ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM vDC Automation/Network Automation
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM vDC Automation/Network Automation - 機能詳細

WebSAM vDC Automation - 機能詳細

ICTリソースのオーケストレーションに加えて、モニタリングなどの、クラウド運用全体を自動化する機能を提供。

機能 機能概要
リソースプール管理 仮想CPU、仮想メモリなどの仮想マシンを構成する仮想リソースやディスク領域、IPアドレス(※1)、VLAN ID (※1)等のICTリソースをマルチテナントを意識してプール化。
各プール単位で、リソースの総量、使用量、未使用量、予約済み量などを管理可能。
プロビジョニング/オーケストレーション 仮想マシンのプロビジョニングリクエストに対して、要求されたスペックに応じた最適な物理マシンの配備先を、リソースプールから自動的に判断し、サーバ、ストレージ、ネットワーク(※1)を含めたプロビジョニングを実行。
NEC内で動作検証済みのプロビジョニングシナリオを提供。サーバ監視も同時に設定でき、監視単位ごとに、監視の開始・停止をスケジュールで制御可能。
また、「UNIVERGE PFシリーズ」との連携により、OpenFlowネットワークも含めたネットワークプロビジョニングの自動化が可能。※1
モニタリング <管理者向け>
管理者向けに、ハイパーバイザ、仮想マシンの障害監視機能を提供。また、サービス利用者向けにも仮想マシンのパフォーマンス情報を収集、蓄積して参照が可能。
<サービス利用者向け> (オプション)
監視機能をSaaS提供。払い出した仮想マシンについて、サービス利用者が、稼働状況、メッセージ、syslog/イベントログ/APログ管理、パフォーマンスの監視内容をカスタマイズして利用可能。
ソフトウェアリポジトリ <管理者向け>
仮想サーバの構築に必要なVMテンプレート、OSパッチ、ミドルウェアを一元管理して、複数/分散環境でのデータセンター間で共有可能。
性能分析 (オプション) NEC独自のインバリアント分析技術により、閾値監視では発見が困難なサイレント障害を自動検知するための性能分析機能を提供。

※1 本機能を利用するためには、WebSAM vDC Automation ネットワークデバイスライセンスが必要です。

リソースプール管理

既存資産も含めたマルチベンダ環境のサーバ、ネットワーク、ストレージなどの各種ICTリソースを、「リソースプール化」して一元管理します。
ICTリソースの利用状況(予約済み/未使用/実利用等)の管理を自動化し、リアルタイムに空き状況を把握できるため、利用効率を向上させ、在庫を最小化することが可能です。

また、リソースプールを、部門や業務ごとに分割して利用できる「サブリソースプール」機能も提供。リソースプールの一定範囲を上限とする管理権限により、あたかも部門ごとにICTリソースを保有しているような、柔軟で実践的なクラウド環境の運用を実現します。

プロビジョニング/オーケストレーション

単に仮想マシンの構築や物理マシンの割当てを行うだけでなく、ストレージ割当て、ネットワーク設定から、アプリケーションのインストールや監視設定まで、実際に業務でその仮想マシンを利用するのに必要な一連の設定を自動化します。
このためICTリソースの管理者が設定等の作業をすることなく、切り出しと同時に利用者が業務利用を開始することも可能です。

さらに、NECで検証済みのプロビジョニングシナリオ(自動化の手順)の標準提供により、実用的な構成シナリオをすぐに利用できます。このシナリオはGUIによる編集機能で業務に合わせて簡単にカスタマイズできます。

また、マルチベンダ環境のストレージ機器(NetApp、EMC等)、ネットワーク機器(Fortinet、Cisco、A10ネットワークス等)のプロビジョニングについても対応しています。
(サポート機種はこちら)

