ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM DeploymentManager
  5. 動作環境
ここから本文です。

WebSAM DeploymentManager - 動作環境

WebSAM DeploymentManager Ver6.5の動作環境

  • OSの対応状況については、最新のDPM Ver6.51 の対応状況を記載しています。
    旧バージョンの対応状況についてはマニュアルを参照いただくか、お問い合わせください。

DPMサーバ

SW環境
OS (x86)
  • Windows Server 2008 Standard/Enterprise(SP2)(※2)(※9)
(x64)
  • Windows Server 2008 Standard x64/Enterprise x64(SP2)(※2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64/Enterprise x64(SP2)(※2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter(SPなし/SP1)(※2)(※3)
  • Windows Storage Server 2008 R2(SP1)(※2)
  • Windows Server 2012 Standard/Datacenter(SPなし)(※2)
  • Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup(SPなし)(※2)(※4)
  • Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter(SPなし)(※2)
  • Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup(SPなし)(※2)(※4)
  • Windows Server 2016 Standard/Datacenter(SPなし)(※2)
データベースエンジン(※1) (※5)
  • Microsoft SQL Server 2016 Express/Standard/Enterprise x64
  • Microsoft SQL Server 2014 Express/Standard/Business Intelligence/Enterprise x86/x64(※6)
  • Microsoft SQL Server 2012 Express/Standard/Business Intelligence/Enterprise x86/x64
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express/Standard/Enterprise/Datacenter x86/x64
  • Microsoft SQL Server 2008 Express/Standard Edition/Enterprise x86/x64
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition/Standard Edition/Enterprise Edition x86
Java実行環境 JRE7/8(※7)
その他
  • インターネット インフォメーション サービス(IIS) 7.0/7.5/8.0/8.5/10.0
  • .NET Framework 4/4.5/4.5.1/4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2 (※5)(※8)(※9)
  • .NET Framework 3.5 SP1(※6)
  • ASP.NET(※10)
  • DHCPサーバ
  • Windows Installer 4.5以上(※11)
  • ※1データベースサーバ(管理サーバとは別のマシン)を構築する場合は、「ファーストステップガイド」の「3.3 データベースサーバ」を参照してください。
  • ※2Full Installationに対応しています。
  • ※3データベースエンジンとしてSQL Server 2012を使用する場合は、「SPなし」には対応していません。
  • ※4Windows Storage Server 2012 Workgroup、Windows Storage Server 2012 R2 Workgroupには、DHCPサーバをインストールできません。
    DHCPサーバを使用しない運用を行うか、管理サーバとは別のマシンにDHCPサーバをインストールしてください。
  • ※5インストール媒体には、以下を同梱しています。
    DPM6.51の場合は、以下を同梱しています。
    • Microsoft SQL Server 2014 SP2 Express
    • .NET Framework 4.5.2
    DPM6.5の場合は、以下を同梱しています。
    • Microsoft SQL Server 2014 SP1 Express
    • .NET Framework 4.5.2
  • ※6Windows Server 2012以降 にインストールするためには、事前に.NET Framework 3.5 SP1をインストールする必要があります。
  • ※7Oracle社のサイトから、Windows x86版をダウンロードしてください。
  • ※8Windows Server 2016の場合は.NET Framework 4.6.2が、Windows Server 2012 R2の場合は.NET Framework 4.5.1が、Windows Server 2012の場合は.NET Framework 4.5がデフォルトでインストールされています。
    DPMのインストーラにより同梱の.NET Framework 4.5.2がインストールできます。
  • ※9x86のWindows Server 2008上にDPMサーバを構築する場合、.NET Frameworkは4.6未満を使用してください。
  • ※10以下が必要です。
    • Windows Server 2016の場合: ASP.NET 4.6以降
    • Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2の場合: ASP.NET 4.5以降
    • Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2の場合: ASP.NET 4.0以降
  • ※11Windows Installer 4.5がインストールされていない場合は、インストール媒体に含まれていますので、インストールしてください。Windows Server 2008 R2以降のOSについては、Windows Installer 4.5がインストール済みです。
HW環境(※1)
CPU 2GHz以上、コア2個以上
メモリ容量 約156Mbyte
ただし、前述の「SW環境」-「その他」に記載の各サービスで使用するメモリ容量は含んでいません。
また、以下の操作をする場合は、別途メモリ容量が必要になります。
管理対象マシンを1台登録した場合 約0.3MByte
シナリオを1つ作成した場合 約0.07MByte
同時にシナリオを実行する台数が1台増えるごとに 約8.5MByte
自動更新を実行する台数が1台増えるごとに 約0.2MByte
イメージビルダを使用する場合 約40MByte
ディスク容量 使用するディスク容量は、以下のすべてを合わせた値を目安にしてください。
  • DPMサーバのモジュール : 約366MByte
  • SQL Server 2014 SP2 Express : 約1550MByte(※1)
  • .NET Framework : 約1100MByte
  • データベース(※1)
    • DPMサーバインストール : 約256MByte
    • データ格納用 : 以下の計算式で算出した値。
      登録したマシン数×10KByte+登録したパッケージ数×3KByte+登録したマシン数×0.15KByte×登録したパッケージ数 例)登録したマシン数40,000台、登録したパッケージ数100の場合は、約1.0GByteとなります。
    • ファイル配信の結果格納用 : 約20MByte
  • バックアップイメージ、OSイメージ、セットアップパラメータファイル、BIOS/ファームウェアアップデート用イメージについては、実ファイルの容量が必要です。
  • サービスパック/HotFix/Linuxパッチファイル/アプリケーションイメージについては、DPMが配布用の圧縮ファイルを作成しますので、実ファイルの約2倍の容量が必要です。
  • ファイル配信を行う場合は、実ファイルの容量+実ファイルの容量×約2倍(圧縮機能を使用する場合)×ファイル配信を行う管理対象マシンの台数(最大5となります。6台以上に同時にファイル配信を行う場合は、DPMの内部処理で順次処理します。)が必要となります。
なお、SQL Server 2014 SP2 Expressのインストール時には、一時的に約6GByteの空き容量が必要です。
また、ログファイルの格納用にもディスク容量が必要となります。詳細は、「リファレンスガイド 注意事項、トラブルシューティング編 付録 E DPMが出力するログ」を参照してください。
その他 100Mbps以上のLANボード(1Gbps以上を推奨)
CD/DVDドライブ
  • ※1データベースサーバ(管理サーバとは別のマシン)を構築する場合は必要ありません。

