ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM MCOperations
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM MCOperations - 機能詳細

機能一覧

機能 機能概要
基本
マップ表示 監視対象サーバと背景画像を組み合わせて所在を分かりやすく管理
メッセージ監視 監視対象から通知されるメッセージをお客様業務の視点にあわせ分類し管理することが可能
サービスプロセス監視、サービスポート監視 業務単位でのサービスプロセスやサービスポートの死活監視
アプリケーションログ監視、syslog監視、イベントログ監視 アプリケーションログやイベントログ、syslogを監視し、必要な情報を切り出してメッセージとして通知
ナレッジ管理 過去の障害、復旧方法を蓄積し、次回以降発生する障害に対して、「何をすべきか」をナビゲート
通報 障害発生時にパトライト、メール、コマンド実行にて通報
リカバリ メッセージを契機に任意の監視対象に対しコマンド実行を実施
パフォーマンス監視 サーバの稼動状況(CPU/メモリ使用率など)をグラフィカルに表示、しきい値監視
構成情報表示 サーバの構成情報を一定間隔で収集し、表示
ファイル容量監視 ファイル・ディレクトリの容量・更新を監視
内部統制管理(証跡管理) 操作内容、処理結果の履歴等をログとして管理することで内部統制を支援
ユーザ管理 システムで利用するユーザ情報を管理
スケジュール 各サーバやメッセージ監視機能のカテゴリごとに、監視の開始・停止をスケジュール制御
マルチインスタンス 1台のサーバ上に複数のエージェント配置や、複数のマネージャを1台のマシンから監視・操作等が可能
論理システム監視エージェント クラスタのパッケージに連動して切り替わるリソースの各種状態を、パッケージがどのホストで動作しているのかを意識することなく、監視
イベント分析 複数のイベント情報を、複数条件や指定時間内のイベント発生回数などの相関分析を行い自動アクション・通報を実行
オンラインバックアップ 監視設定のバックアップを、マネージャサービスの起動中に実施できる機能
Webブラウザコンソール Webブラウザでの監視が可能
運用管理製品との連携 関連する運用管理製品と連携し、運用状態を一元収集
Web API Web API経由で監視設定・参照等の操作が可能
オプション
シナリオ制御 障害時の対処フローや1日の運用フローを予めシナリオ登録することで自動実行
オペレーション制御 任意のタイミングで監視サーバに対して複雑なコマンドもシンプルな操作で実行することが可能
マネージャ連携 複数台のマネージャを階層状に連携させ、下位のマネージャが収集したメッセージを上位のマネージャに通知することで、システム全体を一元的に監視
アプリケーション連携 監視したメッセージを、お客様独自のアプリケーションなど外部アプリケーション向けにテキストファイル形式で出力
システム性能分析 収集した性能値の相関関係を分析し、「いつもと違う」挙動があった場合に、その挙動を検知し、原因箇所を示唆
ServiceManager連携 ITサービス管理WebSAM ServiceManagerへ自動/手動でインシデントの登録
SSC連携 WebSAM SigmaSystemCenterで管理しているシステム構成の変更を自動的に取得し、システムの状態を可視化する仮想環境監視
ACOS連携 ACOS上の常駐ジョブ監視、メッセージ監視、コマンド投入、稼働情報の監視
運用情報登録機能 監視画面から共有のファイルサーバに登録されているドキュメントの登録・参照が可能

基本機能

マップ表示

監視対象サーバのアイコンと背景ビットマップ(地図やフロアマップ、ラック図等)と組合せることで所在をわかりやすく表示できます。アイコンの配置や背景のビットマップは自由にカスタマイズすることができます。

障害発生機器と所在の関係性を可視化

メッセージ監視機能

パフォーマンス監視、アプリケーションログ監視などで発生したメッセージ、WebSAM NetvisorPro Vや運用管理製品との連携で受け取ったメッセージを一元管理します。

各システムで発生したメッセージを、業務単位や監視機器単位等に自由にグルーピングしてツリー表示することにより、障害発生時に業務への影響範囲を即座に特定できます。膨大なメッセージから監視に必要な分だけを選別して表示しますので、障害対処中のメッセージがスクロールされて見られなくなることはありません。
また、アイコンと背景ビットマップを組合せることで、業務に関連するコンポーネントの障害状況、所在や関係性をマップ化できます。マップのアイコンからは監視画面に表示されるツリー内のグループ/ノードを指定してジャンプ(遷移)が可能です。