図版:オーケストレーションプロビジョニング

いち早くSDNの概念を取り込み、ネットワークを含めたクラウド運用を自動化

仮想サーバの払出しや移設に伴うネットワーク設定変更作業の負荷は、構成変更が頻繁に行われるクラウド環境では深刻な課題となっています。
WebSAM vDC Automation/Network Automationは、クラウド基盤製品としていち早く、ソフトウェアでネットワークを制御するSDN(Software-Defined Networking)の概念を取り込み、NECのOpenFlow技術を実装した「UNIVERGE PFシリーズ」との連携によって、仮想サーバと仮想ネットワークの集中制御を実現。これにより、サーバ、ストレージに加えて、ネットワークの構築、運用までも自動化し、サービス提供までの時間短縮と運用管理者の管理負担を低減します。

利用者からの仮想サーバ払出し要求に応じて、予め定義したポリシーに従って、リソースプールから仮想リソースを自動的に割当てます。OpenFlowコントローラ「UNIVERGE PF6800」を介してテナントごとに、仮想ネットワークを生成し、OpenFlow対応スイッチの設定を自動化。さらに、仮想化機能を持つファイアウォールやロードバランサの設定、仮想サーバ生成、ストレージ割当てを、事前に設定したシナリオにより自動化します。

また、SDNコントローラ「UNIVERGE PF6800 Network Coordinator」との連携により、複数データセンター間のネットワークをSDN化することで、地域を越えたデータセンター間でのリソース融通や、災害・障害時のディザスタリカバリ運用の自動化が可能となり、機器や運用コストを削減できます。

図版:シナリオに従い、仮想サーバと仮想ネットワークを集中制御シナリオに従い、仮想サーバと仮想ネットワークを集中制御

モニタリング

仮想マシン上に構築した業務システムも含めて、クラウドシステム全体を統合監視する機能を提供。サイレント障害の検知や影響範囲の特定、対処の自動化等、多様な監視機能によりダウンタイムを最小化し、基幹システム利用に求められる高可用性の実現を支援します。

ソフトウェアリポジトリ

広域に分散して設置されたデータセンターでは、仮想サーバ構築に必要なVMテンプレートやOSパッチ、ミドルウェア等を、データセンターごとに管理する必要があり、パッチのアップデート等、日々の管理作業が、管理者にとって負担となっています。
これらのソフトウェアを、ソフトウェアリポジトリ(共有ストレージ)に集中化して一元管理し、広域、分散データセンター間で共有できます。これにより、ソフトウェアを1回登録すれば、どのデータセンターからでもプロビジョニングができ、管理者の管理コストを削減することができます。

性能分析(オプション)

クラウドシステム全体の性能情報を自動的に取得し、リアルタイムに性能分析を行うことができます。数値としての性能情報を入力するだけで自動分析できるため、性能分析のための特別な知識や複雑な設定が不要となり、システム管理者の負担を低減します。

NEC独自のインバリアント分析技術によって性能分析することで、従来の閾値などによる障害監視では見つけにくかった性能劣化などのサイレント障害を検知することができます。さらに、サイレント障害の原因となっている要素と影響範囲を、円グラフやマップでわかりやすく表示します。これにより、原因分析にかける時間を大幅に短縮できます。

WebSAM Network Automation - 機能詳細

ネットワークリソースのオーケストレーションに限定した機能を提供。OpenFlowと既存ネットワークが混在したシステムにおいて、SDNを活用したネットワーク構築・運用の自動化を実現します。既に、マルチベンダ環境でITリソース運用を行っているシステムにも導入可能です。

機能 機能概要
リソースプール管理 仮想ロードバランサ、仮想ファイアウォールなどの仮想アプライアンスや、IPアドレス、VLAN ID等のネットワークリソースをプール化。プール単位で、リソースの総量、使用量、未使用量、予約済み量などを管理可能。
プロビジョニング
/オーケストレーション
L2スイッチ、ファイアウォール、ロードバランサのVLAN割当て、フィルタのポリシー設定、ユーザ認証設定など、業務利用に必要な一連のネットワーク設定を自動化。OpenFlow技術を活用した「UNIVERGE PFシリーズ」との連携により、複数のデータセンター間のネットワークプロビジョニングの自動化が可能。

ページの先頭へ戻る