ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SystemManager
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM SystemManager - 機能詳細

機能一覧

機能 機能概要
基本
マップ表示 監視対象サーバと背景画像を組み合わせて所在を分かりやすく管理
メッセージ監視 パフォーマンス監視、アプリケーションログ監視などで発生したメッセージを一元管理します。
パフォーマンス監視 サーバの稼動状況(CPU/メモリ使用率など)をグラフィカルに表示、しきい値監視
性能情報の帳票出力 収集した性能データをPDFファイル形式の帳票に出力
アプリケーションログ監視、syslog監視、イベントログ監視 アプリケーションログやイベントログ、syslogを監視し、必要な情報を切り出してメッセージとして通知
Windowsサービス監視、プロセス監視、サービスポート監視 サービスやプロセス、サービスポートの死活監視
構成情報表示 サーバの構成情報を一定間隔で収集、表示
ファイル容量監視 ファイル・ディレクトリの容量・更新を監視
内部統制管理(証跡管理) 操作内容、処理結果の履歴等をログとして管理することで内部統制を支援
通報 障害発生時にパトライト、メール、コマンド実行にて通報
ユーザ管理 システムで利用するユーザ情報を管理
スケジュール監視 各サーバやメッセージ監視機能のカテゴリごとに、監視の開始・停止をスケジュール制御
マルチインスタンス 1台のサーバ上に複数のエージェント配置や、複数のマネージャを1台のマシンから監視・操作等が可能
オンラインバックアップ 監視設定のバックアップを、マネージャサービスの起動中に実施できる機能
Webブラウザコンソール Webブラウザでの監視が可能
論理システム監視エージェント クラスタのパッケージに連動して切り替わるリソースの各種状態を、パッケージがどのホストで動作しているのかを意識することなく、監視
運用管理製品との連携 関連する運用管理製品と連携し、運用状態を一元収集
Web API Web API経由で監視設定・参照等の操作が可能
オプション
アプリケーション連携 監視したメッセージを、お客様独自のアプリケーションなど外部アプリケーション向けにテキストファイル形式で出力
ハイパーバイザ監視 ハイパーバイザの性能監視、イベントログ監視が可能

基本機能

マップ表示

監視対象サーバのアイコンと背景ビットマップ(地図やフロアマップ、ラック図等)と組合せることで所在をわかりやすく表示できます。アイコンの配置や背景のビットマップは自由にカスタマイズすることができます。

障害発生機器と所在の関係性を可視化

メッセージ監視機能

パフォーマンス監視、アプリケーションログ監視などで発生したメッセージ、WebSAM NetvisorPro Vや運用管理製品との連携で受け取ったメッセージを一元管理します。

メッセージの一元管理

パフォーマンス監視機能

各サーバの稼動状況(CPU/メモリ使用率など)をグラフィカルに表示します。

データベース・アプリケーションサーバなどの稼動状況も合わせて表示したい場合は、WebSAM Application Navigatorで実現できます。詳しくは、こちらを参照してください。

各サーバの稼働状況をグラフィカルに表示

CPU使用率やメモリ使用率等を監視し、しきい値超過時は、メッセージを表示します。

閾値設定により、メッセージを表示できます

パフォーマンスデータを統計情報として蓄積、グラフ表示が可能です。

データを蓄積し、CSVで出力もできます

性能情報の帳票出力機能

性能監視機能やWebSAM NetvisorPro Vで収集した性能データを、PDFファイル形式の帳票に出力する事が可能です。

グラフ、性能履歴を帳票出力できます

アプリケーションログ監視、syslog監視、イベントログ監視機能

アプリケーションログ、Syslog、イベントログに出力された情報をメッセージとして表示します。

イベントログをメッセージとして表示できます

Windowsサービス監視、プロセス監視、サービスポート監視機能

サービスやプロセス、サービスポートの死活監視を行い、障害発生時にメッセージを表示します。

サービスを監視し、メッセージを表示することができます

構成情報表示機能

サーバの構成情報を一定間隔で収集し、表示できます。

ディスク状況など、構成情報を表示し、監視することができます

ファイル容量監視機能

ディスク枯渇の未然防止、システム必須ファイルの削除・更新の早期発見が可能になります。ファイル容量オーバー時やファイル削除時にはメッセージ通知及び通報を行うことも可能です。最大監視容量は8エクサバイトであり、様々な用途に使用できます。

ファイル容量監視

内部統制管理(証跡管理)機能

監視画面/マネージャ上で行われた操作および自動実行された処理に対して、操作内容、結果の履歴等をログ(オーディットログ)として管理することで内部統制を支援します。
特定の重要度のオーディットログが発生した場合は、通報を行うことも可能です。

