ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM WinShare
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM WinShare - 機能詳細

機能詳細

遠隔地にあるPCやサーバーのリモート操作

オペレーションPC(操作する側)からリモートPC(操作される側)に接続し、オペレーションPCのマウスやキーボードを用いてリモートPCを簡単にリモート操作できます。
Ctrl-Alt-Delコマンドの送信やクリップボードデータの送受信、ファイル転送などリモート操作に必要な機能を備えています。

画面イメージ

遠隔からの電源制御

リモートPCがインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)に対応※している場合、オペレーションPCからリモートPCに対して電源制御(電源ON/OFF/リセット)を行うことが可能です。
また、リモートPCがWake On LANに対応している場合、Wake On LANにてリモートPCの電源ONを行うことも可能です。
この機能を用いることで、停止しているリモートPCを遠隔から起動するといったことが実現できます。
※インテル® AMT 6.0以降がサポート対象となります。

運用イメージ

通信内容の暗号化

リモート操作に関する通信内容を暗号化することが可能です。
独自にVPNなどを構築しなくとも通信内容の傍受や盗聴といった脅威を心配する必要はありません。

運用イメージ

リモート操作時のユーザー認証/アクセスホスト制御

リモート操作接続の許可をユーザーやホスト毎に設定することが可能です。
認証情報を持たないユーザーや、アクセスホストとして登録されていないマシンからのリモート接続は一切受け付けません。
・ユーザー認証
リモート接続時にユーザー名とパスワードによる認証を行う設定が可能です。
また、ユーザー毎に許可する操作モードを設定したり、電源制御を許可するか、通信内容を暗号化するかといった設定を行えます。
・アクセスホスト制御
リモート接続を許可するホストを登録しておき、登録されているホストからの接続のみ許可するという設定を行うことが可能です。

運用イメージ

接続先マシン情報のインポート/エクスポート

リモート操作対象のマシンをわかりやすいツリー形式で管理することが可能です。
オペレーションPCに登録した接続先管理情報はインポート/エクスポートすることができ、他のオペレーションPCへも容易に展開可能です。

運用イメージ

操作権限の設定 (操作可能/閲覧のみ)

リモート操作時には以下の3つの中から任意の操作モードを選択することができるため、例えばリモート操作中はリモートPC側での操作を禁止させるといった使い方が可能です。
・通常操作
オペレーションPC(操作する側)、リモートPC(操作される側)ともに操作することが可能なモードです。
・リモート操作監視
オペレーションPC側からの操作は受け付けず、リモートPC側でのみ操作することが可能なモードです。
・リモート操作抑止
リモートPC側の操作を抑止して、オペレーションPC側でのみ操作することが可能となるモードです。

運用イメージ

利用回線に応じた転送方式の指定

転送データの圧縮/非圧縮や壁紙表示の有無、色数の設定(白黒表示)など、リモート操作時のネットワーク負荷に関わる設定を柔軟に変更可能です。
そのため、公衆回線やISDNといった通信速度が遅い環境でも快適にご利用いただくことが可能です。

画面イメージ

共有画面領域の範囲指定

リモート操作時にオペレーションPC側に共有する画面領域を指定することが可能です。
特定の画面領域のみを共有できるため、オペレーションPC側に参照させたくない情報が画面に表示される様な場面でもお使いいただけます。
・接続開始時に共有領域を指定する
リモート操作が行われる都度、共有画面領域を指定することができます。
リモート操作要求を受けたリモートPC側のユーザーが下記3つの設定の中から選択します。
・全画面を共有する
リモートPC側の画面全体をオペレーションPC側に表示します。
・共有する矩形領域を指定する
オペレーションPC側に表示させる画面を座標で指定します。
・指定したウィンドウを共有する
リモートPC側で指定したウィンドウのみをオペレーションPC側に表示します。

画面イメージ

リモート操作画面上へのお絵描き機能

リモート操作中の共有画面上にフリーハンドで絵や文字を描けるNAVIPAD(透明ボード機能)を備えています。
描いた絵や文字はオペレーションPC側、リモートPC側の双方に表示されるため、遠隔地のユーザーに対する支援やトレーニング時により的確な説明や指示を行うことが可能になります。

画面イメージ

ユーザーの操作を伴わないサイレントインストール

インストール時の設定項目をあらかじめ設定したインストールセットを作成することが可能です。
そのインストールセットをリモートPC上で実行することでユーザー操作を伴わずにWebSAM WinShareを簡単にサイレントインストールできます。

運用イメージ

ページの先頭へ戻る