ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM BOM
  5. 特長/機能
  6. 機能詳細
ここから本文です。

WebSAM BOM - 機能詳細

BOMの機能概要

BOMはソフトウェア層の障害予兆を監視し、システムが障害に陥る前に「自動リカバリ」を実行することができます。
→障害発生を未然に防ぐことにより、サーバのサービスの可用性を向上させます。

  • 監視項目の組み合わせにより、WindowsOSおよびWindows上のアプリケーションの監視を行うことができます。
    (Ex.)Windows 2000/Windows Server 2003,
    バックアップ(ARCserve,BackupEXEC,NTBackup),
    データベース(SQL Server,Oracle,DB2),
    セキュリティ(NetShield,ServerProtect)他
  • 従来、サーバ管理者が行なっていた、OS、サーバソフトウェアの運用/保守作業を「BOM」に代替させることができます。

オールインワンサーバ監視ツール「WebSAM BOM」の監視機能

障害発生検出

さまざまな角度からOSやサーバソフトウェアを監視することにより 障害発生を検知します。

  • 自動リカバリの実行をしたり、サーバ管理者に通報し適切な対処を促します。

サービス動作監視

各サーバソフトのサービスの動作状況を監視し、異常を検知した場合には通報・自動対処(サービス停止時に再起動など)を実行

イベントログ監視

各サーバソフトが登録するイベントログを検知します。イベントログの内容に応じた対処が可能

プロセス監視

各サーバソフトの起動しているプロセス数を監視。起動中のプロセス数に応じた対応が可能

障害予兆検出

障害の予兆を監視することにより、致命的な障害が発生してシステムが運用停止に陥る前に、回避策の自動実施や対応策の実施を促す警告をサーバ管理者に通報することができます。

リソース監視

ハードディスクやメモリ等のリソースの負荷状況を監視し、負荷増大によりサーバ運用に支障が起こる前に、対応策の実施を促すことができます。

ディレクトリ・ファイル監視

データベースのログファイルやアプリケーションの使用ディレクトリ域などの容量を監視し、異常を検知した場合には、回避策の自動実施や対応策の実施を促すことができます。
指定したディレクトリ下のディレクトリの数やファイルの数を監視することもできます。

サーバ性能監視

異常な性能低下やシステム負荷の増大などのサーバ運用状況を常時監視し、サーバの運用傾向を提示します。
これら情報は(例えば)、

  • 通常運用でのクライアントのサービスレベル低下を防止
  • サーバの負荷分散の指標データ (キャパシティコントロール)
    →サーバの強化や追加、サーバソフト再検討などのシステム構成の見直し
といったことにも活用できます。
BOMアーカイブ(追加インストール要)により、グラフ・レポート出力といった更に詳細な情報管理ができます。

ユーザアプリケーションの監視

ユーザが作成した独自アプリケーションの監視ができます。
[出力ログ]/ [サービス動作状況]/ [プロセス起動数]/ [プロセスメモリリーク状況] などの項目が監視可能

スケジューリング

監視のスケジューリングを行なうことができます。
時刻・曜日に応じた監視しきい値/通報先/自動対処を設定をすることにより、システム運用環境に即したサーバソフト監視が可能。
また、監視結果(サービスの停止・起動の検知他)に連動して、監視の開始・停止を連携が可能。

オールインワンサーバ監視ツール「WebSAM BOM」の通報機能

障害通報

多彩な通報手段を提供し、タイムリーかつ確実に障害を通報することができます。

  • SNMPトラップ送信
  • メール送信
  • ポップアップ送信(Messengerサービスが開始している環境)
  • イベントログ書き込み

また、「ESMPRO/ServerManagerアラートビューア通報連携」にも対応しています。

多彩な通報機能を提供、障害を確実に通知

  • ESMPRO/ServerManagerアラートビューア通報連携機能を使用するための「ESMPRO/ServerManager通報連携ユーティリティ」は、BOM製品媒体内に標準添付されております。

オールインワンサーバ監視ツール「WebSAM BOM」の自動リカバリ機能

自動リカバリ

障害状況に応じたリカバリ処理の指定により、致命的な障害の自動回避や 自動修復を実施
[サービスの起動・停止]/ [プログラム・バッチの実行]/
[監視ON/OFF]/ [Cスクリプトの実行]/
[シャットダウン・リブート]/ [イベントログ登録]他

多様な自動リカバリ処理を実行、迅速な対処

多様な監視拡張オプション製品を用意

監視拡張オプション

特定のアプリケーションやプラットフォームに特化した監視が可能となる監視拡張オプション製品です。

Oracleオプション

表領域の使用容量、使用率監視や同時セッション数監視等、Oracle Databaseに特化した監視機能を提供します。また、任意のストアドファンクションの実行結果を監視することも可能です。

Citrix XenAppオプション

Windowsサーバ標準添付のTerminal Serviceや、Citrix社Presentation Server(XenApp)を監視する機能を提供します。

Linuxオプション

WebSAM BOMの監視サービスが稼動しているWindowsマシンから、リモートでLinuxマシンのCPUやメモリ、ディスク容量などを監視することが可能となるオプション製品です。

SQL Serverオプション

データベースの使用容量、使用率や同時セッション数、エクステント増分回数の監視等、SQL Serverに特化した監視機能を提供します。また、任意のストアドファンクションの実行結果を監視することも可能です。

VMwareオプション

VMware ESX/ESXiをWindowsマシンからリモート監視することで、VMwareによる仮想化環境の統合監視が可能となるオプション製品です。

  • 本オプション製品はVMware専用です。Hyper-Vの監視を行う場合は、基本製品(WebSAM BOM for Windows Ver6.0)に添付されているHyper-V用の監視テンプレートをご利用下さい。

帳票出力オプション

Reportオプション

BOMアーカイブデータベースに蓄積した監視データから監視対象のマシンの稼働状況を自動で診断し、MHTML形式、Excel形式もしくはPDF形式のファイルとしてレポート出力する機能を提供します。

その他オプション

リモートコントロール オプション

WebSAM BOMが導入されているWindowsマシンに、WebSAM WinShare リモートライセンス(リモート操作ソフトウェア)を安価に導入いただけるオプション製品です。
障害が発生した遠隔地にあるマシン等のリモート操作を行う際にご活用ください。

  • リモート操作を行うには、リモート操作を行う側の端末にWebSAM WinShare オペレーションライセンスを別途導入する必要があります。

ページの先頭へ戻る