また各カテゴリグループ単位で、監視の停止、再開をスケジュールにて自動制御が可能です。これにより定期メンテナンスといった時間帯によって監視を対象外に発生したメッセージを破棄し、不要な通知を防止できます。

  • 監視端末から任意のカテゴリに対し、スケジュール登録が可能
  • カテゴリグループにスケジュールを設定することでグループ配下のカテゴリに対して一括登録が可能

サービスプロセス監視、サービスポート監視機能

業務システムで重要なプロセスやサービスポートを、ノード単位で監視するだけではなく、業務システム単位に死活監視を行います。また障害発生時には、どの業務に影響するかを通知する事が可能です。

管理対象のサービス/プロセスの起動・停止をコンソールから一元的に制御

アプリケーションログ監視、syslog監視、イベントログ監視機能

アプリケーションプログラムが出力するログやイベントログ、syslogを監視し、必要な情報を切り出してメッセージとして通知します。

イベントログをメッセージとして表示できます

ナレッジ管理機能

従来のシステムは、システムで「何が発生したか?」を通知するだけでしたが、運用の局面では、「何をすべきか?」となります。
本機能は、過去の障害情報、復旧方法をナレッジDBに蓄積する事により、次回以降発生する障害に対して、「何をすべきか」をナビゲートする、問題処理型の運用管理を実現します。復旧操作がナビゲートされることで、経験の浅いオペレータでもアドミニストレータレベルの対処ノウハウを共有でき、適切で迅速な状況判断を促進し、復旧にかかる時間も短縮できます。

ナレッジガイドによる障害復旧

ナレッジとは

ナレッジの概要図

ナレッジとは、発生した障害に対処するための復旧方法を示すガイドのことです。
障害に対して経験者の対処ノウハウが表示されるので、運用経験の未熟な担当者でも経験者と同等レベルの対処が可能となり、運用管理のレベルを格段に向上させることができます。
また、システム特有の障害は、独自に、ナレッジとして登録し再び発生した場合の対処に備えることが出来ます。

通報機能

サーバ停止やプロセス停止などのアラート発生時にパトライト、メール、コマンド実行(Managerのみ)にて通報を行います。複数の宛先に対して同時通報が可能です。

障害発生時の通報方法について設定します

リカバリ機能

障害等で特定のメッセージが発生した場合に、メッセージフィルタに対しあらかじめ登録された設定で、対象となるサーバに対しコマンド実行が可能です。

リカバリ機能

パフォーマンス監視機能

各サーバの稼動状況(CPU/メモリ使用率など)をグラフィカルに表示します。

データベース・アプリケーションサーバなどの稼動状況も合わせて表示したい場合は、WebSAM Application Navigatorで実現できます。詳しくは、こちらを参照してください。

稼動状況をグラフ表示します

CPU使用率やメモリ使用率等を監視し、しきい値超過時は、メッセージを表示します。

閾値設定により、メッセージを表示できます

パフォーマンスデータを統計情報として蓄積、グラフ表示が可能です。

構成情報表示機能

サーバの構成情報を一定間隔で収集し、表示できます。

ディスク状況など、構成情報を表示し、監視することができます

ファイル容量監視機能

ディスク枯渇の未然防止、システム必須ファイルの削除・更新の早期発見が可能になります。ファイル容量オーバー時やファイル削除時にはメッセージ通知及び通報を行うことも可能です。最大監視容量は8エクサバイトであり、様々な用途に使用できます。

ファイル容量監視

内部統制管理(証跡管理)機能

監視画面/マネージャ上で行われた操作および自動実行された処理に対して、操作内容、結果の履歴等をログ(オーディットログ)として管理することで内部統制を支援します。
特定の重要度のオーディットログが発生した場合は、通報を行うことも可能です。

誰が何をしたのかを管理することができます

ユーザ管理機能

システムで利用するユーザ情報を管理します。ユーザはグループに所属することにより、グループに付与した権限に応じた操作が可能になります。

ユーザ情報の管理

システムを利用するユーザを作成、管理します。

グループ情報の管理

ユーザが所属するグループを作成、管理します。グループに各種権限を付与します。

付与可能な権限

操作権限、定義変更権限、ユーザ管理権限、監視サーバ別参照権限など。

ユーザ管理

スケジュール機能

各サーバやメッセージ監視機能のカテゴリごとに、監視の開始・停止をスケジュール制御します。

夜間やメンテナンス時のサーバ停止時刻に合わせて、監視を自動的に停止する運用やサーバ起動時刻で自動的に監視開始する運用が可能です。

スケジュール機能

マルチインスタンス

1台のサーバ上に複数のエージェント(論理システム監視エージェント含む)、監視端末をインストール・起動することが可能です。1台のサーバから複数のマネージャに監視データを送信することや、複数のマネージャを1台のマシンから監視・操作できます。

