ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM IT Process Management
  5. 特長/機能
  6. 支援機能詳細
ここから本文です。

WebSAM IT Process Management - 支援機能詳細

申請管理機能

オンラインで各種申請手続きと承認、および過去の申請状況の確認が行える機能です。また申請カテゴリ毎に個別で申請フローの設定が可能です。WebSAM IT Process Managementで定義されたフローに、独自の申請フローを組み込むことが可能です。

スケジュール管理機能

共通のカレンダーを用いて、各運用管理者、運用担当者間で各種イベントの共有が行える機能です。定期的なイベントや、発信アナウンスもカレンダー上で共有することができます。

文書管理機能

プロジェクト内で共有する文書やファイルを管理する機能です。自由に階層設定可能なフォルダ構成により、直感的な操作が行えます。また各フォルダ毎に権限設定が可能なため、文書の公開先や作成元をきちんと管理することができます。登録した文書やファイルはインシデント情報との紐付けが可能です。

ITIL情報連携図

各管理情報の関連性や遷移をイメージ化し、それぞれの管理プロセスの相関関係を一目で確認することができます。

インフラ構成管理機能

管理対象システムを構成するハードウェアやソフトウェアの情報をデータベース管理します。インシデント管理ほか各管理機能では、これらの構成情報と紐付けた管理が可能です。

お知らせメール配信機能

ITIL情報管理の各アクションが実行された時に、予め指定した送付先へメールを自動送信することが可能です。インシデントの対応遅延を防ぎます。

アナウンス機能

運用管理者等から、他の運用管理者や担当者に対して、一斉アナウンスを発信する機能です。また発信時に指定することで、カレンダーへ自動的に反映させることができます。受信したアナウンスは各担当者のトップ画面に表示されます。

レポート機能

用意された集計機能を用いて、指定の期間でのインシデントの発生・対応状況、サービスレベル状況等をレポート形式で簡単に発行でき、報告書の作成や各種分析などを支援します。

インシデントデータ取込機能

各管理情報は、入力画面からの手入力以外にも、CSVファイルによる一括登録機能を有しています。またインシデント情報は、定型メールの受信や、WebAPIによる自動登録が可能で、他の監視システムなどとの連携が可能です。

ページの先頭へ戻る