ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM Cloud Manager
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM Cloud Manager - 機能詳細

機能 機能概要
セルフサービスポータル 管理者/サービス利用者の権限ごとに、アクセス可能な情報とメニューなどの操作を制御したポータル画面を標準提供。ユーザインタフェース部品を再配置することでカスタマイズも可能。
ユーザ管理 管理者/サービス利用者のユーザアカウントやグループ、それらに対する参照・操作権限を管理。
サービスカタログ管理 サービス利用者に提供可能なサービスと、サービスを構成するICTリソースと、そのサービスに対する価格やサービスレベルを関連付けて管理。サービスに関する関連文書も合わせて登録可能。
サービスリクエスト管理 サービス利用者からのサービス購入依頼を受付け、リソースのプロビジョニングからアクティベート(配備完了)までの一連のリクエスト管理を行う。
契約情報管理 管理者とサービス利用者との間のサービス利用に関する契約情報(サービス内容、契約状態、契約期間、アクセスポイント等)を関連付けて管理。契約情報から利用しているリソースの参照も可能。
課金元情報出力 サービス利用者への請求額のベースとなる情報を自動収集して蓄積し、CSV出力して、外部システムへ提供可能。
サービスインスタンス管理 サービス利用者向けに構築された仮想マシンの状態表示や基本操作(起動・停止、バックアップ(スナップショット)作成、リストア指示)メニューを提供。

セルフサービスポータル

WebSAM Cloud Managerは、クラウドサービスの提供に必要なカタログ情報や契約情報などを管理する高度な管理ポータルと、利用者自らが仮想システムの利用申請や運用操作が可能なセルフサービスポータルを提供しています。

クラウド環境におけるインフラ管理と運用の自動化を実現するWebSAM vDC Automationと連携し、高い利便性と運用性を実現するクラウドポータルを提供します。

ユーザ管理

WebSAM Cloud Managerは、クラウド環境を利用するユーザに、「クラウドサービスを提供する側の管理者」と「クラウドサービスを利用する側の利用者」の役割に応じた権限を付与できます。
ユーザ管理機能では、業務分掌を明確にできるよう、グループ管理やユーザの登録・変更・削除や権限の付与を可能としています。

サービスカタログ管理

WebSAM Cloud Managerでは、商品となるサービスをサービスカタログとして提供します。
サービスカタログとは、IaaS事業者がVMなどテナント利用者へ販売するリソースのスペックや構成情報に、価格情報やSLAなどの添付文書を設定した商品情報となります。

サービスカタログは、「サービステンプレート」と「価格設定」で構成されます。

●サービステンプレート
仮想マシンやストレージ、ネットワークなどの構成情報を管理します。
設定した情報はプロビジョニング時にWebSAM vDC Automationに通知され、仮想マシンを構築するパラメータとなります。

●価格設定
テナント利用者へ提供する販売価格を管理します。
サービステンプレートに販売価格を設定したものとなります。

サービスリクエスト管理

サービスリクエスト管理機能は、カタログ情報から仮想システムの構築や再構成のリクエストを作成して、承認ワークフローによる査閲承認、自動プロビジョニングまでの一連の業務を管理します。

サービスリクエスト管理機能には、以下の機能があります。
 
●新規契約リクエスト
サービス利用者は、サービス提供者が公開しているサービスカタログの中から、事業に必要なサービスカタログを選択することができます。サービスカタログには、仮想マシンの他、ネットワークなど様々なタイプの商品が登録されており、仮想マシンのCPUやメモリ、OSやミドルウェアなどの構成やネットワーク構成を柔軟に組み合わせることができます。
 
●契約更新リクエスト
サービス契約の更新をリクエストできます。
サービスポータルからの新規契約リクエストの作成の場合と同様に、仮想マシン等の構成変更を簡単にリクエストできます。
 
●契約解約リクエスト
サービス契約の解約をリクエストできます。
サービスポータルから新規契約リクエスト、契約更新リクエストの作成の場合と同様にリクエストできます。
 
●削除リクエスト
データセンター連携により作成された仮想マシンの削除をリクエストできます。
 
●承認ワークフロー
あらかじめルートを定義しておくことで、利用者が要求したリクエストを自動的に承認依頼に回すことができます。

契約情報管理

クラウドサービスの提供に不可欠な要素の一つに、契約情報管理があります。
WebSAM Cloud Managerでは、セルフサービスポータルの利用に必要な事項を定めた基本契約と、サービスカタログの取引ごとに締結するサービス契約の2つの契約情報を管理することができます。
 
基本契約
基本契約は、サービス提供者とサービス利用者の2者間で取り交わされる契約になります。
 
サービス契約
サービスカタログの取引ごとにサービスを提供するIaaS事業者と、サービスを利用するテナント管理者の2者間で取り交わされる契約は、VMやネットワーク単位で行われます。
 
WebSAM Cloud Managerではサービス契約の締結、更新および解約は、サービスリクエスト管理によって自動化されています。
また、契約開始日の監視機能により自動で契約開始を通知するなど、管理者の手をわずらわすことなく管理を行います。

課金元情報出力

サービス利用者への請求額のベースとなる、利用者ごとの契約情報(サービス利用内容や契約変更情報)を自動収集して蓄積。蓄積した情報をCSV出力して、外部の課金システムへ提供可能です。

サービスインスタンス管理

サービスインスタンス管理では、サービスリクエストによって構築された仮想マシンの状態表示、電源操作、およびスナップショット作成や、複数の仮想マシンをインスタンスごとにグルーピングして管理できる機能を提供します。

サービスインスタンス管理機能には、以下の機能があります。

●稼働状態表示
一覧画面では、仮想マシンの稼働状況など運用管理に必要な情報を確認できます。仮想マシンごとの詳細画面では、仮想マシンの構成や直近の性能情報を確認できます。
 
●電源操作
仮想マシンの起動、停止、再起動をボタン操作で行います。一覧画面で、複数の仮想マシンを一括で操作することもできます。
 
●スナップショット
仮想マシンのセットアップが完了した後や変更を加える前に、スナップショットを取ることができます。変更ミスで仮想マシンが不安定になった場合などに、すぐに安定した状態に戻すことができます。
スナップショットの作成、削除、リストアはボタン操作で行います。
 
●汎用オペレーション
IaaS事業者およびテナント管理者が、サービスインスタンスノードに対してWebSAM vDC Automationで用意されているシナリオ(バックアップなど)を実行するための機能です。

ページの先頭に戻る