データベースサーバ

ファーストステップガイド」の「3.3 データベースサーバ」を参照してください。
追加のOS対応等はないため、マニュアルに記載の内容が最新の動作要件になります。

Webコンソール

ファーストステップガイド」の「3.4 Webコンソール」を参照してください。
追加のOS対応等はないため、マニュアルに記載の内容が最新の動作要件になります。

イメージビルダ(リモートコンソール)

ファーストステップガイド」の「3.5 イメージビルダ(リモートコンソール)」を参照してください。
追加のOS対応等はないため、マニュアルに記載の内容が最新の動作要件になります。

DPMコマンドライン

ファーストステップガイド」の「3.6 DPMコマンドライン」を参照してください。
追加のOS対応等はないため、マニュアルに記載の内容が最新の動作要件になります。

パッケージWebサーバ

ファーストステップガイド」の「3.7 パッケージWebサーバ」を参照してください。
追加のOS対応等はないため、マニュアルに記載の内容が最新の動作要件になります。

PackageDescriber

ファーストステップガイド」の「3.8 PackageDescriber」を参照してください。
追加のOS対応等はないため、マニュアルに記載の内容が最新の動作要件になります。

DPMクライアント

SW環境
OS
(※1)
(x86)
  • Windows Server 2003 Standard Edition/Enterprise Edition(SPなし/SP1/SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition/Enterprise Edition(SPなし/SP2)
  • Windows Server 2008 Standard/Enterprise(SPなし/SP1/SP2) (※2)
  • Windows XP Professional(SPなし/SP1/SP2/SP3)
  • Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate(SPなし/SP1/SP2)
  • Windows 7 Professional/Ultimate/Enterprise(SPなし/SP1)
  • Windows 8 Pro/Enterprise(SPなし)
  • Windows 8.1 Pro/Enterprise(SPなし)
  • Windows 10 Pro/Enterprise(SPなし)
  • Red Hat Enterprise Linux 5(5.0は除く)/5 AP(5.0は除く)/6
  • SUSE Linux Enterprise 10/11
(x64)
  • Windows Server 2003 Standard x64 Edition/Enterprise x64 Edition/Datacenter x64 Edition(SPなし/SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition/Enterprise x64 Edition/Datacenter x64 Edition(SPなし/SP2)
  • Windows Server 2008 Standard x64/Enterprise x64/Datacenter x64(SPなし/SP1/SP2) (※2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter(SPなし/SP1) (※2)
  • Windows Server 2012 Standard/Datacenter(SPなし) (※2)
  • Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter(SPなし) (※2)
  • Windows Server 2016 Standard/Datacenter(SPなし) (※2)
  • Windows 7 Professional x64/Ultimate x64/Enterprise x64(SPなし/SP1)
  • Windows 8 Pro x64/Enterprise x64(SPなし)
  • Windows 8.1 Pro x64/Enterprise x64(SPなし)
  • Windows 10 Pro x64/Enterprise x64(SPなし)
  • Red Hat Enterprise Linux 5(x64)(5.0は除く)/5 AP(x64)(5.0は除く)/6(x64)/7(x64)
  • SUSE Linux Enterprise 10/11
  • ※1OS、またはサポートしているファイルシステムによって、対応機能に違いがあります。詳細については「ファーストステップガイド 付録A 機能対応表」を参照してください。
  • ※2Server Coreインストールの場合、対応していません。
HW環境
メモリ容量
  • DPMクライアントのインストール時に約12MByte必要
  • バックアップ/リストア時に320MByte(768MByte以上推奨)必要(※1)
ディスク容量
  • DPMクライアントのインストール時に約10MByte必要
  • バックアップ/リストアできる最大ディスクサイズは、8TByte以下(※3)
  • バックアップ/リストアできる最大パーティションサイズは、2TByte以下
  • ファイル配信する場合は、配信するファイルの約2倍の容量が必要。
    なお、ログファイルの格納用にもディスク容量が必要となります。詳細は、「リファレンスガイド 注意事項、トラブルシューティング編 付録 E DPMが出力するログ」を参照してください。
その他
  • 100Mbps 以上のLAN ボード(1Gbps 以上を推奨)
  • PXE ブート(ネットワークブート)対応のLAN ボード(DHCP サーバを使用する場合)
  • WOL を有効にできるLAN ボード(リモート電源ON が必要な場合)
  • Deploy-OS が、管理対象マシンに搭載しているデバイスに対応していること。(バックアップ/リストア/ディスク構成チェック、ディスク複製OS インストール機能を使用する場合)
  • ハードウェアが持つTPM(Trusted Platform Module)などのセキュリティ機能が有効な場合、バックアップ/リストア/ディスク構成チェック、ディスク複製OS インストールはできません。
  • UEFI FW が持つセキュアブート機能が有効な場合、DPM の管理対象マシンとすることはできません。(※2)
  • シングルブート環境であること。(マルチブート環境のマシンは、管理対象にできません。)
  • ※1320MByte(最小)の場合のパーティションサイズの上限は以下のとおりです。
    NTFS :256GByte
    ext2/ext3/ext4 :512GByte
    その他 :2TByte
  • ※2UEFIモードに関する対応機能一覧、および詳細については、「ファーストステップガイド 付録A 機能対応表」を参照してください。
  • ※3機種によっては、最大ディスクサイズが2TByteとなる場合があります。詳細については、「対応装置一覧」を参照してください。

