ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. CA Introscope
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

CA Introscope - 機能詳細

機能

CA Introscopeは以下の機能を持ち、アプリケーション内部とバックエンドシステムの可視化と迅速な問題切り分け・分析を実現します。

Transaction Tracer (トランザクション追跡)

レスポンスの悪いトランザクションのコールスタックをリアルタイムに可視化して詳細を表示します。どのメソッドが遅延しているかが簡単にわかるので、トラブルシューティングもスムーズです。

Investigatorコンソール

取得したすべての情報をシステムの観点から監視するビューです。アプリケーションの構造を可視化するとともに、運用管理者向けのダッシュボードの作成にも使用されます。

拡張機能

標準の機能に加え、より詳細にお客様のシステム管理をサポートする拡張機能を提供します。なお、これらの拡張機能は全て標準のライセンスに含まれます。

SOA Performance Management

SOAコンポーネントを自動発券し、Webサービスの依存関係をマップ化します。サポート対象は、Oracle Service Bus, WebSphere Process Server/ESBです。

SOAディペンデンシーマップ

また、プラットフォームやアプリケーションにまたがるトランザクションの呼び出し階層の視覚化と性能監視を実現します。

LeakHunter

Java EE(J2EE)アプリケーションの可用性が高くならないことの主な原因となる、見つけ難いメモリリークを検出することができます。

ErrorDetector

エンドユーザのWeb上のトランザクション処理の完了を妨げる深刻なエラーの原因を検出、および診断することができます。

ErrorDetector

ChangeDetector

エンドユーザのWeb上のトランザクション処理の完了を妨げる深刻なエラーの原因を検出、および診断することができます。

Environment Performance Agent (EPAgent)

Java以外のアプリケーションからも、XML形式やCSV形式でデータを受け取り、Introscopeのコンソールに統合して監視することができます。

Environment Performance Agent (EPAgent)

PowerPack

Introscope PowerPackは、個別のアプリケーションに特化した監視設定テンプレートとダッシュボードを提供しますので、可視性が高まるとともに監視の開始までの時間を大幅に削減できます。

  • PowerPack for WebLogic Server
    WebLogic Serverの性能を詳細に管理できます。クリティカルなリソースまで可視性が広がります。リソースを監視するため、あらかじめ設定されたダッシュボード、および性能の問題の検出とともに起動される警告機能が用意されています。
  • PowerPack for Oracle Database
    Oracleデータベースのパフォーマンスとアベイラビリティに対する可視性を与えます。データベースのパフォーマンスを監視し、データベースと Webアプリケーションのアクティビティを関連付けることができます。
  • PowerPack for Web Servers
    Apache、Microsoft IISなどのWebサーバのアベイラビリティ、パフォーマンス、および負荷に対して可視性を与えます。接続、エラー、キャッシング、セッション、キューなど、Webサーバのすべてのパフォーマンスデータを監視することができます。
  • PowerPack for IBM WebSphere MQ Connector and Messaging System
    アプリケーションからWebSphere MQ へのクロスプロセストランザクションをトレースします。サーブレットからキューマネージャへの呼び出し状況をIntroscopeのコンソールに表示し、性能ボトルネックの分析をサポートします。

PowerPack

ページの先頭へ戻る