ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SystemManager
  5. 製品体系/価格
  6. システム構成
ここから本文です。

WebSAM SystemManager - システム構成

製品構成

マネージャ

エージェントが収集した情報を統合して管理するモジュールです。

エージェント

インストールしたサーバのログ監視、性能監視、プロセス監視などを行うモジュールです。

監視端末

GUI上でマネージャが収集した情報の閲覧、監視対象エージェントへの監視設定を行うモジュールです。

必須ソフトウェア

Windowsマネージャ マネージャ二重化時 CLUSTERPRO X、またはMicrosoft Failover Cluster(MSFC/WSFC)
HP-UXマネージャ マネージャ二重化時 MC/ServiceGuard
Linuxマネージャ マネージャ二重化時 CLUSTERPRO X

パトライトについて

パトライト通報機能は、以下のパトライト社製品に対応しています。
パトライトの製品仕様につきましてはパトライト社のWebサイトをご確認ください。

シリアル接続タイプ PHE-3FB-RYG
PHE-3FBE1-RYG
PHE-3FB2-RYG (※1)
PHC-100A
PHC-D08
LAN接続タイプ NHE-3FB-RYG
NHC-3FB-RYG
NHM-3FB-RYG
NHS-3FB1-RYG
NHP-3FB1-RYG
NHL-3FB1-RYG
  • ※1 PHU互換モードでの動作には対応しておりません。

データベースについて

WebSAM SystemManagerで以下を実現するためにはデータベースを利用する必要があります。

  • 構成情報をデータベースで管理する場合

システム構成例

【構成例1】 基本構成(標準機能利用)

マルチベンダ、マルチプラットフォーム環境のサーバからOS、ネットワーク(※)を監視します。

構成

管理サーバ Windows×1台
管理対象サーバ Windows×3台、HP-UX×2台
ビューア Windows×1台

構成図内の1~4の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for Win/Linux 1 管理サーバにマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for Win/Linux 4 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。管理サーバにもエージェントを搭載する為、合わせて4台分のライセンスが必要です。 Windows及びLinuxが対象となります。
3 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for HP-UX/Solaris/AIX 2 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。合わせて2台分のライセンスが必要です。 HP-UX、Solaris及びAIXが対象となります。
4 WebSAM NetvisorPro (50ノード版) 1 ネットワーク監視、監視対象サーバの死活監視(Ping監視)およびSNMPTrapの監視のため。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):1,293,200円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例2】 マネージャがクラスタ構成の場合(標準機能利用)

マネージャを2ノードActive-Stanby構成とすることでミッションクリティカル性を要求される環境でも 監視を継続できます。

構成

管理サーバ Windows×2台(クラスタ構成)
管理対象サーバ Windows×3台、HP-UX×2台
ビューア Windows×1台

構成図内の1~5の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for Win/Linux 2 管理サーバ2台(稼動系/待機系)にマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) for Win/Linux 1 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。管理サーバにもエージェントを搭載する為、合わせて5台分のライセンスが必要です。Windows及びLinuxが対象となります。
3 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) HA Option for Win/Linux 1 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号2のエージェントライセンスと同数の5台分必要です。
4 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for HP-UX/Solaris/AIX 2 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。合わせて2台分のライセンスが必要です。HP-UX、Solaris及びAIXが対象となります。
5 WebSAM SystemManager  Agent(1ライセンス) HA Option for HP-UX/Solaris/AIX 2 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号4のエージェントライセンスと同数の2台分必要です。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):1,295,600円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例3】 マネージャ/エージェント共にクラスタ構成の場合

2ノードActive-Stanbyの監視対象サーバの監視をします。
論理エージェントはエージェントライセンスのみでご利用いただけます。

構成

管理サーバ HP-UX×2台(クラスタ構成)
管理対象サーバ Windows×3台、HP-UX×4台(クラスタ構成)
ビューア Windows×2台
  • 管理対象サーバ(HP-UX)が2ノードクラスタ構成。
  • 論理エージェントを使用いただいても追加のライセンスは発生しません。

