ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. FAQ
  5. FAQ(WebSAMフレームワーク)
ここから本文です。

WebSAM - FAQ(WebSAMフレームワーク)

WebSAMフレームワーク

Q1WebSAMを導入する場合は、1製品だけでもWebSAMフレームワークをインストールする必要があるのですか?
A1製品がWebSAMフレームワークの基盤機能を必須としている場合、WebSAMフレームワークのインストールが必須となりますが、製品のインストールの中で自動的に組み込まれるため、ユーザは意識する必要はありません。
また、必須ではありませんがWebSAMフレームワークと連携可能な製品の、連携機能(CMDB、統合インストール等)を利用したい場合は、WebSAMフレームワークを単体でインストールする必要があります。

Q2WebSAMフレームワーク単体で機能するのでしょうか?
A2単体では機能しません。
個別の管理製品と組み合わせ、「WebSAMフレームワーク+個別管理製品」としてご提供します。

Q3WebSAMフレームワーク無しで既存のWebSAM製品を使えますか?
A3既存製品についてはこれまで通りWebSAMフレームワーク無しでもご利用いただけます。また今後のバージョンアップの中でWebSAMフレームワークへの対応が行われた場合でも、必要に応じて自動的に組み込まれるため、ユーザが意識する必要はありません。

Q4WebSAMフレームワークと各製品のインタフェースは?
A4独自のAPI/コマンドを定義しています。
上位業務アプリケーションに対するAPIについては今後公開予定です。

Q5既存システムに導入されている運用管理製品とWebSAMフレームワークとの関係は?(連携、共存可否など)
A5WebSAM製品に関しては順次フレームワーク対応を拡充していきます。

Q6WebSAM CMDBはRDBMSですか?対応データベースは何でしょうか?
A6RDBMSです。MSDE、SQLServer、PostgreSQL、Oracleに対応しています。

Q7WebSAM CMDB用にRDBMSとストレージを購入する必要がありますか?
A7WebSAM CMDBはRDBMS上で動作しますが、無償のDBにも対応しておりますので、必ずしも購入が必要ではありません。
ストレージに関してはWebSAM CMDB用に個別にご用意いただく必要はありませんが、RDBMSおよびデータの格納のための領域が必要となります。詳細についてはリリースメモをご参照ください。

Q8WebSAMフレームワークの動作環境はどうなっていますか?
A8マネージャはWindows、HP-UX(IPF)に対応しており、エージェントはWindows, HP-UX(IPF), HP-UX(PA), Linuxに対応しています。
他のプラットフォームも順次対応していきます。

Q9WebSAM CMDBは物理的に単一のデータベースですか?それとも各AP/MWが持つデータレポジトリを仮想的に一つにまとめたものでしょうか。
A9原則として論理的に単一のデータベースで構成されます。

Q10WebSAM CMDBには具体的にどのような情報が格納されるのでしょうか。ITILのCMDBとの違いは何ですか?
A10物理的な構成情報として、サーバに加えネットワークやストレージの管理情報が格納されます。さらにアプリケーション情報などの論理的な構成情報も格納されます。 基本的にはITILのCMDBを実現したものですが、製品個別の情報についてもCMDBを拡張する形で取り込んでいます。

Q11WebSAMフレームワークの価格はいくらですか?
A11製品とセット化されて出荷されるため、個別の価格設定はしておりません。
対応製品に無料でバンドルされる形になります。

Q12格納する情報の種類によってWebSAM CMDBを分けるのですか?
A12原則として単一のデータベースで構成されます。

Q13各情報のWebSAM CMDBへの格納は自動ですか?
A13WebSAMフレームワーク完全対応では自動ですので、ユーザは情報の格納を意識する必要はありません。自動的にWebSAM CMDBに格納されます。
但し、疎連携の場合には手動での作業が必要になります。

Q14既存システムに導入されているWebSAM製品は、どのようにCMDBへ情報を入れるのですか?バージョンアップ等は必要ですか?
A14原則としてWebSAM製品のバージョンアップが必要となります。

Q15WebSAMフレームワーク未対応製品と対応製品との共存は可能ですか?
A15別機能を提供する製品の場合、共存は可能です。
同一製品の場合は共存ではなく、バージョンアップとなります。

Q16CMDBで構成情報が一元化されるとありますが、現状はどのように管理されているのですか?
A16現状は製品単位で必要とする情報を管理しています。

ページの先頭へ戻る