ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SystemManager G
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
  7. 対処、制御
ここから本文です。

WebSAM SystemManager G - 対処、制御

リカバリ

障害等で特定のメッセージが発生した場合に、メッセージフィルタに対しあらかじめ登録された設定で、対象となるサーバに対しコマンド実行が可能です。

イメージ図

ナレッジ 【BusinessView Option】

従来のシステムは、システムで「何が発生したか?」を通知するだけでしたが、運用の局面では、「何をすべきか?」となります。 ナレッジ機能では既知のイベントに対し、対処方法を文字だけでなく、写真や図面付きで運用者に表示することができ、対処方法把握のための問い合わせ削減や復旧までの時間短縮が図れます。

イメージ図

コマンド投入制御 【Operations Option】

時刻、または特定のメッセージの発生を契機に、もしくはオペレータの操作によって、あらかじめ定義しておいたアクションを発行する機能です。
本機能によって、シナリオ制御機能ほどの複雑な設定、操作を必要とせず、シンプルな操作でManager/Agent上のコマンドを実行することが可能です。また、複雑なコマンド操作をオペレーションとして定義することにより、コマンドの投入ミスを防ぐことができます。定義されたオペレーションは、オペレータの手動実行以外にも、特定の内部イベントや、スケジューラ、タイマを契機として実行させることができます。オペレーション中のコマンドは、シリアル/パラレルに実行させたり、複数のAgentで並行して実行させることも可能です。

イメージ図

ワークフロー制御 【Workflow Option】

メッセージやスケジュールなどのイベントにより、1日の業務がスケジュール通りに実行されているかを監視することができます。また、イベントを契機にコマンドやメッセージ発行できますので、各業務の処理フローを定義することで、業務の自動化を実現します。

イメージ図

ページの先頭へ戻る