構成図内の1~5の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for HP-UX/Solaris 2 管理サーバ2台(稼動系/待機系)にマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) for HP-UX/Solaris/AIX 1 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。管理サーバにもエージェントを搭載する為、合わせて6台分のライセンスが必要です。HP-UX、Solaris及びAIXが対象となります。
WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for HP-UX/Solaris/AIX 1
3 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) HA Option for HP-UX/Solaris/AIX 1 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号2のエージェントライセンスと同数の6台分必要です。
WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) HA Option for HP-UX/Solaris/AIX 1
4 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for Win/Linux 3 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。合わせて3台分のライセンスが必要です。Windows及びLinuxが対象となります。
5 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) HA Option for Win/Linux 3 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号4のエージェントライセンスと同数の3台分必要です。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):3,135,800円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例4】 MCOperationsへのアップグレード(マネージャクラスタ構成)

上位製品であるWebSAM MCOperationsにアップグレードしていただくことで、より多くの機能をご利用いただくことが可能です。

構成

管理サーバ HP-UX×2台(クラスタ構成)
管理対象サーバ Windows×60台、Linux×20台
ビューア Windows×1台
  • 管理対象サーバ(Linux)に対し、オペレーション制御機能を使用するためMCOperationsへアップグレードを行う。

構成図内の1~6の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM MCOperations View 2 マネージャ二重化時、稼動系/待機系各々のマネージャにライセンス登録が必要なため1台あたり2つ分必要です。
2 WebSAM MCOperations Base Manager(アップグレードライセンス) for HP-UX 2 管理サーバ2台(稼動系/待機系)にMCOperations Base Managerへのアップグレードライセンスが必要です。
3 WebSAM MCOperations Operations Manager for HP-UX 2 オペレーション制御機能のマネージャ ライセンスです。管理サーバ2台(稼動系/待機系)分のライセンスが必要です。
4 WebSAM MCOperations Base Agent(20アップグレードライセンス) for Win/Linux 1 MCOperations Base Agentへのアップグレードライセンスです。MCOperations固有の機能を利用するため、管理対象サーバ(Linux)20台分のライセンスが必要です。
5 WebSAM MCOperations HA Option Agent(20アップグレードライセンス) for Win/Linux 1 MCOperations HA Option Agentへのアップグレードライセンスです。番号4のエージェンアップグレードトライセンスと同数の20台分必要です。
6 WebSAM MCOperations Operations Agent(20ライセンス) for Win/Linux 1 オペレーション制御機能のエージェントライセンスです。オペレーション制御機能を20台の管理対象サーバで利用する為、20台分のライセンスが必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):11,889,300円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例5】 プロセッサライセンスの利用

ハイパーバイザ上に構築されたゲストOS、およびネットワークを監視します。

構成

管理サーバ Windows×1台
ハイパーバイザ ESXi×1台
(2CPU搭載(8core/1CPU))
管理対象ゲストOS Windows×5台
管理対象OS HP-UX×3台
ビューア Windows×1台

構成図内の1~4の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for Win/Linux 1 管理サーバにマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for HP-UX/Solaris/AIX 3 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。合わせて3台分のライセンスが必要です。HP-UX、Solaris及びAIXが対象となります。
3 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for Win/Linux 1 管理サーバにエージェントを搭載する為、1台分のライセンスが必要です。 Windows及びLinuxが対象となります。
4 WebSAM SystemManager Agent 1プロセッサ(1-8core)ライセンス for Win/Linux 2 仮想マシンを稼動させる物理マシンのCPU数およびCore数に応じたプロセッサライセンスが必要です。CPU数が2個であるため2個のライセンスが必要です。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):989,800円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例6】 マネージャがクラスタ構成の場合のプロセッサライセンスの利用

2ノードActive-Stanby構成のマネージャより、ハイパーバイザ上に構築されたゲストOSの監視を行います。

構成

管理サーバ HP-UX×2台
ハイパーバイザ ESXi×1台
(4CPU搭載(8core/1CPU))
管理対象ゲストOS Windows×10台
管理対象OS HP-UX×3台
ビューア Windows×1台

構成図内の1~5の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for HP-UX/Solaris 2 管理サーバ2台(稼動系/待機系)にマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) for HP-UX/Solaris/AIX 1 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。管理サーバにもエージェントを搭載する為、合わせて5台分のライセンスが必要です。HP-UX、Solaris及びAIXが対象となります。
3 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) HA Option for HP-UX/Solaris/AIX 1 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号2のエージェントライセンスと同数の5台分必要です。
4 WebSAM SystemManager Agent 1プロセッサ(1-8core)ライセンス for Win/Linux 4 仮想マシンを稼動させる物理マシンのCPU数およびCore数に応じたプロセッサライセンスが必要です。CPU数が4個であるため4個のライセンスが必要です。
5 WebSAM SystemManager Agent 1プロセッサ(1-8core)ライセンス HA Option for Win/Linux 4 マネージャニ重化時、待機系マネージャに登録するためのエージェントライセンスです。番号4のエージェントライセンスと同数の4個のライセンスが必要です。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):3,370,500円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例7】 リモートホストを監視する場合(標準機能利用)

