ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. Home
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM Network Flow Analyzer
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM Network Flow Analyzer - 機能詳細

WebSAM Network Flow Analyzerは、NetFlow/sFlowによりアプリケーション・トラフィックを様々な角度から分析し、ネットワークの安定運用をサポートします。

機能一覧

機能 機能概要
ネットワークフロー可視化 NetFlow/sFlowのフロー情報を収集することでトラフィックの内訳を可視化することが可能
ダッシュボード表示 グラフ、カレントアラートリストを用途に合わせて自由に選択、配置することが可能
しきい値監視 通信量のしきい値監視及び通知が可能
アプリケーション定義 宛先/送信元 IPアドレス+サービスポート番号の組み合わせでアプリケーション定義が可能
グルーピング定義 IPアドレスでグルーピングすることで、拠点や部門単位などでの分析が可能
エクスポーターの複数インターフェイスをグルーピングすることで、LAGインターフェイスの通信量として分析が可能

ネットワークフロー可視化

NetFlow/sFlowのフロー情報を収集することでトラフィックの内訳を可視化し、ネットワークの負荷要因などを容易に分析することができます。

  • 折れ線グラフ
    通信量、宛先/送信先、カンバセーションの観点で分析を行う際に表示するグラフ形式です。
    IPアドレスは、DNSによるホスト名変換も可能です。
  • 円グラフ
    IPプロトコル、アプリケーションの観点で分析を行う際に表示するグラフ形式です。

ダッシュボード表示

自由度の高いダッシュボード

表示するウェジットの内容や配置を自由に定義することが可能です。
また、分析目的別に合わせて、複数のダッシュボードを作成し、分析時に簡単に切替えることも可能です。

ユーザ毎に定義可能なダッシュボード

担当業務に必要な情報のみ絞り込んだダッシュボードを定義可能です。

しきい値監視

アプリケーション、IPプロトコル、宛先/送信元IP、宛先/送信元ASのフロー情報に対して、しきい値監視をすることが可能です。これにより、深刻な障害となる前に、ネットワークのパフォーマンス劣化を検知することができます。
また、しきい値超過のアラートを、ダッシュボードのカレントアラートウィジットや、イベント一覧画面へ通知するだけではなく、WebSAM NetvisorPro V などの別のシステムにSNMPトラップ形式で通知することも可能です。

アプリケーション定義

宛先/送信元IPアドレスとポート番号の組み合わせでアプリケーション名を定義することが可能です。これにより、ポート番号だけでは区別できないアプリケーション(多くの業務アプリケーションが使用しているHTTP通信を使ったアプリケーション)であっても、詳細に区別し、分析を行うことができます。

グルーピング定義

エンドポイントのグルーピング

エンドポイントとなるIPアドレスをグルーピングして分析することが可能です。これにより、拠点ごと、部署ごとの外部のやりとりに関する通信量、およびその通信のアプリケーションの内訳などを分析することができます。

インタフェースのグルーピング

エクスポーターの複数インターフェイスをグルーピングすることが可能です。これにより、Link Aggregation(LAG)により束ねられた論理インターフェイスに対しても、物理インターフェイスと同様に、その通信のアプリケーションの内訳等を分析することができます。

ページの先頭へ戻る