ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM SigmaSystemCenter
  5. FAQ
  6. FAQ(インストール・アップグレードインストール関連)
ここから本文です。

WebSAM SigmaSystemCenter - FAQ(インストール・アップグレードインストール関連)

インストール、アップグレードインストール関連

Q1アップグレードの際に注意事項はありますか?
[対象バージョン:1.3, 2.0, 2.1]
A1SigmaSystemCenter1.3、2.0、2.1、または2.1 Update 1へアップグレードする際には、インストレーションガイドに記載されている手順に加えて、以下の資料を参照してください。 SigmaSystemCenter 2.1 Update 2 以降を使用している場合、注意事項はありません。
Q2SigmaSystemCenter 管理サーバのデータベースとして製品版のSQL Serverを利用できますか? また、SQL Serverのバージョンのアップグレード方法について教えてください。
[対象バージョン:1.2, 1.3, 2.x, 3.x]
A2製品版のSQL Serverを利用可能です。
製品版へのアップグレード、及び、バージョンのアップグレードについて、以下を参照してください。
なお、SQL Server 2008 R2 Express Edition を Standard Edition、 またはEnterprise Edition にアップグレードすると、データベースの復旧モデルが「単純」から「完全」に変更されます。このため、ジャーナルログが記録されるようになり、データベースが増加します。 対処として、単純復旧モデルに設定する、あるいは定期的にデータベースのバックアップをとるようにしてください。

[対象バージョン:3.5]
SQL Server 2008 R2, SQL Server 2012, SQL Server 2014, SQL Server 2016 を利用できます。以下を参照してアップグレードしてください。


[対象バージョン:3.3, 3.4]
SQL Server 2008 R2, SQL Server 2012, SQL Server 2014 を利用できます。以下を参照してアップグレードしてください。


[対象バージョン:3.1 Update 1, 3.2]
SQL Server 2008 R2, SQL Server 2012 を利用できます。以下を参照してアップグレードしてください。


[対象バージョン:3.0, 3.1 (Update なし)]
SQL Server 2008 R2 を利用できます。以下を参照してアップグレードしてください。


[対象バージョン:2.1]
SQL Server 2008 を利用できます。以下を参照してアップグレードしてください。
Q3SigmaSystemCenterのコンポーネントバージョンの確認方法を教えてください。UP
A3コンポーネントバージョンは、SigmaSystemCenter Webコンソールの一番下に表示されます。以下の表を参考にしてください。

バージョン コンポーネントバージョン リリース日 備考
SSC2.0 REVISION:002 2.0-5650 2008/03/28
SSC2.0 REVISION:003 2.0-5813 2008/06/02 SSC200027-0001の内容を含みます
SSC2.1 2.1-7112 2008/10/31
SSC2.1 Update 1 2.1-7936 2009/03/02 SSC0201-0002の内容を含みます
SSC2.1 Update 2 2.1-9591 2009/08/31 SSC0201-0006-update2の内容を含みます
SSC2.1 Update 3 2.1-12823
2.1-13299(SSC0201-0017適用済)
2010/04/28 SSC0201-0015-update3の内容を含みます
SSC3.0 3.0-18142 2011/05/31
SSC3.0 Update 1 3.0-19645 2011/12/27 SSC0300-0001, 0002, 0003 の内容を含みます
SSC3.1 3.1-20825 2012/7/17 -
SSC3.1 Update 1 3.1-22430 2012/1/31 SSC0301-0001の内容を含みます
SSC3.2 3.2-24122 2013/7/31 -
SSC3.3 3.3-24989 2014/2/3 -
SSC3.3 Update 1 3.3-26007 2014/8/1 -
SSC3.4 3.4-27282 2015/4/13 -
SSC3.5 3.5-29023 2016/4/13 -
SSC3.5 Update 1 3.5-29783 2016/11/25 SSC0305-0001の内容を含みます
コンポーネントバージョン 2.1-12667 を使用している場合は、SSC0201-0014 を適用して 2.1-12823 にアップデートしてください。

Q4クラスタ環境でのアップグレード手順書はありますか?
A4クラスタ環境でのアップグレードは、以下の資料を参照してください。以下の内容について、説明があります。

  • クラスタ環境でのアップグレードインストール手順の流れ
  • CLUSTERPRO X を使用した場合の具体的な手順
Q5SigmaSystemCenter と VMware vCenter Server はどちらを先にインストールすればよいでしょうか?
A5どちらを先にインストールしても問題ありませんが、各製品が使用するhttpポートが重複しないようにインストールしてください。SigmaSystemCenter と vCenter Server の Web サービスはデフォルトでは同じポートを使用しており、ポートの競合が発生しないように設定する必要があります。

vCenter Serverが使用するポート番号を変更する場合は、vCenter Serverのインストール時に、"80" から"20080" などに変更してください。SigmaSystemCenterが使用するポート番号を変更する場合は、SigmaSystemCenterのインストールを始める前にIIS(インターネットインフォメーションサービス)の設定画面からIISのポート番号を"80" から"20080" などに変更してください。変更方法詳細は、SigmaSystemCenterのインストレーションガイドを参照してください。
Q6管理サーバのOSとしてWindows Server 2003, 2008 を使用している場合、アップグレードするにはどうしたらよいですか?
[対象バージョン:3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5]
A6SigmaSystemCenterをアップグレードした後に、別マシンのWindows Server 2008 R2、Windows Server 2012、またはWindows Server 2012 R2 に移行する必要があります。以下を参照してください。

[対象バージョン:3.1]

[対象バージョン:3.2, 3.3, 3.4, 3.5]

ページの先頭へ戻る