ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM JobCenter
  5. 特長/機能
  6. バージョン別機能強化ポイント
  7. R12.7の機能強化ポイント
ここから本文です。

WebSAM JobCenter - R12.7の機能強化ポイント

WebSAM JobCenter R12.7の機能強化ポイントについてご紹介いたします。

トラッカジョブ部品一覧機能

トラッカ中の部品状態の一覧表示が可能となりました。

イベント一覧表示・操作機能

イベント一覧の表示が可能となり、任意のイベント発行や削除が行えるようになりました。

UNICODE対応

日本語環境においてUNICODE を利用することが可能になりました。またこれにより、R12.6ではJIS90互換の文字しか単位ジョブの出力として表示できませんでしたが、R12.7ではJIS2004で規定される全ての文字が単位ジョブの出力として表示可能になりました。

  • 入力できる文字や、対応OSにより差分がありますので、詳しくはリリースメモを参照してください。

ローカル環境のプロセス監視機能

従来のクラスタ環境だけでなく、ローカル環境もcjcpwコマンドでプロセス監視ができるようになりました。

トラッカ操作機能強化(R12.7.1の新機能)

トラッカに対する操作のうち、「エラーの場所から再実行」「エラーの場所をSKIP」の2つの操作が、サブジョブネットワークトラッカを指定しても実行できるようになりました。

UCXSingleジョブ部品追加(R12.7.2の新機能)

WebSAM SVFとの連携部品であるUCXSingleジョブ部品を追加しました。

ページの先頭へ戻る