論理システム監視エージェント機能

クラスタのパッケージに連動して切り替わるリソースの各種状態を、パッケージがどのホストで動作しているのかを意識することなく、監視することができるようになりました。
監視内容は通常の監視系(性能・プロセス死活等)と変わりありませんが、クラスタ上のリソースはパッケージに連動して切り替わるため現用系のみ監視が行えます。

論理システムエージェントは、現用系のサーバがひとつとなるActive-Standby 型のみに対応しています。

  • クラスタ構成を取ったパッケージを稼働中のホストを意識せず監視することが可能です。
  • トポロジビュー上で表示されるアイコンは論理システム特有のものになります。

イベント分析機能

受信したメッセージが指定したルールと一致するか分析し、分析結果によって、実施するアクションの契機となるメッセージを発行します。

発生条件

特定メッセージを受信した場合に、出力イベントとして定義した別のメッセージを発生させることが可能です。

回数条件

定義した条件に従って、特定メッセージが指定回数発生したか(または発生していないか)を監視することができます。これにより、特定メッセージが頻発しているか(または頻発していないか)といった監視が可能です。

時間条件

あるメッセージの発生から指定時間内に別のメッセージを受信した場合に、条件を成立させるという定義を作成することができます。処理の開始終了メッセージにより処理が指定時間以内に完了したか(または完了しなかったか)を監視したり、閾値の超過回復メッセージにより超過状態が継続しているかを監視したりすることが可能です。

発生抑止

連続発生する一連のメッセージの最初のメッセージを受信したタイミングで開始メッセージを通知し、メッセージが発生していない状況が指定時間以上経過したタイミングで、終了メッセージを通知します。ビジネスビュー等で、開始メッセージおよび終了メッセージのみを監視することにより、不要な中間メッセージを除外することが可能です。

オンラインバックアップ機能

監視設定のバックアップを、マネージャサービスの起動中に実施できる機能です。

  • バックアップおよびリストアはコマンドにより可能です。
  • リストアは、マネージャサービスの停止中に行う必要があります。

Webブラウザコンソール機能

インストールが必要な監視端末の代わりにWebブラウザで監視ができます。

運用管理製品との連携機能

MCOperationsでは関連する運用管理製品と連携し、運用状態を一元収集できます。
また、Application Navigator と NetvisorPro V は同一サービスにインストールすることで1つの画面で監視設定・運用が行えるようになります。

[連携製品]
  • ESMPRO製品(ServerManager, Netvisorなど)
  • WebSAM Network Node Manager
  • WebSAM SystemManager (Ver3以前)
  • WebSAM Application Navigator
  • WebSAM NetvisorPro V
[連携機能・ツール]
  • ServerAgent連携サービス
  • 運用メッセージ通知API
  • Event Trap Utility

Web API機能

Web API経由での監視設定・参照や監視ON/OFFの制御が可能です。
Web APIを利用することで、独自のサービスポータル等から監視設定・情報参照を行うことができます。

オプション機能

シナリオ制御機能【オプション】
(WebSAM MCOperations Workflow Manager/Agent)

メッセージやスケジュールなどのイベントにより、1日の業務がスケジュール通りに実行されているかを監視することができます。また、イベントを契機にコマンドやメッセージ発行できますので、各業務の処理フローを定義することで、業務の自動化を実現します。

シナリオ制御

業務日付や非フロー実行などシナリオ制御固有の機能に対応することにより、高度な運行フローの制御、監視が可能となりました。
特に、非フロー実行のサポートにより、従来の固定された手順の業務フローだけではなく、任意のタイミングで開始・終了を指示する業務フローに対しての監視、制御が可能となりました。

オペレーション制御機能【オプション】
(WebSAM MCOperations Operations Manager/Agent)

時刻、または特定のメッセージの発生を契機に、もしくはオペレータの操作によって、あらかじめ定義しておいたアクションを発行する機能です。
本機能によって、シナリオ制御機能ほどの複雑な設定、操作を必要とせず、シンプルな操作でManager/Agent上のコマンドを実行することが可能です。また、複雑なコマンド操作をオペレーションとして定義することにより、コマンドの投入ミスを防ぐことができます。
定義されたオペレーションは、オペレータの手動実行以外にも、特定の内部イベントや、スケジューラ、タイマを契機として実行させることができます。オペレーション中のコマンドは、シリアル/パラレルに実行させたり、複数のAgentで並行して実行させることも可能です。

