ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Windows Server
  4. 【特集】 Windows Server 2012
  5. ライセンスの考え方
ここから本文です。

ライセンスの考え方

Windows Server 2012 のライセンスは、OS(インスタンス)を実行するために必要な「サーバーライセンス」と、クライアント(端末または人)がサーバを利用するために必要な「クライアントアクセスライセンス」の組み合わせで定義されます。

サーバライセンスとクライアントアクセスライセンスの図

この考え方自体は、旧来のOSバージョンと同じですが、WIndows Server 2012では、サーバーライセンスがCPU数またはゲストOS数で定義されるなど、旧バージョンからの大きな変更点があります。

ライセンスの考え方の詳細については、以下のドキュメントをご覧ください。

※Microsoft、Windows、Windows Server、Hyper-V は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
※CLUSTERPRO、WebSAM、SigmaSystemCenter、ESMPRO、InfoCageは、日本電気株式会社の登録商標です。
※その他、本サイトに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る