DPMクライアント(仮想環境)

SW環境
仮想化ソフトウェア (※1) VMware ESX Server 4.0/4.1
VMware ESXi 4.0/4.1/5.0/5.1/5.5/6/6.5
Microsoft Hyper-V/Hyper-V2.0 (※2)
Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V
Microsoft Windows Server 2012 R2 Hyper-V
Microsoft Windows Server 2016 Hyper-V
ゲストOS (※3) VMware ESX Server 4.0/4.1上のゲストOS
VMware ESXi 4.0/4.1/5.0/5.1/5.5/6/6.5上のゲストOS
Microsoft Hyper-V/Hyper-V2.0上のゲストOS (※2)
Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V上のゲストOS
Microsoft Windows Server 2012 R2 Hyper-V上のゲストOS
Microsoft Windows Server 2016 Hyper-V上のゲストOS
  • ※1仮想化ソフトウェア製品、バージョンによって対応機能が異なります。詳細については、「ファーストステップガイド 付録 A 機能対応表」を参照してください。
  • ※2以下の仮想化ソフトウェアおよびゲストOSを管理対象にできます。
    • Hyper-V on Windows Server 2008 x64
    • Hyper-V2.0 on Windows Server 2008 R2
  • ※3以下の両方の条件を満たしている必要があります。
    • 仮想化ソフトウェアが対応しているOSであること
    • DPMの管理対象マシンとして対応しているOSであること
    各仮想化ソフトウェアの対応OSについては、各製品のユーザーズガイド、またはWebサイトを参照してください。
HW環境
メモリ容量
  • DPMクライアントのインストール時に約12MByte必要
  • バックアップ/リストア時に320MByte(768MByte以上推奨)必要(※1)
ディスク容量
  • DPMクライアントのインストール時に約10MByte必要
  • バックアップ/リストアできる最大ディスクサイズは、8TByte以下
  • バックアップ/リストアできる最大パーティションサイズは、2TByte以下
  • ファイル配信する場合は、配信するファイルの約2倍の容量が必要
    なお、ログファイルの格納用にもディスク容量が必要となります。詳細は、「リファレンスガイド 注意事項、トラブルシューティング編 付録 E DPMが出力するログ」を参照してください。
その他
  • 100Mbps 以上のLAN ボード(1Gbps 以上を推奨)
  • PXE ブート(ネットワークブート)対応のLAN ボード(DHCP サーバを使用する場合)
  • WOL を有効にできるLAN ボード(リモート電源ON が必要な場合)
  • Deploy-OS が、管理対象マシンに搭載しているデバイスに対応していること。
    (バックアップ/リストア/ディスク構成チェック、ディスク複製OS インストール機能を使用する場合)
  • UEFI FW が持つUEFI セキュアブート機能が有効な場合、DPMの管理対象マシンとすることはできません。(※2)
  • ※1320MByte(最小)の場合のパーティションサイズの上限は以下のとおりです。
    NTFS :256GByte
    ext2/ext3/ext4 :512GByte
    その他 :2TByte
  • ※2UEFIモードに関する対応機能一覧、および詳細については、「ファーストステップガイド 付録 A 機能対応表」を参照してください。

WebSAM DeploymentManagerサポート機種(管理対象マシン) -重要-

WebSAM DeploymentManagerがサポートする機種を公開しています。
WebSAM DeploymentManagerご導入の際は、管理対象マシンが、WebSAM DeploymentManagerサポート対象機種であるかを必ずご確認ください。

ページの先頭へ戻る