誰が何をしたのかを管理することができます

通報機能

サーバ停止やプロセス停止などのアラート発生時にパトライト、メール、コマンド実行(Managerのみ)にて通報を行います。複数の宛先に対して同時通報が可能です。

通報機能

ユーザ管理機能

システムで利用するユーザ情報を管理します。ユーザはグループに所属することにより、グループに付与した権限に応じた操作が可能になります。

ユーザ情報の管理

システムを利用するユーザを作成、管理します。

グループ情報の管理

ユーザが所属するグループを作成、管理します。グループに各種権限を付与します。

付与可能な権限

操作権限、定義変更権限、ユーザ管理権限、監視サーバ別参照権限など。

ユーザ、グループごとに権限を設定できます

スケジュール監視機能

各サーバやメッセージを監視するカテゴリごとに、監視の開始・停止をスケジュール制御します。

夜間やメンテナンス時のサーバ停止時刻に合わせて、監視を自動的に停止する運用やサーバ起動時刻で自動的に監視開始する運用が可能です。

各サーバや、メッセージ監視機能のカテゴリごとに監視日時を設定可能

マルチインスタンス

1台のサーバ上に複数のエージェント(論理システム監視エージェント含む)、監視端末をインストール・起動することが可能です。1台のサーバから複数のマネージャに監視データを送信することや、複数のマネージャを1台のマシンから監視・操作できます。

オンラインバックアップ機能

マネージャサービスの停止が必要だった監視設定のバックアップを、マネージャサービスの起動中に実施できる機能を追加しました。

  • バックアップおよびリストアはコマンドにより可能です。
  • リストアは、マネージャサービスの停止中に行う必要があります。

Webブラウザコンソール機能

インストールが必要な監視端末の代わりにWebブラウザで監視ができます。

論理システム監視エージェント

クラスタのパッケージに連動して切り替わるリソースの各種状態を、パッケージがどのホストで動作しているのかを意識することなく、監視することができるようになりました。
監視内容は通常の監視系(性能・プロセス死活等)と変わりありませんが、クラスタ上のリソースはパッケージに連動して切り替わるため現用系のみ監視が行えます。

論理システムエージェントは、現用系のサーバがひとつとなるActive-Standby 型のみに対応しています。

  • クラスタ構成を取ったパッケージを稼働中のホストを意識せず監視することが可能です。
  • トポロジビュー上で表示されるアイコンは論理システム特有のものになります。

運用管理製品との連携

SystemManagerでは関連する運用管理製品と連携し、運用状態を一元収集できます。
また、Application Navigator と NetvisorPro V は同一サービスにインストールすることで1つの画面で監視設定・運用が行えるようになります。

[連携製品]
  • ESMPRO製品(ServerManager, Netvisorなど)
  • WebSAM Network Node Manager
  • WebSAM SystemManager (Ver3以前)
  • WebSAM Application Navigator
  • WebSAM NetvisorPro V
[連携機能・ツール]
  • Server Agent連携サービス
  • 運用メッセージ通知API
  • Event Trap Utility

Web API機能

Web API経由での監視設定・参照や監視ON/OFFの制御が可能です。
Web APIを利用することで、独自のサービスポータル等から監視設定・情報参照を行うことができます。

オプション機能

アプリケーション連携機能【オプション】
(WebSAM SystemManager Manager ApLinker Option)

マネージャが取得したメッセージをテキストファイルに出力することができます。外部アプリケーションで このファイルを参照することにより、外部アプリケーションにメッセージ情報を受け渡すことができます。

アプリケーション連携機能

ハイパーバイザ監視機能 【オプション】
(WebSAM SystemManager Hypervisor Monitor for VMware)

エージェントレスでハイパーバイザ(ESXi/vCenter Server)のリソース使用状況、およびイベントログを監視することができます。ただし、各ゲストOSの監視はエージェント実施する必要があります。

ハイパーバイザ監視機能イメージ図

Ver3.3 のみ対応の機能

エージェント一括設定機能

エージェントのプラットフォームごと、あるいは、あらかじめ設定したエージェントグループごとに、各種設定を一括更新できます。

エージェントリモート更新機能

遠隔地に設置されたエージェントについて、マネージャからの指示によってWebSAM SystemManagerエージェントプログラムを入れ替え(リビジョンアップ)できます。

複数MG通知機能

AGから2つのMGへアラート通知することができます。

しきい値モニタ監視機能

エージェント上の任意のコマンドの結果をしきい値判定し、設定したしきい値を超えていた場合、アラート通知することができるので、WebSAM SystemManagerが提供しているしきい値監視項目以外のしきい値監視を行いたい場合に有効です。

ログファイル監視前コマンド機能

エージェント上のログファイルを監視する前に、任意のコマンドを実行することができるので、WebSAM SystemManagerで監視できないフォーマットのログファイルを監視したい場合に有効です。

メッセージ通知・再開機能

エージェントからのアラート通知を一時的に停止することができるので、メッセージラッシュが発生した場合の対処として有効です。

メッセージ変換機能(オプション製品)

WebSAM SystemManagerが通知するメッセージを自由に変換することができますので、運用に適したメッセージを表示することが可能です。

ページの先頭へ戻る