ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. HP Performance Agent software
  5. FAQ
  6. FAQ(導入検討)
ここから本文です。

HP Performance Agent software - FAQ(導入検討)

HP Performance Agent softwareは、以前はHP OpenView Performance Agent(OVPA)、OpenView MeasureWare(MWA)と呼称されておりました。

導入検討

Q1HP Performance Agent softwareとHP GlancePlus softwareの違いを教えてください。
A1Performance Agentは中長期的な性能データを収集する為のツールです。
収集データを自身が提供するログファイル(通称rawlogと言われています。)へ記録保持する事が可能です。
CSV、TSV、Excelといった形式でデータを出力する事もできます。
別途、Performance Manager(OVPM)を用いてPerformance Agentのrawlogを参照することで、記録したPerformance Agentのデータをグラフ表示させる事が可能です。

一方、GlancePlusは、リアルタイム監視型のツールです。
CUI形式で収集データを表示する"glance"とGUI形式で収集データを表示する"gpm"、"xglance"の2通りの方法でデータ表示を提供します。
収集した情報は画面出力する事もできますし、adviser機能(機能を使うには定義文を作成する必要があります。)を用いる事でデータを任意のファイルに出力する事も出来ます。

収集データを双方の製品はメトリックという単位で提供しています。
このメトリックは双方で共通するメトリックも多いのですが、GlancePlusはPerformance Agentに比べより詳細な情報を提供するため、多くの種類のメトリックを提供しています。

Q2HP Performance Agent softwareに試用版はありますか。
A2はい、試用版はあります。
試用期間は60日間になります。
試用版は個別媒体からインストールする事ができます。
なお、試用期間の60日を超えて御利用になられるとPerformance Agent起動時に試用期間超過のエラーメッセージが出力され、ご利用できなくなります。さらに試用を継続される場合は2回試用期間の延長を行うことができ、合計180日間試用することができます。

試用版の使用を止め、製品版で製品を運用される場合には、ライセンス設定の変更を実施願います。
Q3動作プラットフォームを教えてください。
A3製品紹介ページの『動作環境』をご参照ください。

Q4HP Performance Agent softwareのマニュアルについて教えてください。
A4Performance Agentのマニュアルは、製品をインストールしたマシンから参照する方法とWeb提供されているものを参照する2通りの方法があります。
詳しくは『製品マニュアルのダウンロード(入手方法)』を参照してください。

Q5Web上からマニュアルをダウンロードすることは可能ですか。
A5はい、Web上からマニュアルはダウンロード可能です。
詳しくは『製品マニュアルのダウンロード(入手方法)』を参照してください。

Q6サポートしているメトリックの詳細を説明する資料はありますか。
A6次の2つの方法で参照する事が可能です。尚マニュアルは英文記載です。
  1. HP社のwebサイトから検索する。
    http://h20230.www2.hp.com/selfsolve/manuals
    参照する為に事前に任意のUserIDとPasswordの設定が必要になります。
    必要事項登録後、該当する製品、Ver、OS、言語、マニュアルを選択してください。
  2. 媒体よりインストールが完了すると下記ディレクトリに展開されます。
    HP-UX : /opt/perf/paperdocs/ovpa/C/methpux.txt , mettable.txt
    Solaris : /opt/perf/paperdocs/ovpa/C/metsun.txt , mettable.txt
    AIX : /usr/lpp/perf/paperdocs/ovpa/C/metaix.txt , mettable.txt
    Linux : /opt/perf/paperdocs/ovpa/C/metlinux.txt , mettable.txt
    Windows(規定値の install ディレクトリの場合):
    C:¥Program Files¥HP OpenView¥paperdocs¥ovpa¥C¥metnt.txt , mettable.txt
Q7HP Performance Agent softwareは、日本語対応されていますか。
A7はい、Performance Agentでは一部のコマンドが日本語対応されています。
  • 蓄積された性能情報の走査等に用いる、utilityコマンド
  • 蓄積された性能情報を外部ファイル等へ抽出するextractコマンド

上記2つのコマンドは日本語対応(日付指定がYY/MM/DD対応)されています。それ以外は英語対応のみです。

ただし、製品の障害調査等で情報採取して頂く場合には、上記utility、extractコマンド共に言語(LANG)を"C"にして実行して頂く事とになります。
Q8HP Performance Agent softwareの型番について教えてください。
A8型番は、マシンランクによって異なります。
製品紹介ページの『HP Software (旧 OpenView) 製品の Tier 定義変更のお知らせ』を参照してください。

Q9HP Performance Agent softwareのライセンスについて教えてください。
A9Performance Agentは、各管理対象ノード毎にライセンスを購入してください。
ライセンスはマシンランクにより型番が異なりますので、各管理対象ノードのマシンランクに対応したものを購入してください。
追加パーティションについては、追加パーティション/筐体の数を申請して頂く必要があります。
  • クラスタ構成の場合は、構成する台数分のライセンスを購入してください。
  • 複数パーティション/仮想化環境の場合においても、使用権は1筐体に付き1つ購入していただくことになります。