リモート監視エージェントを利用したエージェントレス監視を行います。

構成

管理サーバ Windows×1台
リモート監視サーバ Windows×1台
ハイパーバイザ ESXi×1台
(4CPU搭載(8core/1CPU))
管理対象ゲストOS Windows×10台
管理対象OS HP-UX×3台、Linux×3台
ビューア Windows×1台

構成図内の1~4の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for Win/Linux 1 管理サーバ1台にマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for HP-UX/Solaris/AIX 3 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。HP-UX、Solaris及びAIXが対象となります。
3 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) for Win/Linux 1 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。管理サーバにもエージェントを搭載する為、合わせて5台分のライセンスが必要です。Windows及びLinuxが対象となります。
4 WebSAM SystemManager Agent 1プロセッサ(1-8core)ライセンス for Win/Linux 4 仮想マシンを稼動させる物理マシンのCPU数およびCore数に応じたプロセッサライセンスが必要です。CPU数が4個であるため4個のライセンスが必要です。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):1,419,800円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例8】 エージェントライセンス利用時の仮想マシンの移動を考慮した構成(標準機能利用)

仮想基盤の機能で、ハイパーバイザ間を管理対象ゲストOSが移動する場合。

構成

管理サーバ Windows×1台
リモート監視サーバ Windows×1台
ハイパーバイザ ESXi×3台
(4CPU搭載(8core/1CPU))
管理対象ゲストOS Windows×10台、Linux×10台
ビューア Windows×1台

構成図内の1~3の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for Win/Linux 1 管理サーバにマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(20ライセンス) for Win/Linux 1 管理対象ゲストOSにエージェントライセンスが必要です。合わせて20台分のライセンスが必要です。Windows及びLinuxが対象となります。
3 WebSAM SystemManager Agent(1ライセンス) for Win/Linux 2 管理サーバおよびリモート監視サーバにもエージェントを搭載する為、合わせて2台分のエージェントライセンスが必要です。Windows及びLinuxが対象となります。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):1,483,300円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

【構成例9】 プロセッサライセンス利用時の仮想マシンの移動を考慮した構成(標準機能利用)

仮想基盤の機能で、プロセッサライセンスを適用したハイパーバイザ間を管理対象ゲストOSが移動する場合。

構成

管理サーバ Windows×1台
リモート監視サーバ Windows×1台
ハイパーバイザ ESXi×2台
(4CPU搭載(8core/1CPU))
管理対象ゲストOS Windows×10台
管理対象OS Linux×3台
ビューア Windows×1台

構成図内の1~3の番号は、下記表内の製品の番号に対応しています。
上記構成を組む上で必要なライセンス数を理解しやすくする為に、関係するマシンに製品名(略称)を配置しております。
(インストール箇所を示すものではありません。)

番号 製品名 数量 概要
1 WebSAM SystemManager Manager for Win/Linux 1 管理サーバにマネージャライセンスが必要です。
2 WebSAM SystemManager Agent(5ライセンス) for Win/Linux 1 管理対象サーバにエージェントライセンスが必要です。管理サーバおよびリモート監視サーバにもエージェントを搭載する為、合わせて5台分のエージェントライセンスが必要です。Windows及びLinuxが対象となります。
3 WebSAM SystemManager Agent 1プロセッサ(1-8core)ライセンス for Win/Linux 8 仮想マシンを稼動させる物理マシンのCPU数およびCore数に応じたプロセッサライセンスが必要です。CPU数が4個であるため1台のハイパーバイザに対し4個のライセンスが必要です。ハイパーバイザ間の仮想マシン移動を含むため、合計8個のライセンスが必要です。
  WebSAM Media 1 インストール媒体が必要です。
  • 希望小売価格 合計(税別):1,640,000円
  • その他必須ソフトウェアに関しては、こちらを参照してください。

ページの先頭へ戻る