オペレーション制御

マネージャ連携機能【オプション】
(WebSAM MCOperations Hierarchical Manager Option)

複数台のマネージャを階層状に連携させ、下位のマネージャが収集したメッセージを上位のマネージャに通知することで、システム全体を一元的に監視します。

マネージャ連携

  • ビジネスビューのカテゴリごとに連携する・しないを設定

アプリケーション連携機能【オプション】
(WebSAM MCOperations ApLinker Manager)

MCOperationsで監視したメッセージを、お客様独自のアプリケーションなど外部アプリケーション向けにテキストファイル形式で出力する機能です。

任意の出力レコード形式で、UTF-8やShift-JISなど様々な文字コードのログが出力可能です。
また、ログローテーション機能も備えています。

アプリケーション連携

システム性能分析機能【オプション】
(WebSAM MCOperations Invariant Analyzer Option)

数値としての性能情報を入力するだけで自動分析できるため、性能分析に特別な知識や複雑な設定が不要となり、システム管理者の負担を低減します。
MCOperations上で自動的に性能情報を取得し、リアルタイム分析を行うことができます。

サイレント障害の自動検知

性能情報間の相関関係のうち、平常時に変化しない関係(インバリアント)を自動的に学習してモデル化します。
そのモデルと一致しない「いつもと違う」挙動をサイレント障害として検知します。
リアルタイム自動分析により、障害を検知した時点で警告メッセージを出すことができます。

分析・原因特定の自動化と視覚化

検知した「いつもと違う」挙動の中心となる要素とその影響範囲を円グラフやマップでわかりやすく視覚化するので、これまで原因の特定にかかっていた時間を大幅に短縮できます。

対処法の記録・参照

一度行った障害への対処法を記録することが可能です。
記録した対処法は蓄積され、別の障害との類似度で検索できるので、次回から同様の「いつもと違う」挙動への対処時間を短縮するのに役立ちます。

基本画面説明

シンプルでわかりやすい基本画面で、分析結果をひとめで把握可能です。

不変関係(インバリアント)の自動分析

性能情報からシステムを自動分析し、障害発生を検知します!

  • 自動分析なので、分析に特別な知識や複雑な設定が不要です。
  • 性能情報間の不変関係に注目するので、キャンペーンなどで一時的に負荷が変わる場合でも、設定変更が不要です。
  • 外部コマンドによる追加分析の自動制御が可能です。
  • MCOperations上でのリアルタイム分析が可能です。

ServiceManager連携機能【オプション】
(WebSAM MCOperations Base Manager ServiceManager Option)

ITサービス管理である『WebSAM ServiceManager』と連携することにより、重要なインシデントへの対応漏れを防止し、システムトータルのITサービス管理を実現します。

SSC連携機能【オプション】
(WebSAM MCOperations Base Manager Provisioning Option for Windows)

『WebSAM SigmaSystemCenter(SSC)』と連携することにより、SSCで管理しているシステム構成の変更を自動的に取得し、システムの状態を可視化する仮想環境監視が可能となります。
仮想環境監視機能は、従来の統合監視を包含する、一元的な管理を実現するための機能です。CMDBを用いて論理/仮想/論理構成のモデル化を実現します。
例えば、多数の仮想マシン(VM)を保有する仮想化環境においては、構成要素が物理・論理・仮想の各層で複雑に絡み合っているため、従来は障害発生時の影響範囲を特定する事が困難でした。
これに対し、本機能を利用した監視では、物理・論理・仮想の各層における構成要素と関連を視覚的に表示する事で、ある構成要素に障害が発生した場合の影響範囲を容易に可視化することが可能です。

SSC連携

ACOS連携機能【オプション】
(WebSAM MCOperations Base/Workflow/Operations/Performance Agent)

『WebSAM OpenDiosa/OPBASE』のACOS エージェントと連携して、常駐ジョブ監視、メッセージ監視、コマンド投入、稼働情報(CPU/メモリ/ディスクの情報)監視を実現します。

運用情報登録機能 【オプション】
(WebSAM MCOperations 運用情報登録オプション)

MCOperationsの監視画面から共有ファイルサーバに格納されているマニュアルや運用情報が記載されているファイルの参照、および共有ファイルサーバへのファイル登録が可能となります。
また、監視画面から参照・登録するファイルには有効期限付与することで表示制御も可能です。

ページの先頭へ戻る