ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SystemManager G
  5. 特長/機能
ここから本文です。

WebSAM SystemManager G - 特長/機能

WebSAM SystemManager Gの特長

WebSAM SystemManager Gは、監視運用サイクル(迅速な障害検知、原因・影響範囲の把握、早急な対処)を迅速に回すことによりシステムのダウンタイムを最小化。システムの安定稼働と効率的な運用を実現します。

イメージ図

迅速な障害検知

監視画面で通知するだけでなく、関係者へのメールや回転灯の鳴動により遠隔地にも通報することで対処への初動を加速します。

障害箇所の見える化

検知した障害をリアルタイムに監視画面上にグラフィカルに表し、障害の状態・重要性を一目瞭然で認識、システム復旧までの時間を短縮します。

適切な対処方法のナビゲート

既知障害に対する対処方法をイベントと紐づけて、何をしたらよいかを即時に把握。文字だけでないグラフィカルな対処方法表示により、スムーズな対処を支援します。

対処の自動化

障害イベントをトリガに、既知障害に対する自立復旧を実現。ダウンタイムの最小化が図れます。

多彩なオプションにより監視要件に合わせたステップアップが可能

SystemManager G はサーバ監視に必要な機能をALL in Oneで備えています。
ログ、プロセスや性能情報といった基本的なサーバ監視の機能をベースとしています。
監視対象の拡大(アプリケーション、ミドルウェア、サービスレスポンス、ハイパーバイザ)や運用をより効率的・高度化する場合、追加でオプション機能を柔軟に組み合わせることが可能です。
オプション機能は追加で製品をインストールすることなくライセンス追加のみで利用が可能です。

下図のようにシンプルな監視からオプション機能を積み上げることで、分散環境の集中監視やオンプレミスとパブリッククラウドを合わせたハイブリッド環境の統合監視も可能となります。

イメージ図

ページの先頭へ戻る