ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. 製品一覧
  5. 課題から選ぶ
  6. プラットフォーム管理
ここから本文です。

WebSAM - プラットフォーム管理

ビジネス環境が激しく変化するなか、環境の変化にあわせて、柔軟に最適化できるITシステムが求められています。たとえば、従来、障害に備えて業務毎に、1台の予備(待機)サーバを割り当てていたが、このITリソースの無駄を省きたい…。また、負荷にあわせて自律的に処理を分散できる運用環境が欲しい…などのご要望があります。
WebSAMなら、サーバ、ネットワーク、ストレージから仮想サーバまで、企業内に分散しているITリソースを統合管理。障害発生や負荷増減にあわせて自動的に予備サーバの割り当てを行う自律運用により、最適なプラットフォームを実現します。

図
常時、障害に備えて業務毎に予備サーバを設けていたが、各1台、本当に必要?すべてのITリソースを統合管理。少ない予備サーバで効率化!

もっと詳しくWebSAM/プラットフォーム管理をご紹介

WebSAMでは、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのITリソースを統合管理する「プラットフォーム管理」を提供します。これらを一元管理することで、新規業務の追加、障害発生、負荷上昇などの事象に自律的に反応し、常に最適なプラットフォームを構成します。
システムの運用状況に合わせて使用していないITリソースを有効活用し、合理的なシステム運用ができる「リソース最適化」などの機能を提供するほか、サーバのシステム領域全体のバックアップと復元、システムのイメージングと展開など、リソース管理の基盤となる機能を単独で使用することも可能です。
プラットフォーム管理により、システム運用の効率化とリソースの最適化を同時に実現できます。

リソース最適化の特長

負荷の増大にあわせ自律スケールアウト

負荷の増大時、ポリシー設定にもとづき、予備サーバを自動的に構築、業務に投入できます。構築に必要なストレージ設定、OS、アプリケーションのインストール、ネットワーク設定などの一連の手順が自動実行されるため、作業ミスを削減し、迅速な対応が可能になります。

障害からの自律復旧

万一の障害時にも予備サーバを利用して自律復旧が可能です。予備サーバを必要な構成に自動構築し障害サーバと置換、迅速に業務を再開できます。障害サーバは切り離して保存され、調査や修理は業務復旧後に実施できます。

サーバリソースの有効活用

従来のシステム構築では各業務ごとのピーク負荷に合わせてサーバを配置・設計する必要がありましたが、共有サーバを設け負荷状況により切替えて利用することにより、サーバの稼動率を平準化しリソースを有効活用することができます。

ソフトウェア一括配信

システム全体、または業務グループごとにOSやアプリケーションの更新を簡単な操作で確実に一括適用できます。また、システム構築時に複数サーバに対してソフトウェアを一括してインストールすることも可能です。

サーバ状態監視・サーバ構成管理

サーバリソースの使用状況や運用状況をタイムリに参照できます。SIGMABLADEの筺体情報、CPUブレード情報などをきめ細かく管理できます。CPU、メモリ、ディスクなどのエラーを定期的に監視し、障害発生時には即座に管理者に通報します。また、複数のサーバを業務グループごとにまとめて管理することで効率よい運用管理が可能です。

OSリカバリ・展開の特徴

運用に欠かせないバックアップ・リストア

対象マシンのハードディスクをまるごとイメージファイルとし てネットワーク経由でバックアップします。万一の障害時には、このバックアップイメージをリストアすることで、迅速にシステム環境の復旧が行えます。

構築省力化のためのシステムのイメージングと展開

マスタマシンのディスクイメージを複数台のマシンに展開し、同じ構成のマシンをまとめてセットアップが可能です。マシン名、IPアドレスなどの固有情報も自動反映します。

日常のアップデート

管理対象マシンへ管理者が選別したパッチを強制的に適用させることや、自動的にパッチを選別し適用させることができます。
システム内のセキュリティレベルを高度に保ちます。

ページの先頭へ戻る