ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. 製品一覧
  5. 課題から選ぶ
  6. 資産管理
ここから本文です。

WebSAM - 資産管理

各部門にあるサーバやパソコン、プリンタ、電話などのIT機器、そして、それらのリース・レンタル契約やソフトウェアのライセンスなどの情報…。このようなIT資産をExcelなどの帳票で管理していると、労力がかかるだけでなく、リース・レンタルの期限切れを見落としたり、大切なパッチの適用を忘れてしまうことも…。
WebSAMなら、企業内のIT機器はもちろん、デスク、書類棚などの什器や備品などの資産情報を統合管理。「見える化」することで、効率的できめ細かな管理をサポートします。

図
さまざまなIT資産を、帳票で管理しているとリース・レンタル期限切れなどに気がつかないことも!企業内のIT資産を、GUIの管理画面でチェック!期限切れの見落とし、パッチ適用もれを防止!

もっと詳しくWebSAM/資産管理をご紹介

「資産管理」は、企業内ネットワークに接続したサーバやPC、プリンタなどのIT機器やソフトウェアを一元管理。ネットワークに接続していないIT機器や各PCに導入されているソフトウェア情報、什器、備品など企業が保有する資産も統合的に管理できます。
IT機器などに付随するリース契約などの情報から、レンタル期間修了に伴うアラート通知などを行えるので、管理にかかる工数を大幅に軽減。さらに資産を安全に保持するために、パッチやサービスパックなどのソフトウェアを配信することもできます。

資産管理の特長

資産情報のリレーション管理

PC・プリンタ・ルータなどIT機器のハードウェア情報(CPU/メモリ/ディスクなど)、ソフトウェア情報(OS/アプリケーション/パッチ)、ネットワーク情報、ソフトウェア契約・保守契約・リース契約情報、所有者・管理部門・設置場所など、さまざまな情報を関連付けて一元管理することにより、管理コストの低減と管理業務の効率化をサポートします。

資産情報の自動収集・オフライン収集

PCやサーバなどのインベントリ情報をネットワークに負荷をかけることなく自動収集する機能を提供します。また、自動的に収集できない機器やネットワークに接続されていない機器はインベントリをUSBメモリにオフラインで収集できます。

視覚的な管理

建物・フロア・部署などの組織をツリー表示することにより、どこにどんな機器があるかをわかりやすく把握できます。また、実際の配置に沿ったフロアレイアウト図を作成し、機器が現在どこにあるのかを視覚的に把握することができます。

適切なアクセス権の設定

アクセス権を設定することにより、各ユーザが必要な情報のみにアクセスできるよう制御できます。

ソフトウェア配信

IT資産の現状を把握することで、パッチ・データ・アプリケーションの配布・インストールを自動化できます。クライアントPCのセキュリティ対策状況に応じて、サービスパック等を配布し、セキュリティレベルの維持を支援します。

豊富なレポート

さまざまな用途に合わせたレポートフォーマットにより、報告書作成や監査対応を支援します。

アラート機能

リース終了日、残りライセンス数などに警告値を設定し、管理者にメールでアラートを通知することができます。

マルチプラットフォーム対応

WindowsだけでなくUNIX、Linuxまで幅広く対応しているので、クライアントPCからサーバ資産まで含めた一元管理が可能です。

内部統制対応支援

資産情報の変更やソフトウェア配布の操作に対して、「いつ」「誰が」行ったかを自動で記録・保存できます。

図:Microsoft(R)Visio(R)連携

ページの先頭へ戻る