追加パーティションについては、追加パーティション/筐体の数を申請して頂く必要があります。

Q10HP Performance Agent softwareを利用する為に購入すべき物は何がありますか。
A10Performance Agentを利用する為には、事前に以下の2つの型番製品を購入して頂く必要があります。
  • Performance Agent製品を使用する権利( 製品使用権/ライセンス )型番製品・・・ 製品使用権になります。
  • Performance Agent製品のMedia/certificate型番製品・・・ 個別媒体を含む製品になります。HP-UX版もこちらの製品に含まれる個別媒体からインストールしてください。

Media/certificate型番製品については、同一システムハンドル内で一つ購入して頂ければ結構です。
製品型番については、製品紹介ページの『価格』を参照してください。
Q11OSのVer.UPやマシンリプレイスに伴うPerformance Agentのライセンス移行について教えてほしい。
A11ライセンス移行の考え方については、『HP Software (旧 OpenView) 製品の Tier 定義変更のお知らせ』を参照してください。

Q12HP Performance Agent softwareはクラスタ環境に対応した製品でしょうか。
クラスタ環境下でHP Performance Agent softwareは使用できますか。
A12いいえ、厳密に言うとクラスタ環境に対応した製品ではありません。
ただし、クラスタ環境でPerformance Agentをご利用される場合には、幾つかの制限事項をご承知して頂いた上で対応した運用を実施して頂くことでご利用して頂くことは可能です。
詳細はFAQの「製品の導入」項目の以下の質問をご参照ください。
  • HP Performance Agent softwareのパッケージ可否については、『クラスタ構成の場合、HP Performance Agent softwareはパッケージングしても良いのか。』を参照してください。
  • クラスタ環境での運用時の制限事項有無確認については、『クラスタ環境での運用時の制限事項はありますか。』を参照してください。
  • 上記はMC/ServiceGuardでの運用を想定しており、CLUSTERPRO上でPerformance Agentの動作は保証されておりません。
Q13仮想化環境はサポートされていますか。
A13はい、Performance Agent Ver. C.04.60, GlancePlus Ver. C.04.60以降のVerから仮想化環境をサポートしています。

仮想環境の製品、OSのサポート状況については以下を参照してください。

(注意)
当該製品は仮想化環境をサポートしていますが、元々は単独OS環境上での動作を基本として作成されています。
そのため、ひとたび障害が発生した場合には『その発生障害が非仮想化環境(単独環境)でも発生するか否か』を事前に切り分け確認して頂く必要があります。
詳しくは、OS 仮想化環境上でのPerformance 製品動作を参照してください。

Q14製品のVer別のサポート停止時期は公開されていますか。
A14はい、サポート停止時期は公開されています。
製品Ver.毎にサポート停止時期は決まっております。
詳しくは製品紹介ページの『HP Software 製品の各バージョンにおける、サポート停止時期について』をご参照ください。

Q15製品は使用期限は設定されていますか。
A15いいえ、製品版には使用期限の設定はありません。
製品版をご利用されている限りは、使用期限が来て製品が使えなくなるといったことはありません。
ただし、試用版を利用されている場合のみ、60日間の試用期限があります。

Q16閏秒に伴う時刻変更を実施した場合、製品は影響を受けますか。
A16いいえ、閏秒の影響は受けません。
変更時刻が1秒以内である閏秒の調整が、Performance Agentに深刻な影響を与えることはありません。
これまでにも閏秒に伴う時刻変更自体は世間一般にあった訳ですが、その際の閏秒挿入に伴いPerformance Agentが異常動作をしたといった、障害に関する事例報告はありません。

Q17MeasureWare Agent(MWA)とHP Performance Agent software(OVPA)はそれぞれ違う製品でしょうか。
A17いいえ、全て同じ製品を指します。
Ver. C.03.XX までの製品をMeasureWare Agent(MWA)と読んでいました。
Ver. C.04.XX よりHP Performance Agent software(OVPA)と読んでいます。

また、Ver. C.03.XX以前の製品を利用されているお客様の場合には、MWAの他に"VPP"、 "VPA"といった呼び方をされる場合もあります。

Q18HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)とは、どんな製品ですか。
また、HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)を用いてPerformance Agentを利用することはできますか。
A182011年11月より、HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)が出荷販売されました。
この製品は、
  • HP Operations Agent 8.6x
  • HP Performance Agent 5.0x
  • HP GlancePlus 5.0x

として個別に出荷販売されていたものを1つのパッケージとして統合した製品であり、上記3製品の後継製品です。
HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)で、従来通りPerformance Agentで提供していた機能を利用することができます。
(Performance Agentの機能を利用するには、従来通りPerformance Agent または Glance+Pakの使用権を有している必要があります。)

Q19HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)より、Performance Agentの製品だけをインストールすることはできますか。
A19HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)より、Performance Agent の製品だけをインストールすることはできません。
HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)は、以下の3つの製品が提供していた機能を1つのパッケージとして統合した製品です。
それぞれの提供機能を個別にインストールして利用することができません。
HP Operations Agent 11.00 software(またはそれ以降のVer.)では、全提供機能がインストールされます。
  • HP Operations Agent software(OVOA)に相当する機能
  • HP GlancePlus software(GlancePlus)に相当する機能
  • HP Performance Agent software(OVPA)に相当する機能

なお、HP Operations Agent 11.00 softwareでは、全提供機能インストール後に、個別に必要な機能のみ使用することは可能です。
その場合の手順は、『HP Operations agent 11.xx製品機能の停止方法』を参照してください。

ページの先頭へ戻る