ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. CA Application Performance Management
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

CA Application Performance Management - 機能詳細

機能

CA Application Performance Managementは以下の機能を持ち、アプリケーション内部とバックエンドシステムの可視化と迅速な問題切り分け・分析を実現します。

運用・監視者向け機能

運用・監視者向けに以下の機能が用意されています。

  • チームセンター / WebView
  • Workstation / CLWorkstation
  • CEMコンソール

運用状況把握

新しい チーム センター エクスペリエンスビューは、パフォーマンスの問題を調査するためのガイド付きワークフローを提供します。
ワークフローでは、最初に監視環境全体のアプリケーション配信の稼働状況が示されます。
問題が発生した場合は、エクスペリエンスビューに影響を受ける機能が示されます。
影響を識別したら、ワークフローが次に進み、問題切り分け支援の問題評価および理由が示されます。

監視情報(メトリック)参照

Investigator を使用して、アプリケーションとシステムのステータス表示、アプリケーションとそのトランザクションの検索、およびそれらのエージェント セントリック ビューまたはアプリケーション セントリック ビューの表示を行います。

ダッシュボード

CA Application Performance Management には、作成済みのダッシュボードを含む複数の管理モジュールが付属しています。
作成済みのダッシュボードは、Introscope メトリックをユーザにとって有用に構成する方法の一例です。

トランザクション追跡

トランザクション追跡では、アプリケーション エラーが発生するか、コンポーネントの応答時間が上限を超えたときに、トランザクションを自動収集することが可能です。
グラフィカル ユーザ インターフェースを使用して、アプリケーション エラーとパフォーマンスの問題を容易に切り分けることができます。

各種レポート

CA Application Performance Management には、付属しているサンプル ダッシュボードおよび管理モジュールに基づいたサンプル レポート テンプレートが含まれています。
これらのサンプル レポート テンプレートをカスタマイズして、対応するビジネスニーズに合わせて編集できます。

Java Agent設定支援

CA APM Command Center では、環境内にある、エージェント コントローラを介し Command Center の管理対象となる CA APM エージェントを概観できます。
アプリケーションの Web ユーザ インターフェースには、Command Center による管理が有効になっているすべてのエージェントが表示されます。
エージェントのステータスを参照し、診断レポートを確認できます。

監視対象別機能

監視対象に対して以下の機能が用意されています。

Javaアプリケーション監視

Java エージェントでは、Java 仮想マシン(JVM)上で実行されるアプリケーションとリソースから情報を収集し、それを Enterprise Manager に送信します。Enterprise Manager はデータを受け取ると、リアルタイムおよび履歴レポートのためにデータを処理して保存します。
その後で、WebView または Workstation を使用して、収集したデータを表示および操作して、アラートを作成したり、応答アクションを実行したりできます。

SOA監視基盤

CA Application Performance Management for SOA (CA APM for SOA)では、Web サービスのコンシューマおよびプロデューサが重要なサービスを 24 時間体制で監視し、 問題を事前に検知し、問題が発生した場合はその根本原因を分析することができます。

変更監視

ChangeDetector では、アプリケーション環境内における変更の監視を低いオーバーヘッドでリアルタイムに可能にします。
実運用環境で問題が発生した場合、ChangeDetector を使用することにより、アプリケーションの変更とアプリケーションのパフォーマンスの変化を関連付けることができます。
この関連付けによって、問題の原因となっている変更を切り分けることができます。

SQL監視

SQL エージェントでは、SQL ステートメントを監視することにより詳細なデータベース パフォーマンス データを収集するエージェント拡張機能です。 SQL エージェントは、管理対象アプリケーションとデータベース間のやり取りを追跡し、個別の SQL ステートメントのパフォーマンスを詳しく調べます。 
データベースサーバへのSQLクエリ情報を監視可能。レスポンスの遅いSQL文を容易に特定できるため、迅速な障害の対処が可能となります。

.NETアプリケーション監視

.NET エージェントでは、.NET アプリケーションを対象とするアプリケーション管理ソリューションです。
.NET エージェントは、Microsoft の共通言語ランタイム(CLR)環境で実行されるミッション クリティカルな .NET アプリケーションを監視します。
アプリケーションをコンポーネント レベルまで把握できます。

汎用監視

Environment Performance (EP) Agent では、Enterprise Manager に送信するデータを収集するための機能を多数備えたスタンドアロン Java アプリケーションです。
ステートフルまたはステートレス スクリプト プラグインをログの読み取りとして、または CPU や OS の統計情報などのステートレスなものとして登録することにより、任意のデータを Enterprise Manager に簡単に統合できます。

PHP監視

PHP エージェントでは、PHP アプリケーションの実行状況と応答速度を継続的に可視化および管理し、
アプリケーションの問題を特定することによって、ユーザによる PHP アプリケーションの監視を可能にします。
エージェントは、PHP アプリケーションと PHP アプリケーションを実行するシステム環境の両方で、トランザクションに関する詳細なパフォーマンス情報を収集してレポートします。

Webサーバ監視

CA APM for Web Servers では、Apache、Microsoft インターネット インフォメーション サービス(IIS)、
IBM HTTP Server、Oracle HTTP Server、Sun ONE Web Server などの Web サーバの可用性およびパフォーマンスを監視できます。
この拡張機能により、Web サーバ管理者は Web サーバの可用性およびパフォーマンスの問題を迅速に検出して解決できます。

MQキューマネージャ監視

CA APM for IBM WebSphere MQ では、Web アプリケーション管理ソリューションであり、WebSphere MQ および WebSphere MB のパフォーマンスを監視することができます。
CA APM for IBM WebSphere MQ は、WebSphere MQ に接続された Web アプリケーションの稼働状況や可用性の監視に使用できるメトリックを用意しています。
これらのメトリックは、WebSphere MQ や WebSphere MB に関連するパフォーマンスの問題の原因を切り分けるのにも役立ちます。

ページの先頭へ戻る