ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM BOM
  5. 導入効果
  6. 利用シーン
  7. テキストログ監視
ここから本文です。

WebSAM BOM - 利用シーン: テキストログ監視

テキストログ監視

アプリケーションで動作状況を登録する形式としては、OS標準イベントログ以外に、独自のテキスト形式のログファイルに情報を格納する場合があります。
BOMは、このアプリケーションの各ログファイルの記載内容を常時監視し、ログ情報に異常を検知した場合に、管理者へ通報や自動リカバリを実行します。

BOMを導入いただければ…

  • [イベントログ監視]、[リソース(CPU/メモリ)負荷監視]、[メモリリーク監視]他のさまざまな角度で監視し、アプリケーションの異常を確実に検知します。[基本標準機能]
  • 更にアプリケーションが独自に登録するテキスト形式のログファイルを監視し、エラーや異常発生情報などを検知した場合には、これをシステム管理者に通知したり、任意の自動リカバリを実行します。
    • 任意のテキストログ形式で利用可能な"定義フォーマット"をご用意しています。
      カスタマイズすることにより、 さまざまなアプリケーションのテキストログ形式の監視が可能となります。

【ということは・・・】

アプリケーションの運用管理(監視/通報/復旧)をサポートします。

  • アプリケーションの障害予兆や障害を確実に検知することができます。
  • 検知した障害予兆や障害の状況を確実に通報し、対処を促します。
  • 検知した障害予兆に対して自動対処や回避策を実行し、障害を未然に防ぎます。
  • サーバの可用性を上げるとともに、システム管理者にかかる負担を軽減します。

アプリケーション動作(テキストログ)監視には、下記製品をご手配ください。

単位:円(税別)

型番 製品名 標準小売価格
UL1053-701 WebSAM BOM for Windows Ver6.0 基本パッケージ 148,000

ページの先頭へ戻る