案内します。

その他情報

Windows Server 2012 R2 の詳細情報につきましては、以下のマイクロソフト社サイトをご覧ください。

※Microsoft、Windows、Windows Server、Hyper-V は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
※CLUSTERPRO、WebSAM、SigmaSystemCenter、ESMPRO、InfoCageは、日本電気株式会社の登録商標です。
※その他、本サイトに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。