ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. 製品一覧
  5. 課題から選ぶ
  6. アプリケーション管理
ここから本文です。

WebSAM - アプリケーション管理

システムの安定稼動のためには、アプリケーション、ミドルウェアの安定稼動が必須となります。このためには、サービス、プロセスの死活監視とともにアプリケーションの独自ログやミドルウェアのログ、イベントログなどを常時確認し、障害や障害の予兆を早期に発見することが重要になります。しかし、これらの作業を運用管理者がつききりで行うのは実際には不可能です。
WebSAMなら、アプリケーションのログを監視テンプレートで登録、容易に監視対象に追加可能です。ビジュアルなGUIで、アプリケーション、ミドルウェア、OSの稼動状況をリアルタイムに把握でき、問題を早期検出、障害の分析から復旧までを支援します。

図
24時間365日いつもアプリケーションの状況を見ているのは、大変!でも、気がつかないうちに障害が!ログやイベントログを自動監視し障害の予兆を察知。アプリケーションの状況を、GUIでチェック!

WebSAMでアプリケーション管理を行うには

もっと詳しくWebSAM/アプリケーション管理をご紹介

「アプリケーション管理」は、データベースやグループウェア、Webサーバなど主要なアプリケーションを一元管理し、稼動しているアプリケーションプロセスを監視。複数のサーバで稼動するアプリケーションの障害を迅速に復旧するために、障害時には、対処方法をナビゲートし、問題の早期検出と迅速な復旧を支援します。データベースの障害管理からパフォーマンスの改善までを自動的に行い、効率的な運用を実現します。

アプリケーション管理の特長

稼動状況を一元管理

システムを支えるさまざまなOS・データベース・アプリケーションなどの稼動状況を監視コンソールから一元管理できます。稼動状況をリアルタイムに監視し、警告発生時には、管理者へ即時に通報します。また、全体の稼動状況がひと目でわかるサマリビューからドリルダウンで障害箇所を特定していくことができます。

障害対処方法のナビゲート

主要なアプリケーション製品の障害・障害予兆発生時の対処方法や、日々の運用で蓄積された対処履歴を集約したナレッジにより、対処方法をナビゲート。障害時の迅速な対処と管理作業の負荷軽減が可能になります。

監視テンプレートで容易に監視をスタート

豊富な監視項目により、さまざまな角度からアプリケーションの稼動監視が可能です。各アプリケーションの監視項目は、あらかじめ監視テンプレートとして提供、複雑な設定は必要なく監視テンプレートを適用するだけで監視が始められます。異常時のアクションなどの設定も、運用中に対話形式で簡単に行えます。

メッセージ監視/サービスプロセス監視

アプリケーションのログを監視し、リアルタイムにメッセージとして通知できます。業務単位で監視でき、障害時の業務への影響範囲を即座に特定できます。また、アプリケーションのプロセスやサービスの状態監視も可能です。

簡単操作でグラフ/レポート表示

アプリケーションの稼動状況を簡単な操作でグラフ/レポート表示でき、アプリケーションの性能問題の分析を支援します。

図:簡単操作でグラフ/レポート表示

WebSAMでアプリケーション管理を行うには

ページの先頭へ戻る