ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM IT Process Management
  5. 特長/機能
  6. ITIL管理機能詳細
  7. 問題管理機能
ここから本文です。

WebSAM IT Process Management - インシデント管理 - 問題管理機能

問題管理機能

ITサービス管理プロセスのうち、インシデントの根本的な原因を調査、特定し、再発を防止するために、それらを速やかに解決するプロセスを管理する機能です。

1. 問題管理への移行・起票

暫定対応は完了したが、再発防止のために根本的な原因の特定をしなければならない事象については問題管理へ移行させます。
インシデント管理機能でのクローズ時に、「問題管理へ遷移」を選択し、問題管理チケットを起票します。
既存のインシデントとは切り離された独立した問題管理チケットを新規で起票することも可能です。

2. 調査依頼・原因調査

起票された問題管理チケットは、実際に原因究明を行う部門へ作業依頼を行います。インシデント管理と同様に、調査作業の状況は、対応履歴として時系列で共有ができます。

3. 原因特定・登録

原因特定されましたら、次アクションとして原因登録を行います。その問題の真の原因の詳細や、リスクや影響度などを記入します。

4. クローズ・変更管理へ移行

調査が完了しましたら、その問題をどう対処するかを決定し、クローズ処理を行います。問題解決のためになんらかの変更作業を行う場合は、引き続き変更管理へ遷移させることで次の変更管理プロセスへ移行させます。

ページの先頭へ戻る