ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM WinShare
  5. FAQ
  6. FAQ(製品全般)
ここから本文です。

WebSAM WinShare - FAQ(製品全般)

製品全般

Q1ライセンスについて教えてください。
A1WinShareはインストールベースのライセンス体系となっていますので、WinShareをインストールするマシン台数分のライセンスをご購入ください。
なお、WinShareでは操作する側を「オペレーションPC」、操作される側を「リモートPC」と呼び、それぞれにライセンスが用意されています。

例えば、操作する側のマシンが「1台」、操作される側のマシンが「5台」の場合は、以下のライセンスをご購入ください。
  • WinShareオペレーション:1ライセンス
  • WinShareリモート:5ライセンス
Q2パッケージの梱包内容を教えてください。
A2WinShareのパッケージには以下のものが内包されています。
【Ver5.1以降】
  • 構成品表
  • ソフトウェアのご使用条件
  • セットアップカード
  • CD-ROM媒体(インストールメディア)
【Ver5.0以前】
  • 構成品表
  • 使用許諾契約書
  • 導入時の注意事項
  • セットアップカード
  • 3.5インチフロッピーディスク(1枚)

※Ver5.0以前のパッケージにはインストールメディアが添付されないため、別途CD-ROM媒体(Express Server Startup)を購入いただく必要があります。
Q3各バージョンでの強化内容を教えてください。
A3
Q4お試し版と製品版の違いは何ですか?
A4お試し版は、60日間の試用期限が設定されています。
試用期限が設定されている以外は、製品版と機能的な違いはありません。
なお、製品版を上書きインストールすることでお試し版の設定を引き継ぐことが可能です。
  • オペレーションPCの試用期限が過ぎた場合、リモートPCに接続できなくなります
  • リモートPCの試用期限が過ぎた場合、オペレーションPCから接続できなくなります。
Q5WinShareとClientManagerバンドル版WinShareの違いは何ですか?
A5WinShareにはクリップボード転送機能が用意されていますが、ClientManagerバンドル版のWinShareには存在しません。
なお、ファイル転送機能はClientManagerに用意されています。

ページの先頭へ戻る